スキ太

性別:男
年齢:21歳
身長:178cm
体重:62kg
誕生日:1月24日

人間の男。
わりと真面目で固い性格。自分に厳しい。
「自分のことは自分でする」がポリシーのため、家事全般が非常に得意。
手先もかなり器用で、簡単な衣服なら自作してしまうほど。スキノのセーターを編んだのも彼。
その代償と言わんばかりに流行やお洒落、電子機器等には非常に疎い。(洗濯機やガスコンロの使用も危うい)
そして相当な鈍感。乙女心は分からない。
初な一面もあり、露出の多い人や大人の女性を見ると真っ赤になる。特に露出の多い人は自分の上着なり何なりでどうにか隠そうとする。
スキノとは旧知の仲。妹のように思っているため何だかんだ言いつつも放っておけず、いつも彼女の世話を焼いている。
彼女と共に川の近くの巨大な大木付近に住んでいる。(スキ太は木陰に建てられた小屋で生活している)

性格が性格だからか困っている人は放っておけず、何だかんだでかいがいしく世話を焼く。(本人は否定するが根っからの世話焼き体質である)
また、律儀でごり押しに弱い一面もあり、一部の人からは良く弄られている。
暗くて狭いところが大の苦手。トラウマレベル。
自ら主張することはないが、実は我流の剣術を心得ている。昔ゴロツキからスキノを守るために覚えたらしい。
あくまでスキノを守るためなのでそれほど強くはないが、今でも自主練は行っている。

着ている服は店主さんの昔の職場の制服をスキ太用に仕立て直したもの。学ランではない。


礼儀正しくどんな相手にも「さん」付け、敬語で接する。

一人称:僕
二人称:君、貴方、○○さん

「僕の名はスキ太といいます。よろしくお願いいたします」
「空腹で動けない?まったく…僕の料理でよければご馳走しますよ」
スキノ!どこでも寝ちゃ駄目だって何度も言っているでしょう!!」


【ちょっとした蛇足と過去】
元はとある高級住宅街の貴族の出身。ただし妾の子だったので母子とも冷遇されていた。
ある日、父親の本妻が「妾の子を視界に入れるなど嫌。気が狂いそう。どうにかしてくれなければ子供もろとも命を絶つ」と脅し同然に言われ、妻可愛さに父親によってスキ太は子供の足では帰ってこれないような遠方の大木の下へ捨てられた。(殺されなかったのはおそらく最後の慈悲)
その後幼かったスキノと出会い、店主さんに保護され、人並みの教育や生活の知恵を教えてもらい、現在に至る。
「スキ太」の名もその後自分でつけた。彼なりの過去との決別だったのかもしれない。(それまで決して名乗らなかった)

暗くて狭いところを嫌うのは、何か些細なことでも失敗をすると狭い戸棚に閉じ込められたから。
また、物心つく頃からいらない子扱いをされてきたため「自分はいなくても大丈夫、いないほうがいい」という考えが根底にある。(現在は店主さんとスキノによりだいぶ改善されている)
そのため友人や身内に危険が迫ると何の躊躇いもなく自分の身を投げ出すことも。


製作者:えて子(@GenesisBiblio)
好き要素:オールバック、眼鏡、真面目、初、オカン、世話焼き、弄られやすい、努力家
使用制限:特になし。何でもOKです。

添付ファイル