名前 スキナツ

性別:男
身長:178㎝
体重:それなり

おおまかな設定

夏生まれの男子高校生。16歳。名前は「相葉好夏(アイバ スキナツ)」。

首周りのキリトリ線は生まれつき。ハサミの模様は刺青。

軽音部のボーカル。美声。よく外で歌っている。

そこそこ明るい。巻き込まれ体質。お人よし。オカン。

少女漫画で言う「ヒーローの友人」的ポジション。

ちょっとおとなしめの、黒く長い髪が特徴的なクラスメイトに片想いをしている。

一人称「俺」二人称「キミ、呼び捨て」

「俺、相葉好夏っていうんだ。キミの名前も教えてよ。」

「おうおうおうおうどうしたどうした元気ないぞー元気出せー」

「・・・あの子、明日もあえるといいなあ。」

 

 

 ・・という設定のもと製造されたロボット。「ヒーローの友人」的ポジションでの視点のデータを集めるため、つくられ、学校に送り出された。高校三年間を終えるとその学校での実験は終了し、記憶(スキナツの中にあるデータ)をリセットされ、他の学校でまた高校三年間を過ごす。

それなりにデータが収集し終わると、スキナツの活動は停止することになっている。二度と動かない。

 

「俺さ、ロボットなんだ。だからさ、わかんないんだよね。恋とか愛とかがさ。」

製作者:広明
 

好き要素:季節に関係する名前、相葉姓、色素が薄い、男子高校生、萌え袖、キリトリ線、マフラー、メガネ、アシメ、ピアス、軽音部、巻き込まれ体質、オカン、ヒーローの友人的ポジション、片想い、ロボット
 

使用制限:とくにありません。NLBLお好きにどうぞ。 

ただし、スキナツから、他人に「自分はロボットだ」ということはありません。他人に気づかれ、誤魔化しきれなくなったら言う感じです。
 


添付ファイル