スキギンジョウ 
 
性別:男
年齢:???

身長:158cm
体重:かるい
誕生日:6月23日

一人称:おれ
二人称:センパイ、あだ名+センパイ(年下年上関係なく誰でもセンパイ呼び)

好き:高いところ、日向ぼっこ、散歩、四季、祖父、叔父、和菓子、仮面
嫌い:暴力


かなり薄いが魔王の血をひく男子高校生。気が抜けるようなゆったりとした棒読み口調で話す。
ポーカーフェイスだが、ちゃんと驚いたり喜んだり悲しんだりしている。
アホ毛が表情筋の役割を果たしているため、喜怒哀楽がすぐにわかる。分かりにくいようで分かりやすい。
休日は気まぐれに適当なところを散策している。日当たりの良い場所(夏は涼しい場所)を見つけては死んだように眠っている。
よく不良に絡まれる。
キレると血の力が覚醒する点以外はいたって普通の人間。本人やまわりの人間はスキギンジョウが魔王の血をひいていることを知らない。

あまり怒るような性格ではないが、マジギレすると魔王の血が覚醒し豹変する。
・纏う空気が一変、視認できるどす黒いオーラを放つ。
・上半身のマフラー、グローブ以外の服
がはじけ飛ぶ。
・瞳がどす黒い血色になり、瞳に文字が浮かび上がる。
・暴力的になる。凶暴化。鬼畜化。

・張り付いた笑み。口は笑っているが目はまったく笑っていない。


両親に一度も会ったことがなく祖父に育てられる。そのため和菓子を好む、四季を楽しむなど年寄り臭い面がある。ポケットの中には大量の和菓子が入っている。花札、将棋、囲碁などのゲームには強いがコンピューターゲームだけは滅法弱い。
能楽師の祖父の影響を受け、能面や仮面が好きでコレクトしている。
幼い頃から何かと遊びに連れ出してくれる叔父にはとても懐いている。鈴とお守りの付いた赤いマフラーは迷子防止に叔父からもらったもので、現在も愛用している。
両親のことについては特に何も気にしていない。現在、祖父は亡くなり屋敷に一人で暮らしている。屋敷にはスキギンジョウが今までに集めてきた様々な面が飾られておりとても不気味である。

文武両道、成績優秀。
歌うときも棒読み。
基本的に困っている人は見捨てない良い子。
密かに兄弟という存在に憧れを持っている。


「スキギンジョウだよ~。よろしくね~。」
「頼み事~?いいよ~俺に任せといて~。」
「おれ、暴力って大っ嫌いなんだよね~。」
「あはは~痛い~?でもセンパイがいけないんだよ~?おれを怒らせるから~。」
「あ~あ、またやっちゃった~。服がぼろぼろだ~。



製作者:うんにょ@pige_0102

好き要素:低身長、麿眉、まつ毛、猫っ毛、交差する髪、一房長い前髪、もみあげ長い、ショートヘアー、アシンメトリー、動くアホ毛、猫口、逆三角型の口、栗型の口、八重歯、瞳に文字、混血、薄紅色、黒に透ける赤、制服、カーディガン、だぼだぼの服、だらしない服装、萌え袖、四次元ポケット、裾をまくる、ローファー、ピアス、指なしグローブ、長いマフラー、赤いマフラー、棒読み、ポーカーフェイス、元気、ノリがいい、ポジティブ、いい子、無意識甘えん坊、死んだように眠る、計算高い、年寄り臭い、肝が据わっている、イエスマン、コレクター、キレると怖い、豹変、隠れドs、鬼畜、暴力、張り付いたような笑み、打たれ弱い+立ち直りが早い、細身の怪力、ケンカが強い、可愛い容姿+男前な性格、可愛い容姿+ごつい名前、古風な名前、分かりにくいようで分かりやすい、学生、高校生、少年、古い屋敷、猫、鈴、房の付いた紐、お守り、仮面、能面、四季、魔王、守護霊、憤怒、日常、ギャグ、ループ、半裸、脱衣、遊び、矛盾、一人っ子、家族、祖父、叔父、育て親の影響を受ける、身内を大切にする

使用制限:なし


添付ファイル