スキリオリタ


性別:女
身長:168cm/135cm
体重:55kg/変動

長き時を生きる魔女。
金の髪の女とも、白い髪の子供とも言われている。
目撃例は多数あるが、情報が一貫しない。
どちらの姿でも自身を「スキリオリタ」と名乗る。

☆リオ
「私の名はスキリオリタ。呼ぶならそう呼びなさい」
「貴方の言うことはよく分からないわ。少なくとも、興味は持てない」
「望みを言いなさい。叶えてあげましょう。おまえの子と引き換えに」
―――
金の髪の女の方。
冷酷な魔女で、古今東西あらゆる魔術を集めて回っている。
目的のためなら手段を選ばず、善悪の区別もまるでついていないので、平気で子供や妊婦を攫っては魔術の儀式の贄にしている。
代償(贄)と引き換えに望みを叶える。
スキュラネグラとは知り合いらしい。

・真名:エアルース(Earuth:海の怒り)
真名を知られると呪をかけられる恐れがあるので、誰にも明かしていない。が、スキュラネグラだけは知っている。
海に強く関連している魔女故か、スキュラネグラは逆らうような真似はしていない。


☆リタ
「わたし、スキリオリタ。……で、いいんだよね? リオ」
「リオはわたしの中にいるのよ! あ、そういえばお腹すいた。ね、リオ」
「空を飛べるよ! リオはホウキがないと飛べないけど、わたしは羽があるもんね」
―――
白い髪の子供の方。
天真爛漫で無邪気な幼女。まだ幼いためか、自分が何者なのかもよく分かっていない。
頻繁に自分の中にいるというリオに話しかけ、一人で楽しそうにしている。
背中の羽は魔力の塊で、出し入れが可能。出すたびに形が変わるが、本人の気分次第らしい。
物忘れが激しく、リオに聞かないと朝食を食べたことすらも忘れてしまう。当然過去なんてものも覚えていない。

◆融合◆
元は二人別々の存在だった。
リタの強い魔力を我が物にしようと攫ってきたリオだったが、リタの両親に追い詰められ、致命傷を負ったことでリタを取り込み命をながらえた。のだが、リタは完全に吸収されず、それぞれが自立した状態で融合してしまい、時折入れ替わる魔女スキリオリタになってしまった。
それぞれ自分の中にいる片割れと意思の疎通が可能。

入れ替わりのタイミングはマチマチ。
リオが強制的に入れ替わることもあるが、殆どはお互い話し合って交代する。


製作者:ひよこ三郎(@piyo_kikaku)
好き要素:魔女、金髪、巨乳、くびれた腰、大きめのヒップライン、無表情、ベール、残酷、鉄の女、サイコパス/無邪気幼女、白髪、羽、内面天使、無垢、幼児体型、小さい手足

使用制限:特にありません。リオ、リタ共にエログロ死ネタなど歓迎します。


添付ファイル