名前:スキルカレット

身長:142cm
体重:とても軽い
 

おおまかな設定

 

北の方角にある国から東の和華の国へやってきた少女。
少年のような声質であり、顔を合わせない会話などではよく男の子と間違えられる。

 

自然に愛され、動植物やその他にも自然の生み出したものであれば、何であっても言葉を交わすことができる。
このため元いた国では聖女として扱われ、囲い込まれてきたために大変な世間知らずとなっている。

私立の高等学校へ通っているが、言語の壁と表情の硬さから円滑な交友関係を築けずにいる。
何が起きても表情は全く変わらないが感情はあり、その時どういう心境でいるのかは行動によく出る。
また興奮状態が強まると頭部に咲く花の数が増え、髪全体が花で埋め尽くされる。
興奮が冷めると少しづつ散り始め普段通りに戻る。

 

見た目に反して野性的。高所が好きで、よく学内にある背の高い木や屋根へ駆け上がったり、飛び移ったりしている。

動きやすいことから裸足を好むが、和華の国へきた当初は付き人に怪我の予防にと靴をはかされていた。
しかしいつの間にか脱ぎ捨ててしまうため、気休め程度に包帯を巻かれるようになり以降毎日巻いてもらっている。

 

長時間1か所に留まっていると、足元から急激に植物が萌芽し成長し始め、ものの数分で全身を覆いつくされる。
そのため、座学の授業の終わった後は教室内に人間大の植木が出現する。
特に気にしていないようで、覆いつくされても何事もなかったかのように植物をかき分け踏み分け抜け出してくる。

 

呼び方はフルネームであったりキルカ、カレットなど様々あるが、付き人にはレディと呼ばれている。
箱入り娘で生活力が皆無なため、日常生活のほとんどを付き人に任せきりである。

 

一人称:小生/ルカ
二人称:きさま/呼び捨て

「なにです。小生程度の女、自分を名前で呼ぶとはお腹痛いです。よってルカはルカでない小生です。」
「『つ』と『く』は書きがたきです。和華の者、『E』を『ヨ』で書くのわかりです。」
「坊ちゃんでない、嬢ちゃんです。あねさんでも正しです。」
「草花はしつこいです。生きるに強いだからなんのこれしき…きさま、手を貸したまえです。」

 

_________________________________________________

 

本来は「魔女」と呼ばれる概念的な存在である。

以前の彼女は、神話として広く伝え知られている魔女の1人であった。
すべての自然生物に生命を与える役目をもち、世界に芽吹く命のほとんどは彼女の加護を受けている。
しかし一方で、命あるものに触れるとそのものの生命を奪ってしまう力をもつため、
所により死神として伝えられることもあった。

このため、基本的に怪我など傷を負うことや死ぬことはない。

創造主たる神が彼女を不要とする、もしくは「スキルカレット」の名をつけた人物が彼女の存在を忘れると死ぬ。
その際は死体が残らず、身につけていたものだけを残して消え去る。

 


製作者:楽(@raku_kikaku
好き要素:緑髪/セーラー服/パニエ/裸足/低身長女子/高校生/褐色肌/白銀の瞳/逆三角形/植物/蔦/羽毛まつ毛/褐色肌に白/無表情/異国人のカタコト喋り・不自然な日本語/不自然な「ですます」口調/針葉樹のフォルム/黒セーラー/ドリマン・スリーブ(モモンガ袖)/あほ毛/動物になつかれる/ハイウエストのスカート/短眉/少年声の少女/聖女/留学生/友人が少ない/野性児/生活力皆無/身軽/動いたときの髪の流れ/口調がうつる/三白眼/尻まで隠れる上着/「小生」/一人称が自分の名前/幼児体型/魔女/死神/解釈の違い/人外の人間化/概念/「ルカ」という名前/「レット」とつく名前/「レディ」と呼ばれるレディっぽくない少女/北欧柄/無性別

使用制限:ホモヘテロ、エログロなんでもご自由に。特に制限有りません。


添付ファイル