名前
 
スキハガルミル(ハガルミル)
 
性別:女に見える男
年齢:不明(20~30代)
身長:187cm
体重:68kg
誕生日:10月6日
誕生花:ウメモドキ、キンモクセイ、ボローニア
花言葉:明朗、知恵 、深い愛情/高貴な人、謙遜 、真実、陶酔/打てば響く、的確、芳香
特技:人形制作、細かいものの修理や作業、古書解読など、遠隔操作、レース編み、家事におけるものほぼ全般
好きな物:本、自分が作成したや他にある人形(特にビスクドール、機巧系を好む)、葡萄などのフルーツ(葡萄酒も好き)、ザクロ、野菜、お肉、マカロン、キンモクセイなどの花、香水、ハーブ、紅茶、コーヒー
苦手な物:レバーなどの肝臓肉(魚肉の肝も無理)、酸っぱいもの、生卵、過剰にクリームのついた菓子類、鉄の臭い、カマキリなどの虫(特に台所から出る黒いやつ)、青汁
 
 
おおまかな設定
 
 
割と名の通った職人。分野的には人形師。とある通りの傍らに人形販売と制作を兼ねた『カメリア・シャンゼリゼ』と名付けている小洒落た工房を所持している。オネエのようだがオネエモドキ。可愛らしい小物、甘いスイーツを好んでおり、女性になりたい訳では決してないが、乙女のような趣味・思考・特技を持つ典型的な乙女チックな男子。だいたいオネエ口調で喋る。
見た目だけは割りかし女性に見えるが、実際はれっきとした男性。幼い頃から女の子同然の容姿でからかわれ続けた事があり、からかってきた連中を全員ぶん殴って半殺しにし、土下座させた上に更に相手の頭を踏みつけて地面の味を堪能させた腕っ節の強さと外道さを持つ。手が繊細で料理と裁縫がとても得意。独身貴族。オネエ言葉なのは半分意識してやっているが、もう半分は気づいたらこうなっていたという。普段はオネエっぽく色々ふざけているが、怒ったり冷静さを欠いたりすると若干だが地が出る。笑うとお上品、あるいはケラケラとした感じに笑う。
 
瑞獣とされる気性の穏やかな麒麟と水悍馬として有名な荒々しいが臆病なケルピーの間に生まれており、両方の種族の特徴が表れている体つきの持主。手や足の所々に鱗が表れ、足首あたりや背中には魚ヒレもどきがでており、頭から一本小さな角が飛び出ている(正当な麒麟ではないため角が皮膚から露出)。額にある宝石はパパラチア。ちなみにスカーフタイについている飾りはオパール。目元にあるのはエメラルドの極小ピアス。耳飾りはピアスではなくイヤーカフ。六角カットのスワロフスキーを加工したもの。お手製らしい。
 
社交的かつ紳士的で礼儀正しく、物腰も柔らかいが、実を言えば腹の真っ黒い毒舌家。笑いながら悪意を綺麗にラッピングしたりして送りつけるタイプ。短絡的ではなく思慮深く物事を熟慮しながら考える。いやらしい捻くれ者じみた冷徹さとドライさを持っており現実主義的。関心の持てないことには手を貸さない主義で余計な干渉を嫌い、時折さらりときついことを言う。反面興味をそそられたことには面白半分にでも関わっていく変人。息を吐くように嘘を吐き、人を騙す事さえ厭わない。
しかし寂しいのか、時々人にお節介を焼いてしまいがち。大人なので滅多に怒ったような表情は見せず、スマートに対応はするが本当に怒らせると超笑顔でぶち切れる。笑いの沸点は高かったり低かったりと不安定。冷静沈着な策士だが、自分を楽しませてくれる物事や人物を好み、退屈と面倒を大いに嫌う。見目こそ穏やかそうで心優しくみえがちだが中は恐ろしく冷えきっており、冷酷・冷徹にして冷酷。上っ面と中身が色々反比例でちょっと危ない系。しかし底の内面は本当に紳士で心優しい。
 
彼の作る人形はまるで本当に生命が宿っているかのように感じるとか。戦う時などにも自前の人形を扱っている。指先から織り成された不可視の魔力糸やピアノ線などによって対象を自在に遠隔操作する能力持ち。下半身が水に浸かってしまうと下が二股に割けた魚の尾びれモドキの足に変化する。モノクルは作業する時にはめることが多い。男女問わず可愛らしい者を好む傾向にあるのでロリコンだのショタコンだのの容疑がかかっている。
 
恋愛経験有りだが、以前の相手が人間の女性であり、心から愛していたにもかかわらず種族上飲食すると致命傷どころか死に至るとされる肝臓を入れた料理を騙されて食べてしまい、裏切られた形で破局したという経験で人間不信状態になったことがあった。今現在は割と緩和された方だが、人には少し苦手意識を持っている。人外の方は割と大丈夫。
上記の経験・体験上、上手く笑顔が作れず、笑ったとしても何処か違和感が見え隠れする笑顔になってしまう。本当に心を開いた人物には心からの笑顔を見せる。スキヴィアとはかなり遠い親戚の扱いで、スキヴィアの叔母ジャンヌとの接点がある。
 
 
製作者:アカシア(@kemozyosi)
 
好き要素:奇蹄類系馬型人外、ケルピーと麒麟のハーフ、うっすら年齢不明、似非オネエ(オネエモドキ)系、口調がだいたいオネエ口調、外見も思考も割と乙女チック男子、金髪+グラデーションの髪、ハイパーロングヘアー(床まで届くほど長い)、天然パーマ、ブルー系の瞳、瞳孔が横目、蹄ブーツ、ヒール男子、外見は無害奥底は結構有害(羊の皮を被った狼)、のほほん日和見主義、毒舌まじり、冷徹冷淡冷酷、睫毛長い、垂れ目だけどつり目寄り、目尻と口元に薄紅化粧、目元ピアス、鱗持ち、187cm、三つ編み、フリルなどの装飾過多、職人、人形師(人形使い)、だぼっと着崩した服、萌え袖、額に宝石、小さな一本角、ロココ調スタイル、モノクル、鈴と西洋椿のモチーフ、ふわふわしたスカーフ状のネクタイ、笑いの沸点が不明、独身貴族、多分童貞、手足の爪にマニキュア、現実主義的な捻くれ者の毒舌家、割と嘘つき、イヤーカフの耳飾り、下半身が水に浸かると両足が魚モドキになる体質、ロリコンショタコン(疑惑)、恋愛経験有り、ロールキャベツ系男子のくせに中身が紳士、作り物になってしまう笑顔
 
使用制限:お好きに使って下さっても構いません。モブでも大丈夫ですが、グロは控えめに。エロはまあ大丈夫です。BL・NLどんとこい。でも、そういうモブ使用関連に対しては一度こちらに許可を取ってからにして下さい。