色々変身します。クリックで画像→しっぽが2本人間の姿デビルモモンガ
後姿画像は↓に。

 名前/スキラブ

 性別:
 身長:174㎝
 体重:普通体重で筋肉多めな為、やや細身

【おおまかな設定】

 悪魔と吸血鬼のハーフ。黄色い翼は元々グレーだったが、悪魔の偉い人に翼の黒色を取り上げられて、力が弱くなっている。(空が飛べない・血色が良くなってしまったなど)。黒色が強ければ強いほど悪魔は力が強く、天使の輪の色(黄色)に近いほど悪魔の力は弱くなる。
 取り上げられた力は身に着けているカスタネットに閉じ込められている。このカスタネットは叩いても音が出ない。
 鳴らすことができれば力は元に戻る。スキラブは元の力を取り戻す為に日々奮闘している(参考漫画こちら)。

吸血欲に嫌悪感があり吸血はしない。ハーフで産まれた結果か、血を吸わなければ吸血鬼としても悪魔としても短命で寿命は人間と同じ。スキラブの年齢は外見そのまま。

よくリノにからかわれている。
 

【性格】

 他人があまり好きでなく、寄せ付けたがらない。触れられるのも好きでなく警戒心が強い。口が悪く、人の名前を覚えるのが苦手。
 思うようにいかない体でイライラしていつも不機嫌な顔をしていたらこういう顔がデフォになってしまった。
 悪魔と吸血鬼のハーフなのにスキラブという名前なので、自分の名前が好きでない。

落ち着かない場所ではお尻をつけたがらない。しゃがみ姿勢。落ち着く場所ではあぐらをかくのが好き(木の上等)。

お尻には生まれつき小さいハートの痣がある。コンプレックス。苦手な物が多く割に神経質である。


【生活習慣・習性等】

吸血の代替で主食は無塩トマトジュースとトマト。レバーの方が代替としては優秀だがグロくて食べられない。食わず嫌い。その次にココア・プルーンが効率が良いが、こちらは甘すぎて苦手。
吸血を我慢しているのが無意識に噛み癖になって出ている。トマトジュースより固形トマトが好きなのはその為。吸血欲に嫌悪はあるが本当は歯を立てたくて仕方ない。その他、端々で癖が出ている。吸血欲が出ているのを自分で意識したその際には、手首の内側を甘噛みする

木の上で食事する。猫舌。
モモンガの習性由来が多く、木の上が落ち着く。寝るのも木の上。嗅覚が鋭く、夜目が効く。
嗅覚は吸血鬼としてのものも備わっており、血の匂いで相手が良い匂いかどうかを判断する。吸血鬼の嗅覚は大変優れていて、スキラブとしては優れてほしくなかった部分。

八重歯は感情が高ぶったり吸血する際には鋭くなる。普段は向かって右のみに八重歯が見えるが興奮すると上下に2~4本現れる

悪魔のしっぽは伸縮自在。よく長さが変わる。

悪魔は本来恒温動物だが、ハーフに加えモモンガの血が混じっているスキラブは変温動物。
普段は悪魔の血優勢の体温で高め(スキラブの世界の悪魔は本来体温低め。スキラブは力が弱くなって体温が逆に高くなっている)、就寝時にはモモンガの血優勢の体温で高め、吸血時や体が吸血体勢に入ると吸血鬼の血優勢になってガッと体温が下がる。悪魔の体温よりモモンガの体温の方が高い。体温が下がっても汗はかく

デビルモモンガの状態で威嚇・警戒すると、ハリネズミのハリで体が覆われる。

【他】

 一人称:オレ
二人称:自分の名前が好きでない事が根底にあり、人のこともあまり名前では呼ばない。適当に声掛け

 


 製作者:ねぎたこ

 好き要素:

(色要素)ミツバチ、黒×赤、

(身体的要素)眉間にシワ、目つき悪い、怒ってるように見える、眉毛・汗・尻尾・触覚などで表情、種類の違う尻尾が生えてる、悪魔、八重歯、ボサ髪、黒服・黒髪、吸血鬼、鎖骨、胸と胃の間の三角州のくぼみ、ハリネズミ、青肌

(服飾要素)チョーカー、七分丈、ヘソ出し、はみパン、ベルト、萌え袖、裸に上着、パーカー、タイトな服、ダブルジッパーの上着、萌え肩(?フードで肩がちょっと隠れてるやつ)、鎖、動くとなんかピロピロなびく長い服飾、ヘアピン男子、でこだし、モモンガ、ダサい背中のワンポイント、ダサい、萌え裾(?お尻まで隠れる丈の上着)、カスタネット、ボクサーブリーフ、似合わないチャームポイント、似合わない、中二、コウモリ、お尻を隠すリュック、

(内面要素)ヘタレ、押しに弱いけどなびかない、ガサツ、友好的でない、脇役ポジ、どっか運が無いツイてない、女キライ・苦手・興味がない、いつもしないけど時々する貴重な赤面、警戒心、反抗心、葛藤、敵対心、ぼっち好き(寂しくなくほんとに一人で居るのを好む)、笑うのが下手、自分を好きになれない、欠点がある、母性をくすぐられるキャラ、噛み癖

対比萌え(スキホシとスキラブの二人が、性格・考え方・癖・カラー・世界観・性別・他…あらゆる部分が対比になっている)

 

 使用制限:2次創作の範囲なら何でもご自由に。