ガスマスク詳細

↑クリックでガスマスクの詳細画像。

 

スキノト

性別:男
身長:173cm
体重:軽い

誕生日:8月16日

 

都会の中で生活している狼。

ちょっとした大気汚染にも敏感で都会では防毒マスク必須。
空気の綺麗な場所ならマスクを付けなくても済むのにそこに留まりたがるのは何かしら理由がある様子。
よく建物の屋上から屋上へと飛び移って移動している。
人間を守らないといけないという使命感があり、化け物の退治をしている。(人間が好きだからではなく仕事の一環として)化け物達が活発な時間に合わせて行動しているため夜間に活動することが多い。


 

一匹狼で人と関わるのが苦手で人付き合いも不器用。口数は少ないほうだし無愛想。表情が乏しく真意が分かりづらい。ただし慣れてくるとたまに顔を赤らめたり、意外な一面を見せる(レア)。甘えたりもする(激レア)。
しかし興味があることには真剣でまじめな面もある。尊敬する人の前では律儀で誠実になる。
心の底では熱い感情を持っている。理性的になれないと狼の本能を見せ野性的になる。
強くなることに拘っており、好戦的で弱冠戦闘馬鹿な一面も。そのためか生傷が耐えない。
狼であるため嗅覚と聴覚が優れている。人間か化け物かを嗅ぎ分けたり、高音や小さな音を聞き取ることが出来る。

 


実はスキノトが生まれたのはかなり昔。しかし他人とあまり関わらなかったり長い間眠りについていた期間もあり、人生経験が少ない。そのためか子供っぽさも持っている。
負傷部位に包帯を巻いてる。普通の人よりも治るのが早い。

 

たまに大自然の中へ行って心を癒す時間も作っている。
睡眠等は廃墟でとっている。

首につけているものは地球儀の形をしたネックレス。大切な人からの貰い物。常に身につけている。プラネタリウムにもなる(仕組みは不明)
星空を見るのが好きで天文学にも興味がある。
お面はガスマスクを外せる時につけている。

 

スキスヴァルガーとは化物退治の際偶然出会った。
スキスヴァルガーの組織から依頼を受けながらネックレスをくれた「大切な人」を探している。日本支部の図書室等の施設をたまに利用している(というよりスキスヴァルガーに利用するよう言われている)
優れた身体能力の持ち主であるため組織側は機関に入って欲しがっている。しかしあくまで「大切な人」についての情報を得るために引き受けている。組織の人と関わる気も無い様子。そのため正式に入団する気は無いらしい。
頼んでいないのにスキスヴァルガーもスキノトの「大切な人」を探している。最初は鬱陶しいと思っていたが今は何かと感謝している様子。ただし喧嘩は絶えない。

 

一人称:俺
二人称:あんた、お前、呼び捨て(一部例外で尊敬している人にさん付け・敬語)


「...何の用だ。用が無いならさっさと帰れ。」
「それくらい、一人で出来る。」
「...(威圧)」
「失礼しました。」
「...少しの間、傍にていいか?」

製作者:ちろた(スキキャラ専用垢@Chiro_suki)
好き要素:獣耳/狼/ガスマスク/碧眼/ジト目/隈/泣きぼくろ/黒髪/ボロボロ/Yシャツ/黒/マスク/パーカー/袖まくり/指なし手袋/包帯/日本刀/お面/星空/宇宙/地球儀/プラネタリウム/球体/廃墟/細身/恵まれた才能(身体能力)/フリーランニング/たまに見せるデレ/幼さの残ったクールキャラ/無愛想/まじめ/硬い性格/好戦的/スピード型/一匹狼/夜行性/神道/人工と自然
使用制限:特になし