スキドク

185cm

ガシャドクロ
戦死した軍人の怨念が集まって生まれた妖怪と言われている
夜の街を徘徊しては人を襲う。本人は敵しか狙っていないと言っている。判断基準は分からない
殺した人間を食べているのか、たまに口元が血で汚れている
神出鬼没なので、どこに居るのかどこに住んでいるのか、どう生きているのか誰もわからない
誰かを憎んでいるのか恨み言をよく口にする
動物が好き
気付いたら戦争が終わっていたので、どう過ごしたらいいか分かっていない
人を見ると戦争を思い出してしまう
平和は好き
人が武器を持って争いあう時代は終わったと理解している
その時代は終わった筈なのに今度は妖怪と人が争っているので、人は争い事が好きなのだと思っている
なので喧嘩をしている人の間に現れては斬っている
人は争い事が好き。だと思っているので、喧嘩に付き合っているつもりで人を斬る
人の気持ちが理解できない
スキグロとは知り合い。たまに話す
意思疎通は人外となら普通にとれる。人間相手では微妙
誰かを憎んでいる。誰かは教えてくれない
少し皮肉屋。嘘をつくときには口元が笑ってしまう癖がある
口数は少なく普段はおとなしい
過去話をすると様々な過去が聞ける。全て本人のものではない誰かの話である
たまに「もっと生きたかった」と口にするが本人は自覚がない。誰かがドクの口を借りている
たまに泣いている。本人は自覚がない。勝手に出てくるそう
誰かを探しているが誰を探せばいいのか本人も分かっていない
誰かに謝りたがっているが誰に謝りたいのか本人も分かっていない
誰かに会いたがっているが誰に会えばいいのか分かっていない
誰かを恨んでいる。大切なものを壊されたらしい

「俺はスキドク。ガシャドクロだ。見ての通り妖怪だ」
「人の形をしていると人が寄ってくるんだ。ペンギンみたいだよな」
「夜は危ない。物騒だからな。俺がパトロールしているのさ」
「もっと生きたかった」
「母さん。父さん」
「今までお世話になりました」
「この命、御国に捧げましょう」
「本当は死にたくなかった」
「あの人に会いたい」
「謝りたいんだ」
「あの子を探している」
「許さない」
「許さない」
「許さない」

好き要素・骨・ガシャドクロ・傷跡・死んだ目・黒髪ショート・マント・軍服・悪役っぽいヒーロー・支離滅裂
・錯乱しているキャラ・おとなしい性格・恨みつらみ・

製作者・久良木(@Gz_oneGS)