スキーニャ


性別:女
誕生日:8月25日(誕生花:ペチュニア【あなたといると自然と心がやすらぐ】)
身長:147cm
体重:42kg(うち髪は110gぐらい)
年齢:230歳(見た目は13、4歳ぐらい)
好きなもの:友達、両親、魔法や錬金術に関すること、焼き菓子、パンケーキ
嫌いなもの:特になし(「怖い」か「苦手」に留まる)

スキ美さんと牛男さんの牧場付近の森に住んでいる、魔法使いと錬金術師の女の子。

☆性格など
人間とエルフのハーフで、外見以上に年を食ってる。
エルフの父親譲りの緑の目と、人間の母親譲りのオレンジの髪を持つ。
純粋かつ温厚でおっとりした性格、押しに弱い。
困ってる人を放っておけない、心優しい子。
「苦手」や「怖い」はあるけど基本的に人を嫌いになったり偏見しない、寛容でゆったりした心の持ち主。
素直ゆえに騙されやすい。
とても勉強熱心で、魔法や錬金術絡みとなると、いつもよりお喋りになっちゃう。
普段は作った薬や魔法の道具などを売って、生活費を得ている。
「○○を作ってほしい」という依頼を受けることもある。

☆人間関係
出会う人達みんなと友達になりたがる。
50年ぐらい前までは、エルフの里で暮らしていたが、広い世界を見てみたいと、外へ飛び出す。
しかし、今までずっと里の中で生きてきたことと、内気で人見知りなところが災いして、中々他人と交流出来ないまま、隠れるように森で過ごしていた。
そんなある日、子供時代のスキ美さんとバッタリ遭遇。
突然のことに慌てて逃げかけるが、フレンドリーに接してくるスキ美さんの明るさで打ち解けたと同時に、積極的に森の外へ行くように。
それでもまだ初対面の人に対しては必ず緊張。
いわゆる人見知りで、会話で緊張すると必ず話し方がたどたどしくなり、よく何かを過失してしまったと感じては、涙目で謝りまくる。
ビビリな面もあり、見た目が怖い人だと余計に更に話し方がたどたどしくなってしまう。
ただし、魔法の世界の生き物(ユニコーンや妖精やキメラなど)は例外で、臆することなく親しげに話しかけられる。
スキ美さんは初めての、一番の友達なのでとても信頼していて、凄く懐いている。
一方で彼女に頼りがちな事を自覚してるものの、中々自立できない。

☆体質・能力
植物に愛されるエルフの特性として、嬉しくなると周りに花が咲き乱れる(ただし半分人間なので、何も起こらないこともある)。
超運動音痴で、50m走をさせると20秒以上はかかる。
体力も低いバリバリの典型的なRPGの魔法使いタイプ。
色んな魔法が使えるが、得意な分野はメルヘンチックなもの(星や光や花火を出したり、お菓子降らせたり、光の粉散らしたりなど)。

☆その他
魔法や錬金術などといった知識が豊富な一方、長年の里暮らしもあって、かなりの世間知らずで機械に疎い。
髪にはとても気を使うが、寝癖は常時ボンバー。
因みに他のスキキャラさん達の体の一部(スキ美さんのミルクやスキコさんの羽毛など)は錬金術の材料に使えるらしい。
たまに里帰りする。
彼女の父は里長なので、スキーニャは一応お嬢様ということになる。
目標は「たくさんの友達をつくる事」。

☆好きな服のジャンル
ワンピースやロングスカードが好き。
露出が多い服は嫌いではないが、恥ずかしくて進んで着ようとしない。
こっちに来てから知ったエスニック系の服にハマりつつある。

一人称:わたし
二人称:あなた、基本さん付けで敬語、魔法の生き物に属するスキキャラさん・自分より小さい子は君(ためくんは「くん」)かちゃん付けで敬語なし(スキドゥラさん、スキルシャさんは「さん」、敬語入る時もある)スキ美さんは呼び捨てで敬語なし


(普通)
「はっ、初めまして…ス、スキーニャです…っ!」
「あ、あれ? もう夕方ですか? つい、魔法の本を読むのに夢中で……えへへ」
「わあ! 見た事無い植物だ……! 何だろう……?」
「ふえぇぇ……ごめんなさい、ごめんなさい…」

(スキ美さん・魔法の生き物のスキキャラさん)
「おはよう(おはようございます)! 今日もいい天気だね!」
「一緒にパンケーキ食べよう!」
「うーん、難しそうな魔法だねー……」
「うぅ、ごめんね(ごめんなさい)……」

★エルフについて
  • スキキャラワールドから離れた、どこかの大陸にある森に住んでいます
  • エルフの成人年齢は700歳ですが、人間の血が流れている彼女は500歳で成人します
  • エルフの髪色は金・銀・水色・黄緑・白、目の色は緑・水色・青と決まっていますが、他種族との間に生まれた子は別の髪色或いは目の色であることもあります
  • 髪からは色から連想される香りがします
  • エルフは他種族より魔力が強く魔法関連の才に長け、その血が流れてる混血者は他種族よりかはそれらが強まります
  • 偏見と差別が無く、他種族に対して寛容で受け入れます

製作者:字(スキキャラ垢:@AzaNa_skc/本垢:@AzaNa_Zi
好き要素
容姿:オレンジ髪+緑目、真ん中分け、トンガリ帽子(魔法使い限定)、月、ケープ+ワンピース、ふんわりスカート、綺麗な幾何学模様、茶色い革ブーツ、ぺたんこブーツ、フリル、リボン、真ん中分け、サイド三つ編み、ふわもこ髪

性格・性質:おっとり+純粋+ほわほわした雰囲気の女の子、人見知りな女の子、癒し系

その他:魔法使い、錬金術、エルフ、ハーフ、ファンタジー、杖、変わった感情表現、メルヘンチックな魔法、エスニック系の服、片手サイズの杖、魔術書、小瓶、月、六つ星、ルーン文字

住んでる場所:森

未来(レベル100):大きな杖、白ブラウス、コルセット、末広がりのスカート

裏好き要素:寿命ネタ、メリーバッドエンド
使用制限:エロは禁止させていただきます。グロは流血・傷表現程度ならOKです。死ネタもOKです。それ以外は服含めご自由にどうぞ!



彼女は人間の母が大好きだった
人間の母は世界を愛していた
人間の母は数十年で死んだ
まだ幼かった彼女は泣いた 悲しんだ

彼女はまだ知らない まだ気付いていない まだ理解していない
自身が母の愛した世界を ヒトの短い生に死をもたらす世界を憎んでいることを

愛する人達が死なない 永久なる「夢」のような世界を 望んでいることを


彼女はアズの「愛」という「呪い」により、凄惨な死に様になることはない。何度死を迎えても、ディスペンサが直接的手を下そうとしても。