スキュアート

スキュアート

性別:男性
身長:180cm
体重:70kg

見た目年齢:25歳くらい

おおまかな設定

100年前からタイムスリップしてきた妻子持ちの妖精。
もともとは神族で、自然と地下と冥府を司っている。

はるばるアイルランドから日本妖怪である妻の家に婿入りし、一人娘と妻との3人家族で裕福に幸せに暮らしていたが、ちょっと散歩に行ってくるとだけ言い残し、誤って現代にタイムスリップしてしまった。
とは言え、家族はみんな不老不死なので、本人はまったく気に病まず、むしろ今の状況を楽しんでいる。

妖精とは言え大きさは人間と同じで、街で人ごみに紛れている(ただし個性的なファッションに周囲の視線は釘づけ)。
スラリとしたモデルのような体型。しかしいつもシャツのボタンを掛け違えていたりズボンのチャックが開いていたりパンツの丈がつんつるてんだったりする。でも気にしない。
長い髪はプリズムのようにきらめく虹色。
風がまったくない日でも、マントや髪がなびき、バラの花びらが舞う。
彼が持っているバラの花は永遠に咲いているし永遠に散っている。
蝶の翅は自然界のパワーを吸収するための器官で、好きな場所に自由に出し入れできるが、弱点でもあるので危ないときはしまう。でもしまいっぱなしだと元気がなくなる。

常にハイテンションで自信満々。楽天家で、滅多なことでは怒ったり悲しむ様子を見せない。
ゴーイングマイウェイで超マイペース。話を聞かない。
好奇心旺盛で、行動力が高い。すべて自分の感性で物事を進める。邪魔になるものはむりやり退ける。やりたくないことだとてこでも動かない。
妻に何もかも世話を焼いてもらっているのと、もともと不器用なのとが相まって、服を正しく着ることすら苦手。
また、事あるごとに服を脱ぐ癖がある。脱ぐのは早業。
かと言って、服を着ているのが嫌いというわけではないし、おしゃれも好き。と言うか、全裸もファッションの1つだと主張している。
必要とあらば妖精の力で股間をうまく隠せるから安心だね!
ナルシストな所があり、鏡に映った自分を見て惚れ惚れしてしまう。また、強烈な愛妻家・親バカでもある。
メチャクチャな性格をしているが頭は切れる。

「僕の妻にも困ったものだよ。お願いだから普通にしていてなどと言われてしまった! 僕は至って普通だというのにだ! でも僕は彼女の一時的な癇癪と考えじっと耐えたのさ。なぜなら僕は! 彼女を愛しているから!」
「ああ……。道行く人を次々と悩殺してしまうとはなんて罪な美貌なんだ……。迷惑をかけるくらいなら僕は死のう! 薔薇を敷き詰めた硝子の棺の中で! さあ!」(全裸になる)
めっちゃ喋るしすぐ脱ぐ。

実は多重人格者で、ちょっとしたことをきっかけにして隠された主人格であるツンデレ女王様モードと入れ替わってしまう。

テンションが下がり表情が冷たくなる。また、ちょっとMっぽくなる。
「ぼくは梨が食べたい。買って来てくれ。何? 今の季節は梨がない? 口ごたえするんじゃない」
「……う、うるさい! それに近すぎだ……。離れろ。まったく。暑苦しい……」

2つの人格間で記憶は共有しており、お互いにお互いを呆れている節がある。

スキュアートの一族はもともとは獣のような姿をしており、スキュアートはその姿にコンプレックスを感じているため妖精の力を使って人間に変身している。力が弱まると変身がちょっとずつ解けて部分的にもとの姿に戻ることがある。

娘のスキチヨのことを溺愛している。
タイムスリップ後の現代では妻にされているのと同様に世話を焼いてもらっている。
スキチヨが大きくなったらパパと結婚するという約束をタイムスリップしてみたらあっさり破られていて涙している。相手の男をぶっ飛ばす! と思ったけどもう死んでたから無理だった。


製作者:ないとんJP@naitonjp
好き要素:蝶の翅、白+虹色、目と眉が近い、まつ毛が長い男性、眉目秀麗+頭脳明晰、M字になってるセンター分け、長い前髪、しっぽ髪、オッドアイ、ミニハット、薔薇、ボタンの掛け違え、生腕、サスペンダー、スーツ、マント、ハイウエスト、七分袖、つんつるてん、部分的に人外、風でなびく、舞う花びら、ローファー、タイムスリップ、多重人格、妻子持ち+親バカ+愛妻家、マイペースS、自信家、ハイテンション、露出狂、ナルシスト、ツンデレ、女王様気質+Mっ気、不老不死、妖精、神話
使用制限:ないです。ご自由にどうぞ!