スキュート


むかしむかしある所に少女がいました。

少女は体が弱く、自分の意志で歩く事もままなりませんでした。
学校にも行けず友達も出来ず、可哀想な少女でした。

そんな少女の前に一つの何かが現れました。
それは孤独な少女が生んだ、夢の中だけで出会う事の出来る友達。
少女は友達を大変気に入り、名を与えました。

"cute"と。

それが悪夢の始まりだと気付かずに。

---------------------------------------------------------------

スキュート《scute

性別:女《厳密に言えば不明》
身長:147cm
kg:体重は無い

 

一人称:キュートちゃん
二人称:フルネーム+ちゃん、君
 

すきなもの:甘い夢、楽しいこと 
きらいなもの:楽しくないこと


人の見る夢を糧にして生きている妖精。

無邪気で自由奔放、自己中心的で気まぐれ。非常に快楽主義。
心は持ち合わせていないので、善悪の区別はつかない。人の不幸も人幸せも楽しい。
「きゃはは」と勘に触る高い笑い方をし、語尾を延ばす話し方をする、ぶりっ子。

夢に迷い込んだ人物が希望する夢を何日かに渡り見せ、夢を肥えさせた後、良いころあいに悪夢に叩き落とす。
人の良い夢が詰まったカケラが彼女の主食。(飴の様な大きさと見た目)
回収した夢のカケラを瓶に詰めて持ち歩いており、気まぐれに食べる。
彼女がカケラを食べた瞬間、または何らかの原因でカケラが破壊されてしまった瞬間、
夢の持ち主は返らぬ人となる。 カケラを奪われた本人に夢のカケラを返さぬ限り、悪夢からは覚める事は無い。

彼女が夢を見せている間の本体は、レム睡眠の状態になり意のままに操ることが可能であり、
彼女が夢から出ない限り、本人は眠りから覚める事はない。


人の目にも見え、神出鬼没で、普段は歩いたりふよふよ浮いたりしている。 夢の世界にもいるが現実世界にもいる、次元を超えて色々な世界に行けるが、 夢の世界のスキュートを除いてはスキュート自身は一人しかいない。

彼女を斬っても靄や空気を斬る感覚。何か持つ時に小指を立てるのが癖。



▼夢のカケラについてのしくみ▼
1.スキュートが人の夢にお邪魔する(寝ている夢に入る時も有れば、故意に人を眠らせる時もある)
↓↓
2.その人に都合の良い夢を見させる
※その夢の中にスキュートの分身(または本体)は必ずどこかに存在する
↓↓
3.一度では肥えた夢にならないので一度その夢から出る
↓↓
4.①、②、③を繰り返す
↓↓
5.見計らい、良い夢を凝縮し、欠片へと変換する
※欠片へと変換できるのはスキュート本体のみであり、ここで現れるスキュートは本体である
↓↓
6.欠片を回収し、悪夢を見せる。
※良い夢はカケラへと詰め抜き取った為悪夢にしかならない。
↓↓
7.スキュートが欠片を捕食すると共に、悪夢が閉じ、夢を見ていた人間が死亡する。


①~⑦の手順を踏む必要がある。
幸せな夢に浸らず、夢から覚めたいと強く思った時、スキュートが夢からはじきだされるしくみ。
また、夢に夢中にさせる事が出来なかった時も失敗になり、欠片への変換は不可能。

欠片の回収はスキュート本体が行うが、何人も同時に夢を見せる事は可能。


▼狙われやすい対象▼
・子ども(発想が飛びぬけている為、夢が美味しい)
・メンタルが弱い(夢に浸りやすい、子どもの夢にくらべて夢の美味しさは普通)


▼スキュートの見た目について▼
その姿はスキュートを夢の中で生み出した12歳の少女の姿であるが、
実際の少女はスキュートに食われ死んでしまっている。
スキュートと少女とは完全に別の生き物である。
どこかの平行世界では生きているのかもしれない。


▼影▼
彼女の影は何故か猫の形に形成され、地面から這い出る事も可能。
話す事も出来るがスキュートか影かどちらか片方が話している場合はどちらかが話す事は不可能。
影までがスキュートの本体である。


▼瓶▼
人の夢の詰まった瓶。夢のカケラは飴のような大きさと形をしている。
普通の人間でも食す事は可能だが、食べた瞬間夢の主の命を奪うことになるので注意する必要がある。


▼補足▼
まれに時空の歪のようなところから姿を隠す時や、出てくる時がある。
彼女の帰る場所であるが、どういう場所であるかは不明。
 

「美味しくして、美味しくして、食べるの♡」
「うーんとねぇ、きゃはっ、キュートちゃんよくわかんなぁ~い!」
「え~なんで怒ってるの?怒りんぼさんなの?」

 

▼本来の姿について▼

スキュート2


身長:40cm程(大きさは調節可能)
kg:体重は無い

妖精であるスキュートの本来の姿。
手はマントの中に隠れており、勿論マントの外に出す事は可能。
その際の手の大きさは自由自在に変える事ができる。
基本的には人間のような体で現れるものの、現在でもこの姿になる事も可能。

また、この姿でいる時は音声が異なる。(人間の姿である時は姿を借りている少女の声がする)

 

製作者:豆腐(@natoyayaya
好き要素:ロリ、妖精、敵、性格悪い、自己中、ドS、快楽主義、無邪気、可愛いのになんか怖い、小さい、痛い、残酷、縦ロール、ふりふり、ふわふわ、キラキラ、目の中にもキラキラ、リボン、トランプモチーフ、サーカスモチーフ、メルヘン、ダークメルヘン、ビスチェ、髪の毛のボリューム、二色髪、猫、丸襟、パペット、もこもこマント、マスコット
使用制限:エロ過度のグロ以外なら何でも大丈夫です。