ピノ

年齢:10~14歳
体重:120kg
誕生日:2月22日


スキピコの親戚の男の子。スキピコよりも身長も体重も年齢も上だが、明確な数字は分かっていない。
スキピコを妹のように可愛がり、兄貴面する。


スキキャラというか人間嫌い。
スキピコに人間嫌いになってもらおうと日々説得をするが、反応はイマイチ。
彼女と違って「pi」と鳴くことはなくよく喋る。不意を突かれたときなどに鳴き声がでる。

口が悪い&攻撃性がある。しかし、とうもろこしを持っている人やものすごく親切にされると動揺したり一瞬寝返ったりする。
種族の性質上武装をする。
西洋系の父から防御力に特化した「ナイト」。中華系の母からスピードに特化した「アサシン」と呼ばれる防具を引き継いでいる。
泳ぐのが得意。


一人称「ぼく」
二人称「おまえ」「てめぇ」




●スキピコ&ピノの一族について●


「タガヅメ」と呼ばれる大型の渡り鳥の一族。
自然豊かで、木の実が豊富、人間の手があまり触れられていない
つまりは超キレイな山にのみタマゴを産み落とすとされ、子どもは生まれてから成人して飛び立つまでの間その山で暮らす。
生まれてからしばらくは親と過ごすが、数週間経って自立すると一人で生活し始める。
主な食事は木の実だが、時には魚や肉も食べることもある。
「パーソナルスペースを犯す対象を攻撃する」「生まれた森に多く生息していた草花を身につける」習性があり、大きな腕と大きな爪が特徴。
爪の本数は平均三本。押さえつけたり持ち上げたり、ひっかいたりするために使われるので細かい作業には向いてない。
腰羽が生えた飛行に特化した種類と、大きく広がる尾羽を持った泳ぐのに特化した種類が存在する。
足は小鳥のような足をしているが、重い体重を支えるために爪は鋭く、足の力は強い。
歩き方は鳩のように交互に足を出して歩いたり、カラスのように両足を一緒に出して進んだりとさまざま。


●オスはメスを守るため、または肉食動物と戦うため、戦闘力に長けていて血の気も荒い。
一部では全身を自らの爪から削ぎ出した防具で覆っている者や、武器を持つものもいる。(ピノ君は防具)

●メスは森の平和のため、温厚で争いごとはあまり望まない。何にでも興味を持ち、接触を図ろうとする。
そのため人間への恐怖心もなく、密猟者に殺されてしまうパターンが後を絶たない。
人間との交流を持ち、森とそのふもとで暮らす人々を総じて守っている者もいる。


【箍爪】と漢字で表すことができ、獲物を手で捕まえ捕食する姿が桶の箍に似ていたことからつけられた。
他には、大鷹である【鷹】や、高く飛んで渡ることから【高】など、多くの意味があるらしいが詳細は分からない。