ルシア

性別:女
身長:166
体重:平均よりちょい下
年齢:23
趣味:養父と過ごす
誕生日:3月16日


とある帝国の機関に勤める女性。
肩書きは『帝国治安維持室 室長』
幼い頃から人の上に立つ人物になるよう教育されてきた。
最初は父から、次に養父から、その次に国からと様々な理由で様々なことを教えられたが、
主に実父と養父の教えに重きを置いている。

常に毅然とした態度で、相手が誰だろうと怯まない強い意志を持っている。
幼い頃男所帯で育ったせいか豪快なところもあるが、その後仕方なく習ったマナーや言葉遣いもキッチリこなす。
普段は品のいい男性のような態度だが、パーティ等に出るときはちゃんと女性らしくしている。
(セクハラ発言には心の中でスラングを吐く)

養父であるスキテオとは彼が父になる前からの付き合いであり、その頃からずっと求婚してきたが結果は惨敗。
いつか抱くと拳を握る毎日である。
スキテオに対してセクハラ発言・セクハラ行動をするが、それは大体彼が仕事をサボったり問題行動を起こしたときに行われるので、叱責の意味が強い。
(ただ、彼女にとってはチャンスである)

生まれつき予知能力を持っている。
それは予知夢であったり雷撃のように唐突であったり、単なる予感だったりと、様々な見え方、捉え方をする。
自分で予知を行うことも可能。
見えたものはほぼ100%起こる。
過去に一度だけ、ほんの少し未来が変わったことがあるが、それはスキテオの持てる力の全てを使ったときだったため、
よほどのことがなければ変わらないはずである。

また、細身であるにも関わらず怪力。
筋肉量に全く比例しない出力を軽々とやってのける。
拳で地割れ程度はお手の物。

治安維持室と軍とのパイプ役をしている少尉から好意を寄せられているが、彼が可哀想になるほどに全く相手にしていない。


一人称:私
二人称:君、あなた、あんた、その他その場に合わせた敬称
スキテオのことは名前を呼び捨てで呼んでいる。


「やぁ、ご機嫌いかが?」
「そうか、ご苦労様。コーヒーでもどうかな?」
「ほお……喧嘩なら買わせてもらおう。ステゴロで勝敗を決しようじゃないか」
「…………(スキテオの腰辺りを見つめている)」


製作者:波浪(haroharo86xxx)


使用制限:とりあえず健全になら大体OKです。




 


添付ファイル