くま子

人間と動物の交流目的で人間社会に紛れ込んだ熊。
術で人間の姿に化けているが耳としっぽはなかなか上手く消せない。
人間社会に先に紛れこんでいたスキマを先輩として敬っている。
まだまだ社会の常識というものが分かり切っていないため、スキマに色々といじられる。
スキマと行動する時はスキマの言ったことをメモしたりするメモ帳やペンやその他もろもろを持ち歩いている。
また、耳隠しの為にスキマにもらった帽子をかぶるようにしている、しっぽは放置。
必殺技は手だけを熊に戻して攻撃する「熊パンチ」等。
ちなみにスキマの方が1.5倍ほど力が強く、走るのはくま子の方が少し速い。
一人称は「わたし」で焦ってると時々「くま子」になる。
語尾にたまに「くま」「くまー」が付く事がある。


添付ファイル