ジャンヌ・L(レイ)・マリアンヌ・オルレアン
 
性別:女
年齢:想定年齢30〜40代(肉体的にいえば)、しかし長生きはしている。
身長:175cm
体重:(乙女の秘密)
特技:護衛、小さい子供や女性などのお世話、コーチング、3度死んでも生き返る、家直伝の剣術
好きな物:美味しいと感じた物、パスタ、酒(酒なら基本的になんでも好きだが麦酒を好む)愛用している剣、戦う事、信念のある者(一癖ある者)、強いと感じた者
苦手な物:不味いと感じた物、もさもさした携帯食料、信念もなくただ生きている者(弱いと感じた者も苦手)、弱いものいじめ
 
 
とある王宮で勤めている、姉御肌の女性騎士。階級的には近衛守護騎士団副部隊長。職業的にはロイヤルガード・パラディン。愛称はジャンヌ、またはマリア。『紅鎧(べによろい)のオルレアン』『不落日(らくじつしらず)のオルレアン』などと言われる、腕の立つ最高位のパラディンとして有名。
真人間のようにみえるがれっきとしたドラゴニュート(というより古龍の血を引いているエンシェント・ドラゴニュートという種族)。スキヴィアのおばにあたり、スキハガルミルの遠縁の親戚でもある。かなりのスパルタ教育家。家庭的には裕福であったが心が貧しかったスキヴィアや、スキハガルミルの半ば育ての親にして恩人。
3回死んでも息を吹き返す奇妙な性質を有する古竜の血を持つ。しかし、彼女は生涯の中で一度だけしか死んだことはなく、それ以外では死んでいない。
元々は傭兵家業の家の人であったが、スキヴィアの家の親戚として連なっていた当主が流行り病で死去。オルレアン辺境伯爵家は没落し、爵位を返上。まともに家業ができるのが彼女しかいなかったために傭兵暮らしを余儀なくされていた。スキヴィアの家を、スキヴィア自身を、影ながら支えていたのはジャンヌ本人。彼の身体能力が無駄に高いのはだいたい彼女のせい。鍛えさせてしまった元凶。
今王宮で働いている事ができているのは、ある仕事の時、とある皇子が暗殺されかけるところを彼女が助けたからである。今では伯爵の爵位を戴き、近衛兵や守護騎士達を纏める近衛守護騎士団の副団長を任され、今でもなお、スキヴィアやスキハガルミルのことを気にかけては面倒を見にくるという。美味しいと思った物を美味しいと感じ、不味いと思った物は素直に不味いと言う(あるいは思う)舌の感性を持っている。
性格は豪放磊落で気さくで実直、だが、生真面目の中に謙虚さを含み、礼儀正しく、豊かな優しさと深い慈悲と親切心、誠実さと孤高ともいえる高潔さを持つ、割とストイックな性格の持ち主。騎士の鑑。裏表が無いがお節介。案外ズボラ。

添付ファイル