名前:シャルル

性別:男性

身長:185㎝

誕生日:8/5

成績優秀、スポーツ万能な優等生。正義感が強い リーダー的存在で、周りからの信頼も厚い しかしそれを鼻にかけることはなく、誰にでも優しく接する兄貴分

スキサドの親友で、幼稚舎からの付き合い。レーナの婚約者

名前:レーナ

性別女性

誕生日:3/3

身長:157㎝

体は弱いが、好奇心旺盛なため活発。動植物が大好きな女の子 人を疑うことをしない、人懐っこく誰からも好かれ、愛される 正義感が強く、どんな相手にも怯まない気の強さも持っている

スキサドの親友であり、シャルルの婚約者。 スキサドの想い人

設定:(というなのスキサドの過去話)

シャルル(左)とレーナ(右)はスキサドの幼馴染で、出会いは幼稚舎のころ。(スキサドは彼女に恋心を抱く)

その後も親友として付き合い、いじめを受ければ前に立ち自分を守ってくれるふたりは、親を亡くしたスキサドにとっては心の支えであり、彼らの存在がスキサドの生きる理由となっていた

スキサドは気付いてはいないが、この時から心に黒い感情が渦巻くようになる。

背も何も大人びて学生となったシャルルとレーナは親友から恋人として付き合うことになる。

嫉妬等しなかった。ただ大好きな人が、愛する人と幸せになることを純粋に喜んだ

大人になり、会う機会は減ったものの手紙等で交流の続いていた三人、いまだにスキサドはレーナへの想いを捨てることが出来ずにいた

ある日スキサドのもとに手紙が届く。ふたりの結婚式の招待状だ。

もちろんふたりを祝福するために参加した。愛する人の笑顔は何よりも幸せだった

それからしばらくして、レーナが病死したと聞かされた。彼らが結婚して数年だった。

ふたりのもとに行くと、そこには動かない彼女と、天井から吊るされたロープ、そしてその下で茫然としている親友の姿

彼はこう言った「殺してくれないか、彼女がいない世界は耐えられない殺してくれ」

スキサドはその願いを叶えてあげた。

大好きな親友のために、愛する彼女が寂しくないように、彼を殺した

その時スキサドは気付いてしまった、そんな純粋な想いの中に復讐や憎しみが入り混じっていたことを。黒い何かがずっと、ずっと渦巻いていたことを。その黒い何かに気付いた時、スキサドの周りは影で溢れていた

(この日からスキサドは影を操れるようになります。今の彼はこのふたりがきっかけです)

 使用制限:NL,BL,GLなんでも大丈夫です。レーナだけは過激なエロ、グロはご遠慮ください(これはどうかな?という場合はご相談ください)

製作者:山田らこ(@yamaraco002)