用語集 no.05


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Lead-in Scare(リードイン・スケール)


「lead-in」 オクターブは 「feature scale」 オクターブと同じ振幅を持っています。
"roughness" パラメータが全ての最も小さなスケールの 「feature scale」 以下のオクターブの減少を制御しますが、
「feature scale」 より上のオクターブには影響しません。また、マルチフラクタルの中でもより少ないオクターブに
影響しますが、どんな法線のオクターブにも作用する同じ方法で影響します。
ところで、パワーフラクタル内のオクターブ(空隙性)の間の縮尺比率はベースとなるオクターブ数(1.92)に準じて
計算しています。

log( leadinScale / smallestScale ) / log(1.92)

フラクタルパラメーターを変更する時は、リアルタイムで変更点を見出すために "Show HUD in Preview" オプションを
アルファビルドにして下さい。
HUDは色ではなく、ディスプレースメントのために作用します。

「Lead-in」の作用についての資料

各バーは1オクターブを表します。
書くバーの高さはオクターブ(すなわち、そのスケールへのオクターブの振幅の比率)の勾配です。
書くバーの下の小さな三角印は同じものを表しています。

最も高いバーは"Feature scale"のオクターブで、そこから左にあるバーは、より大きなスケールを持つ
"Lead-in scale"のオクターブです。反対に右へ向かうバーは小さなスケールを持つオクターブです。
一番右端のバーは"Smallest scale"のオクターブです。
この例では
Lead-in scale = 200,000
Feature scale = 5,000
Smallest scale = 0.1
で設定しました。
左から最初の"Lead-in scale"の5つのバーからなる23のオクターブを生み出しています。


"Lead-in scale"はすべて同じ振幅を持っていますが、多様性なスケールをも持ち合わせています。
従って縮尺するための振幅比率はスケールに反比例します。最初のオクターブは最も大きいスケールと
最も小さい縮尺するための振幅比率を持っています。

"Feature scale"から右へのオクターブ("Feature scale"より小さい)は、"Displacement roughness"に
よって影響を受けます。この例では、"Displacement roughness"の値が0.875であり、"Feature scale"の
オクターブは縮尺するための振幅比率によって徐々に減少するよう的確に引き起こしています。
"Displacement roughness"の値が1の場合、振幅がスケールに比例するので"Feature scale"の右側の全ての
バーは"Feature scale"に等しい高さになります。
"Displacement roughness"の値が1より大きい場合、縮尺するための振幅比率は右に向かって増加するでしょう。

添付ファイル