光源


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Terragen3はリアルな日光、どんなものをも照らす事の出来る局所的なスポットライトの光源を特徴とし、レイトレースされたぼんやりした影、サーフェース間の完全な光の相互作用を可能にするグローバル・イルミネーション、大気や雲、アンビエント・オクルージョン(環境遮蔽=環境光から遮蔽された陰影を作り出す)のオプションなどが挙げられます。グローバル・イルミネーションやアンビエント・オクルージョンの品質は、レンダリング時間と照明の品質間での適切な妥協点を見つけながら調整していく事が出来ます。Terragen3の目標は、出来るだけ早く照明の適切なバランスを提供する事であり、あなたの作品の完成への個別のライティングの寄与を微調整するためのコントロールを提供することです。

Terragen3でレンダリングされたHDR環境は、他のレンダラーの画像ベースの光源と反射環境として使用する事が出来ます。Terragen3のHDR日光と天空光のシステムは共に自然から励起されるため、実践における視覚効果の要求に敏感でもあります。日光は、HDR撮影の中の太陽と明るさは同程度であるが、はるかに良い。そして、あなたの目的のレンダラーの中で最高品質の結果を得るために、シーンへのトータルの寄与に影響を及ぼす事無くそのサイズを制御する事が出来ます。
「Terragenは今では長年に渡って私に素晴らしい空と自然環境を提供してくれている」とVFXの監督Rob Nederhorst(Radium / ReelFXクリエイティブスタジオ)が言います。「チームは写真のようなリアルさという点で急上昇な飛躍を遂げた。私はTerragenを使っていくつかのプロジェクトを成し遂げた。そこではライティングと反射のHDRIを生成し、それらは3Dレンダリングで唯一の光源となった。」
Rob Nederhorstは、デジタル・ドメインのSwayスタジオとSpeedshape/LA(Djarum MezzoのタバコのCM「Race」と「Leap」を含む)の商業プロジェクトにTerragenを使用し、「Race」と「Leap」は傑出した合成技術に対して視覚効果部門協会VES賞にノミネートされました。ここからその視覚効果の分析ビデオにアクセスする事が出来ます。
添付ファイル