新しくなったTerragen3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Terragen3で何が出来る?


Terragen3はリアルな自然景観を作成し、動画にする事が出来る強力なツールです。
Terragen3を使って、あなたの想像力を活かして全世界を創ってください。あるいは、現実の世界の地形データを取り込み
可能な限り超現実的な画像を創るためにTerragen3を使ってください。
あなたは天候、ランドスケープ、川、湖、大海、日光、月、星を操作する事が出来ます。
地形、テクスチャ、マイクロポリゴンのディスプレースメント、雲、オブジェクトとその分布に使われるシェーダー
ネットワークの全てを操作する事が出来ます。
あなたの目標を達成するための惑星の陰影ルートを再編成する事も可能です。
任意の地点に草木を設置するだけでなく、サード・パーティのソフトウェアで作成されたネイティブのTGO、またはOBJ形式の
他のオブジェクトも設置することも出来ます。


Terragen3は何が新しくなったの?


Terragen3は前Terragen2から新しく生まれ変わりました。
広範囲に渡る新機能、既存機能の強化、パフォーマンスの向上、さらに多くの変更を加えました。
今すぐ購入しましょう。そうする事で2016年第二半期にリリース予定のTerragen 4.0への無料アップグレードと1年間のメンテナンスプランを手に入れる事が出来ます!価格と詳細については公式のオンラインショップへ訪問して下さい。

▼より多くの製品オプション:Professional版やCreative版
  • クリエイティブ、プロフェッショナル版(共にアニメーション機能のオプション付き)と無料の非商用版が入手可能です。
  • Terragen3 Creativeは低予算でアーティストや趣味で楽しむ方のためにエントリー製品としながらもTerragen3の主要な機能を取り扱うことが出来ます。
  • Terragen3 Professionalは専門的な趣向を拵えたツールをすべて備えたTerragen3のラインナップの最高峰となる主要製品です。)

▼レンダーレイヤーとエレメンツ
  • 幅広いレンダーエレメンツシステムは合成時に最大限の柔軟性を持たせるために、個別のパスでレンダリングして出力出来るようになりました。
  • Terragen3では、奥行き、垂直線、直接光、散乱光、その他20を超える様々なレンダーエレメンツの出力タイプの機能を備えました。
  • さらにレイヤーシステムは、ポスト処理の柔軟性をさらに高め、別個のレンダー出力のためにシーンの一部をグループ化させる事を可能にしました。

▼強化された3Dプレビュー
  • 3Dプレビューは現バージョンから様々なオブジェクトの表示モードが備わり強化されました。
  • オブジェクトに滑らかな陰影をつける事やテクスチャ表示など。
  • 3Dプレビューはマルチコアに対応しマルチスレッドによるパフォーマンスを強化しました
  • 3Dプレビューのマルチスレッド化は初期段階にありますが、すでに多くの場面で顕著なパフォーマンス増強を提供しています。
  • オブジェクトパラメータの微調整をより簡単にするために、選択されたオブジェクトを3Dプレビュー内で移動や回転、サイズ変更することが可能です。
  • 地形特徴への降下(Dキー)はオブジェクトいとも容易く地表面に現実的に設置します。
  • Terragen3において被写界深度を付加する事で、3Dプレビューは現在のカメラの焦点距離に基づいてシーンに陰影をつける 被写界深度のプレビューモードを備えました。

▼高速で高精細なグローバル・イルミネーションモード
  • Terragen3は、Terragen2のGISD(グローバル・イルミネーション・サーフェース・ディティール)オプションよりも格段に短時間でより高精度なディティール結果を作り出すGISDの新方式を導入しました。

▼著しく改善されたポピュレーションコントロール
  • Terragen3は、ポピュレーションを微調整する機能を備えました。
  • 各個別のインスタンスの編集、位置、サイズ、回転を変更したり、あるいは個別のインスタンスを削除することさえ出来ます。
  • 全ての変更には元に戻す、繰り返し実行に適応しています。
  • 新しくなったポピュレーション・シェーダーの操作では、インスタンス間で現実的な色の違いを作り上げ、全ポピュレーションの色と光度をプロシージャル・シェーダーや同様のインポートされたイメージマップによって染色する事を可能にしました。
  • この機能は微妙な結果、劇的な結果のどちらにも使うことができます。同様に、必要に応じて特殊効果(例えばロゴ画像に基づいたポピュレーションに着色する)にも使用することができます。

▼FBXフォーマットのサポート
  • Terragen3ではTerragen2で追加されたFBX(3Dデータを異なるアプリケーション間でスムーズに受け渡しが出来るように設計されたフォーマット)を改善しました。
  • カメラ、照明のアニメーションデータをインポート、エクスポートが可能となり、FBXファイルとして地形ジオメトリ(空間に置かれた立体モデルの座標をスクリーン座標に変換するための計算)をエクスポートする事が可能となりました。
  • Nuke CHANへの現存のサポートと標準OBJフォーマットに加え、あなたのツールセットとなる他アプリケーションとの相互互換性は今まで以上に容易となりました。

▼改善された雲のレンダーが、著しくパフォーマンス強化されました
  • 改善された雲のための新規オプションが、多くの場面で大切なレンダー時間の倹約を可能にしました。
  • ボクセル・バッファ(体積要素)オプションは雲のないエリアでの不要な体積シェーディングを提言出来る一方で、2Dのシャドーマップは低パフォーマンスの影響に対してのレイトレーシングよって、スムーズな影を付ける事が出来ます。
  • 場合によってはTerragen2と比較してレンダー時間を半分ほどにまで出来る事でしょう。

▼オブジェクトメッシュの変形
  • 新しいオブジェクトメッシュのディスプレースメント入力は、最高のレンダリング品質に対してもこれらのオブジェクトへのレイトレース能力を維持しながら、あなたのオブジェクトに凹凸を付ける事が出来ます。
  • メッシュディスプレースメントはプロシージャルな特徴をオブジェクトに追加するか、ユニークな外観のために変位された変化を付けるために使用する事が出来ます。

▼コンテンツライブラリ
  • 新しいコンテンツライブラリは、シーンファイル、オブジェクト、テクスチャを整理し、アクセスする事を容易にします。
  • 後程で検索可能な説明タグを追加する事で、クイックリファレンスのためのお気に入りを選び、プレビューイメージやその他多くをカスタマイズします。
  • コンテンツは一度に1アイテムを追加する事が出来ます。あるいは、すぐにライブラリを構築するためにフォルダ全体をスキャンすることが出来ます。

▼バンドルコンテンツ
  • さっと手軽に始める手助けに、Terragen3のすべてのバージョンにサーフェースシェーダー、地形、雲、その他建造物など多くのコンテンツがプリセットとしてバンドルされています。
  • さらにSilva3D.com様のご好意により、20個を超える高品質の植物モデルが含まれています。

▼強化されたDEMフォーマットと地形参照サポート
  • 刷新されたDEM(数値標高モデル)システムによって、Terragen3は何百というソースから実世界のデータを使用する事が可能となり、元々あるDEMの異なる多種多様なDEMフォーマットを読み込み、土地参照する事が出来ます。
  • 無料のDEMデータでもっとも人気のソースの1つが、USGSサイトの”National Map Viewer”です。(http://www.usgs.gov/
  • USGSからハイトフィールドDEMデータの3つの主要なソースがすべて簡単に読み込む事が出来ます。
  • 実際、Terragen3は現在、元々ある主要なDEMフォーマットのほとんどをサポートし、実世界のシーン作成を簡単に行います。

▼球体カメラ
  • Terragen3は球体カメラを簡単に扱う事が可能となりました。
  • 大幅な相互運用性のためのオプションを拡張する事で、ゲーム環境やその他のCG照明におけるHDR環境マップから多くの役立つ生産ワークフローのステップ数を減らします。

▼高速な被写界深度
  • Terragen3のために、速く、ノイズのない被写界深度のための独自の新方式を開発しました。
  • 不偏の被写界深度は常に利用出来ますが、ほとんどの場合でTerragen3の新しいアプローチを使ってこれまで以上に高速でリアルな結果を引き出す事が出来ます。

▼Linuxレンダーノード
  • TerragenのプロダクトファミリーにLinuxのレンダーノードを追加する事で、エミュレーションやほかの回避手段を実行する事無く、あなたがすでに持っているレンダーファームのリソースを活用する事が出来ます。
  • Linuxのレンダーノードは、ほとんどの主要なLinux上で最大のパフォーマンスを分散して実行する事の出来るネイティブコンパイルです。

▼新しいシェーダーとノード機能
  • Terragen3では、多くの追加の新規ノード、シェーダーインプット、ノイズ関数などを追加しました。
  • 例えば巨大なハリケーン、渦、その他の特殊効果のためのヴォルテックス・シェーダー。
  • 新しい雲の照明とシャドーインプットは、洗練された方法で簡単に雲層に着色する事を可能にしました。
  • パワーフラクタルでは、ボロノイノイズのバリエーションが使用可能となりました。

▼バグ修正、パフォーマンス強化ログ
  • 上記の主要となる新機能に加え、多くの水面下での変更、バグ修正などによって安定度は増し、機能的なTerragenアプリケーションコアを結果として生じました。
  • 変更のログについてはこちらのアップデート履歴をご確認下さい。

詳しいサンプル画像などは公式サイトPlanetside Softwareから参照下さい。

最初にリリースされたTerragen2では20本以上の長編映画だけでなく、数多くの大手テレビ製作視覚効果のために使用され、
Terragen3はその最先端の技術を基に構築されているので、最も注目のおける視覚効果会社の多くが信頼しています。
Terragenの強力なディスプレースメントと大気エンジンは、詳細な地形、物理ベースの体積空、インスタンス化ジオメトリの
大規模なポピュレーションを備え、正確かつ写真のようなリアルな環境を作り出す事で評価を集めています。
新しい創造的なオプションとレンダー機能、パフォーマンスの向上、強化されたワークフローを生産し、Terrgen3のために
これらの強みを改善するよう続けてきました。