用語集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【C】

Clip Files(クリップファイル)

プロジェクトで何度も使用出来るように、一連のノードをクリップファイルとして一纏めにしたもの。クリップファイルのノードはプロジェクト全体の中のわずか一部分を取り扱います。
例えば、あなたがお気に入りの岩テクスチャのためのシェーダーネットワークを作成し、それをクリップファイルとして一連のノードを保存する事で、そのクリップファイルを別のプロジェクトに転用してする事が出来るようになる他、クリップファイルを他ユーザー間でノードとノードネットワークを共有する手軽な手法になります。どのようなノードもクリップファイルとして保存する事が可能で、差込時にどのように接続させるか、互いの関連付けを行う必要はありません。ただし、ノードで関連付けされたアセット(画像ファイル、オブジェクトファイルなどの外部ファイル)はクリップファイルに保存する事は出来ません。例えば、「Image map shader」を含んだクリップファイルを保存した場合、他の誰かにそのクリップファイルを送る時に関連付けされた画像ファイルを一緒に送らねば、同じ結果を再生する事が出来ません。

クリップファイルの作成
   クリップファイルを作成するために、ノード・ネットワークビュー内でノードの一連を左クリックを押しながら枠で囲み、
   選択する必要があります(選択されたノードは反転表示されます)。保存は以下の2つの方法から行えます。
   1.枠で囲まれたノードを右クリックするとポップアップメニューが表示されます。
    「Save Nodes as Clip File...(クリップファイルとしてノードを保存)」を選択します。
   2.【File】メニューの「Save Nodes as Clip File...」を選択します。
《クリップファイル作成ダイアログ》
    Category(カテゴリー):
      ポップアップよりクリップのカテゴリーを選択します。
    Description(説明):
      作成するクリップファイルが何をするためのどういうものなのか、そしてネットワーク内のどこに接続する
      かの説明を入力します。他との共有時に有益となる情報となります。この説明はライブラリウインドウの
      [Info(情報)]パネル内や、Windows版のエクスプローラ(現在未対応)やMacintosh版のファインダーでクリップ
      ファイルのプレビューが表示されます。
    Tags(タグ):
      クリップのためのタグを入力します。複数の単語を入れる場合はカンマ(,)で区切ります。ライブラリウインド内で
      アイテムを検索する際に使用します。
    Input(インプット):
      クリップのインプットとして使用するノードのインプット端子を選択します。クリップ内のすべてのノードの
      インプット端子がポップアップで表示されるのでいずれかを選択します。クリップがネットワークに差込まれる時、
      TGは既存のノードのネットワークからそのインプットまで接続をしようとします。
      「No input connection(インプットする接続先なし)」
    Output(アウトプット):
      クリップのアウトプットとして使用するノードのアウトプット端子を選択します。クリップ内のすべてのノードの
      アウトプット端子がポップアップで表示されるのでいずれかを選択します。クリップがネットワークに差込まれる時、
      TGは既存のノードのネットワークからそのアウトプットまで接続をしようとします。
      「No output connection(アウトプットする接続先なし)」
    Connection tips(接続Tips):
      クリップファイルをノード・ネットワークに接続するための導入法を入力します。これは、ライブラリウィンドウの
      [Metadata(メタデータ)]タブ内の「Comments欄」と同様、ファイルのプレビューで表示されます。
    Create Clip File(クリップファイルの作成):
      クリップファイルの作成(保存)の実行ボタン。クリックすると保存ダイアログが表示されます。
    Cancel(取消):
      クリップファイルを保存せず、このダイアログを閉じます。

クリップファイルのアドイン
   クリップファイルをプロジェクトに差込みするには、【File】メニューから「Insert Clip File...(クリップファイルの
   差込み)」を選択する事で、TGはクリップのカテゴリと接続設定に応じて自動でネットワーク内に差込みを行います。
   またノード・ネットワークビュー内で右クリックを行い、ポップアップメニューから「Insert Clip File...」を
   選択する事で、ネットワークの差込み場所を指定する事も可能です。
   上図はクリップファイルが差込まれる前の状態です。
   直接ノードのボディーをクリックした場合、クリップはクリックしたノードとそのアウトプット端子で接続されるノード間に
   差込まれます。(上図の場合、「ノード 01」のボディをクリックした場合)
   クリックされたノードが複数のアウトプット端子を持っている場合は、クリップのアウトプットも複数のアウトプット
   接続先を保持するでしょう。
   ノードのインプット端子をクリックした場合、はクリップは、クリックしたノードのインプット端子とそのアウトプット元の
   ノード間に差込まれます。(上図の場合、「ノード 02」の"Input node"端子をクリックした場合)

   総括すると、ノードのボディをクリックする事で、クリップはノードの下位層のネットワークに差込まれます。
   ノードのインプット端子をクリックする事で、クリップはノードの上位層のネットワークに差込まれます。