※このページは現在編集中です。


Modern Times(近代史)





MODERN TIME - GENERAL

1 - THE WIDOW CHING, LADY PIRATE(清の未亡人、にして女海賊)

// SOUTH CHINA SEA // 1807
// 南シナ海 // 1807年


Ching Shih , also known as Cheng I Sao, was a former prostitute who married the notorious pirate Cheng I.

鄭氏(テイ・シー)との呼び名で知られる、鄭一嫂(テイ・イッソー)は、当時悪名高い海賊であった鄭一(チャン・イー)と結婚した元妓女(ぎじょ)である。

In 1807, following the death of her husband, Ching Shih took command of the entire operations and became the most important pirate in China.

1807年、彼女の夫が亡くなると、清王国周辺の全海域の指揮を執り、当時の中国で最も強大な海賊となった。

Ching Shih married her lieutenant, Chang Pao, and organized her pirate enterprises into a brutally efficient organization.

鄭氏(テイ・シー)は彼女の副官であった張保(張保仔、チョン・ポーチャイ)と結婚し、より残忍で組織的な海賊団を組織するようになる。

After several unsuccessful attempts to put an end to her rule by the Cantonese officials, in 1810, Ching Shih negotiated an amnesty and retired from her pirate career.

その後、広東の当局によって彼女の支配に終止符を打ついくつかの試みが行われたがすべて失敗に終わり、1810年、鄭氏(テイ・シー)は当局との交渉により海賊家業からの引退を宣言した。



|