現代の登場人物たち

名前だけしか出てこない人物が非常に多く、実際に関わってくる登場人物は少ない。
ここでは名前だけの人物は説明を割愛しておく。
ちなみに、PDAに届く彼ら(名前だけの人物から)のメッセージは物語の進展につれて消えていってしまうので、定期的に目を通しておくといい。


<Player(主人公)>

※portrait 今作の現代編の主人公。アブスターゴ社の新規プロジェクト「サンプル17」に配属された新人。
姿や声を聞くことができないため、性別は不明。


<Melanie Lemay(メラニー・ルメイ)>

「サンプル17」のプロジェクトリーダー。
主人公の直属の上司にあたる女性。第2フロアの奥にある一室が彼女のオフィス。
データベースに登場するMLは彼女の略称。


<Olivier Garneau(オリヴィエ・ガノー)>

※portrait アブスターゴ・エンターテイメントのCCO。
幹部役員だがラフな姿で、初日の主人公にも気さくに話しかけてくる。
データベースに登場するOGは彼の略称。


<John Standish(情報技術部のジョン)>

※portrait 名前のとおり、アブスターゴ社のエンジニア。
初日に主人公のアニムスを調整している姿が見られる。
その後、主人公に「ちょっとした頼みごと」をしてくるようになるが、途中から態度が豹変し……


<Shaun Hastings(ショーン・ヘイスティングス)>

※portrait シリーズお馴染みのレギュラーキャラ。
今作ではバリスタとしてアブスターゴ社に潜入中。
日記いわく、主人公は彼をダンディだと感じているようだ。


<Rebecca Crane(レベッカ・クレイン)>

※portrait シリーズお馴染みのレギュラーキャラ。
今作では配達人としてアブスターゴ社に定期的に訪れる。
ショーンとのかけあいは健在。


<DM.RL.JM>

※portrait データベースの解説を補足している複数の人物。
前作までのショーンのような役回りだが、実際に会うことは不可能。
略称でしか呼ばれず、現実世界で閲覧できる資料にも該当する人物はいない。


<同僚>

※portrait 主人公のPDAにメッセージを送ってくる複数の人物。
実際に会うことはできないが、彼らの会話から社内の雰囲気が伺える

コメント欄

名前:



|