ACAnniversary-Connor Render

コナー/ラドンハゲードン

(Connor/Ratohnhakéton 1756-?)

イギリス人のへイザムとネイティブ・アメリカンのガジージーオを両親に持つ。

自然と共に暮らす彼であったが、ある日何者かに集落を焼き払われ、母を失う。成長した彼は第一文明人の秘宝に導かれ村を発つ。

その後アキレスに師事し、アサシン教団のアサシンとして成長した。コナーの名はアサシンとしての師、アキレスから便宜上名付けられたもので、公式などで紹介される「コナー・ケンウェイ」という名は厳密には誤りである。

ちなみに「ラドンハゲードン」とは、モホーク語で「傷のある人生」という意味である。

自然を愛するモホーク族出身で自分達の文化に誇りを持っている為か、非常に慈悲深い性格で暗殺をあくまで最後の手段として捉えている。
アメリカ独立にあたって、自分達ネイティブ・アメリカンの居場所を少しでも作るためにアサシンになることを決意するが、理想を追い求める自分と現実に生きる人々との軋轢に苦しむ事となる。

|