The Vial(血の小瓶)



Le Fiale erano manufatti progettati dalla Prima Civiltà.
Quando utilizzate in combinazione con un Teschio di Cristallo, creavano un potente strumento di spionaggio.

血の小瓶は、第一文明人によって設計されたアーティファクトである。
彼らは、水晶の髑髏と組み合わせることで強力なスパイツールとして機能するこの装置を作り出した。

Ogni Fiala era un cubo di cristallo progettato per contenere alcune gocce di sangue di un individuo.
Quando una Fiala veniva inserita in un Teschio di Cristallo, proiettava un ologramma che mostrava ciò che quella persona stava attualmente vedendo.

水晶の立方体のような見た目を持つこれらの血の小瓶には、それぞれ個人の血液を数滴含めるように設計されている。
血の小瓶は、水晶の髑髏の中に設置すると、その人物が現在見ているものをホログラムとして投影する。

Il Teschio fu l'elemento centrale di un santuario della Prima Civiltà vicino a Tulum.
Un tempio Maya era stato costruito al di sopra del sito, e gli Assassini Maya vivevano in un villaggio vicino per proteggerlo.

水晶の髑髏はトゥルムにほど近い第一文明人の聖域の中心に安置されていた。
マヤ文明の寺院はその場所の上に建設され、その場所を守るためにマヤのアサシンたちはその場所からほど近い村に定住していた。

Si diceva che solo una figura leggendaria chiamata il Saggio potesse aprire il santuario e controllare il suo sistema di sicurezza.
Una incarnazione conosciuta di questo Saggio era il pirata Bartholomew Roberts, e un altro fu un dipendente Abstergo conosciuto solo come "John dell'IT".

伝説では、その聖域の警備システムを突破し開くことができるのは、賢者とよばれる人物のみであると伝えられている。
この言い伝えを体現する人物として知られているのが、海賊であるバーソロミュー・ロバーツであり、そしてもう一人は、アブスターゴの従業員であった「IT部門のジョン」である。

I manufatti cambiarono possessore più volte nel corso del primo Settecento.
Per un certo periodo, Bartholomew Roberts tenne il Teschio con sé, facendo di sé il pirata più efficiente della storia.

また、血の小瓶は18世紀初頭の間に数回、所有者を変えたと思われる。
バーソロミューロバーツは、歴史上で最も効率的な海賊団を率いたが、それは水晶の髑髏によってであった。

Edward Kenway riconquistò il Teschio e lo restituì al santuario.
Tuttavia, in quel momento la collezione di Fiale conservate all'interno era scomparsa.

エドワード・ケンウェイは水晶の髑髏を取り戻し、聖域に足を運んだようだ。
だが、その時点で集められ、保管されていた血の小瓶は既に失われていた。

L'attuale posizione del santuario, del Teschio di Cristallo, e delle Fiale è sconosciuta, ma è al centro di ricerche intensive sia da parte degli Assassini che dei Templari.

聖域の現在位置、水晶の髑髏、血の小瓶の行方は共に不明であり、テンプル騎士団とアサシン教団、双方にとって注目すべき研究の焦点である。

◆ ◆ ◆




|