The Scoundrel: Edward's Story(ならず者:エドワードのストーリー)





1 - THE SCRAPPY YOUNG WELSHMAN(けんか好きなウェールズの若者)

Swansea // Wales // 1693-03-10
スウォンジー // ウェールズ // 1693-03-10


Edward James Kenway was born on 10 March 1693 in Swansea.

エドワード・ジェームズ・ケンウェイは、1693年3月10日にスウォンジーで生まれた。

His father was Bernard Kenway of Manchester and his mother was Linette Hopkins of Cardiff. At the age of ten, the Kenway family moved to a farm just outside of Bristol.

彼の父親はマンチェスターのバーナード・ケンウェイで、母親はカーディフのライネット・ホプキンス。10歳のとき、ケンウェイの一家はブリストル郊外の農場に移住する。

Although his parents were proud of their modest, but honest lifestyle, the move affected Edward's mood and he became more and more rebellious.

彼の両親は親切で正直なライフスタイルを誇りに思っていたが、その傾向はエドワードの気性に影響を与え、彼はますます反抗的になった。

By the age of 16, Edward spent as much time away from the farm as possible, getting into trouble in the excitement of the city and its rough company.

エドワードは16歳になり、多くの時間を農園から離れて過ごしていたが、そのうち荒くれた者たちとの付き合いと街のもめ事に関わるようになり、街にとって悩みの種となった。


2 - IN DEFENSE OF ROSE(ローズを救う)

Alveston // England // 1711
アルヴェストン // イングランド // 1711


In his cups at the Auld Shillagh pub, Edward noticed that three of his enemies, Tom Cobleigh, his son Seth, and a man named Julian, were happily getting a young maid very drunk, with less than honest intentions.
When they dragged her out of the pub, Edward followed them and confronted them in the street.

オールドシュレイラのパブでエドワードが杯を傾けている時、トム・ゴブレー、その息子のセス、ジュリアンと呼ばれる男の3人の天敵が、首尾よく捕まえたらしい若いメイドを酔わせているところを目にする。
彼女をパブから引きずるように連れ出そうとする彼らを見たエドワードは、3人の後をつけ立ち向かった。

While he knew he was outnumbered, Edward spotted a rider approaching in the distance, and attempted to stall for time in the hopes that the stranger would come to his aid.
Although he landed the first strike, Edward was quickly overwhelmed by the three men and received a sound thrashing.

相手の数が多いことを知ったエドワードは、遠くから近づいてくる見知らぬ人物からの援護を願い、時間を稼ごうとした。
最初の一撃を受け流したエドワードが、3人の素早さに圧倒されるなか、鞭打ちの音が鳴り響いた。

As expected, the rider arrived and intervened, but it was not a man, rather a woman of some social stature.
She quickly sent the Cobleighs running, and introduced herself as Caroline Scott, whose family lived on Hawkins Lane in Bristol.

待ちに待った馬の乗り手が助けにきたが、それは男ではなく、より社会的身分の高いと思われる女性であった。
彼女は素早くコブレーを追い立て、自分はキャロライン・スコットで、家族はブリストルのホーキンズ・レーンに住んでいると自己紹介した。

She thanked Edward for looking out for the young woman, who was her family's maid, Rose.
Edward asked if he could see her again when he was more presentable, but Caroline informed him that her father wouldn't approve.

彼女は、エドワードが彼女の家族のメイドであるこの若い女性を救ったことに対し礼を言った。
エドワードは、自分の見栄えがもう少し良いときにもう一度会うことができないかと訪ねたが、キャロラインは自分の父がそれを許さないだろうと伝えた。

However, it was too late, Edward Kenway was already smitten with Caroline Scott of Hawkins Lane.

しかし時既に遅し、エドワード・ケンウェイはホーキンス・レーンのキャロライン・スコットにすでに心奪われていた。


3 - AT HOME TO MISTER SCANDAL(Mr.スキャンダルの家へ)


Bristol // England // 1711
ブリストル // イングランド // 1711


Edward Kenway's marriage to Caroline Scott was the scandal of Bristol, as she had spurned a life of luxury for a common farmer.
Caroline's parents attended the wedding, though only her mother seemed truly happy.

エドワード・ケンウェイと贅沢な生活を投げ出し、結婚したキャロライン・スコットはブリストル中で注目の的となった。
キャロラインの両親は結婚式を欠席したが、彼女の母だけはこれを本当に喜んだという。

Edward and his new bride moved to an outbuilding on the family farm.
The shack had a badly-thatched roof and walls made of packed mud.

エドワードと彼の新しい花嫁は、家族の農場を離れて引っ越した。
移り住んだのは、ひどい草でふかれた屋根と泥を塗り固められて作られた壁でできた小屋であった。

Dismayed at his lack of prospects to take care of his new bride, Edward began to frequent the inns again, but rather than reliving the mischievous days of his youth, he sank deep into despair and deeper into bottles.

エドワードは新しい花嫁を養える見込みがない自分に失望し、癒しを求め青春期の災いをむしかえすように再び酒場を転々とし始めたが、絶望はむしろ酒瓶よりも深く沈み込んでいった。

Edward felt that his only hope to provide the life he felt Caroline deserved was to become a privateer, but Caroline was not keen on the idea.

エドワードは、彼女の生活を支える唯一の希望が私掠船員になることだと考えたが、キャロラインはこの考えに賛成できなかった。


4 - IT'S NOT ABOUT NEED(そんな必要なんてない)


Bristol // England // 1712
ブリストル // イングランド // 1712


Caroline Scott asked her husband Edward Kenway if privateering was dangerous.

キャロライン・スコットは夫であるエドワード・ケンウェイに私掠船は危険ではないかと訪ねた。

Edward confirmed the danger, but stressed that the rewards were worth it, vowing that it would elevate their lives from their current modest conditions, in a way that service in the King's Navy would not.

エドワードはもちろん危険だと話し、しかし、王立海軍の仕事では得られなかった報酬を得ることができ、それには命をかける価値があると強調した。

Caroline reluctantly allowed Edward to pursue this dream, but made him promise that he wouldn't be away for longer than two years.

キャロラインは、エドワードがこの夢を追い求めるのをしぶしぶ許したが、2年以上長くは続けないことを約束させた。


5 - DISASTER AT CAPE BONAVISTA(ボナビスタ岬での災難)


Cape Bonavista // Cuba // 1715-06
ボナビスタ岬 // キューバ // 1715-06


Against Blackbeard's advice, Edward decided to serve on a ship under the command of Captain Bramah.
They were attacked by the Royal Navy, and Edward spotted a mysterious hooded figure on one of the British ships.

エドワードは、黒髭の助言でブラマー船長の指揮する船に乗船することを決める。
彼らはイギリス王立海軍の襲撃を受け、そのさなかエドワードは英国船の一つにフードをかぶった奇妙な人影を目撃する。

Edward returned fire, and managed to destroy some of the attacking vessels, but the hooded stranger appeared on deck and killed Captain Bramah with a blade mounted on his wrist.
The man made for Edward, but before they could clash, the ship's magazine caught fire and exploded, sending Edward into the water.

エドワードは応戦し、攻撃してくる船をなんとか破壊することに成功するも、フードをかぶった見知らぬ人物がデッキに現れ、手首に取り付けたブレードでブラマー船長は殺されてしまう。
フードの男が振り向き、エドワードは応戦しようとしたが二人がぶつかるより早く、船の火薬庫が爆発し、その衝撃がエドワードを海に吹き飛ばした。


6 - CHASING THE ASSASSIN(アサシンを追う)


Cape Bonavista // Cuba // 1715-06
ボナビスタ岬 // キューバ // 1715-06


Edward surfaced among flaming wreckage and swam to the beach and collapsed, exhausted but happy to be alive.
He was also amused to see the hooded attacker also washed ashore, nursing a wound in his stomach.

エドワードは炎上した残骸が浮き沈みする中、海岸まで泳ぎつき倒れ込み、消耗しきってはいたがまだ生きていることに安堵した。
フードをかぶった襲撃者もまた陸に流れついたようで、彼は胃のあたりをしきりに押さえていた。

The wounded man asked Edward to take him to Havana, offering money.
Edward mocked him, and the man pulled a gun, but it misfired due to wet gunpowder.
The man ran away into the jungle, and warned Edward that he would kill him if he followed.

負傷したその男はエドワードに金を払うからハバナまで連れて行くよう求めた。
エドワードが彼を嘲けると、男は銃を引き抜き撃とうとしたが、火薬が湿っていて不発になってしまった。
男はジャングルのほうへ逃げ、追いかけてきたら殺すとエドワードに警告した。

Edward chased him through the island and caught up to him in a clearing.
After a brief sword fight, Edward killed the man.

エドワードは島の中で彼を追いかけ、開けた場所で彼を捕まえる。
短い決闘の後にエドワードはその男を倒した。


7 - IDENTITY THEFT(成り済まし)

Cape Bonavista // Cuba // 1715-06
ボナビスタ岬 // キューバ // 1715-06


Edward searched the corpse of the hooded man and found a satchel containing a crystal cube, several strange maps, and a letter.

エドワードが、フードをかぶった男の死体を調べると、水晶のキューブ、いくつかの奇妙な地図、小物入れに入った手紙が見つかった。

The letter was addressed to a Duncan Walpole from the Governor of Cuba, Laureano Torres y Ayala, and stated that although Torres wouldn't recognize Walpole by sight, he would know him by his distinctive clothing, made famous by Walpole's secret order.
Torres also promised a reward, if the items in Walpole's possession were delivered in order to further his own secret cause.

その手紙は、ダンカン・ウォルポールからキューバの総統であるラウレアーノ・トーレスへ宛てて書かれたもので、トーレスとウォルポールの間に面識はなく、極秘任務で動くウォールポールの衣装を見れば彼だと分かること。
また、ウォルポールの所持品は、秘密を引き出すために重要なもので、手渡していただけた場合、報酬を約束するとも書かれていた。

Edward decided to assume Walpole's identity to collect the reward. He gathered up Walpole's belongings into the stachel, but tossed the damaged wrist blade into the sand.

エドワードは、ウォルポールの姿を引き継ぎ報酬のため、彼の所持品を集めはじめたが、破損した手首のブレードは砂の上に投げ捨ててしまった。

Edward set out for Havana in the dead man's clothes.

エドワードは死んだ男の服を身にまとい、ハバナへ向けて出発した。


8 - THE AIR ON THE OPEN SEA(大海原の空気)

Cape Bonavista // Cuba // 1715-06
ボナビスタ岬 // キューバ // 1715-06


Edward saw a schooner in a nearby bay.
He also saw British soldiers who were accusing a merchant of piracy, threatening to commandeer his ship.

エドワードは近くの湾でスクーナーを見つける。
また、彼はイギリス兵たちが商人らしき人物を海賊行為のかどで捕らえ、彼の船を徴発すると脅しているのを目にする。

One of the merchant's crew tried to make a run for it and was shot dead.
Edward leapt into action, killed the soldiers and saved the merchant.

商人の乗組員の一人がそれを恐れて飛び出したが、射殺されてしまった。
エドワードは行動に移ると、兵士を倒しその商人を救出する。

While grateful, the merchant lamented the death of the ship's captain, as he had no clue how to sail his own vessel.
Edward introduced himself as Duncan, a man on a secret mission from King George, and offered to pilot the vessel.

彼に感謝した商人だったが、船長は死んでしまっており、自分の船を走らせる方法を失い落胆していた。
そこでエドワードは、自身をジョージ王から秘密任務を請け負ったダンカン・ウォルポールだと自己紹介し、船の操舵師になることを申し出る。

The merchant's name was Stede Bonnet, who was relieved to learn that “Duncan” was not a pirate as he first suspected.
Both men were bound for Havana, and Edward was soon behind the wheel of Stede's schooner.

商人の名はスティード・ボネットといい、最初はダンカンを海賊ではと疑った彼だが、そうではいと知ると安心したようであった。
お互いにハバナへ行くところだったと知った二人は、すぐにボネットのスクーナーへ乗り込み、エドワードは舵輪を手に取った。

The merchant told Edward that he owned a small plantation and made a living selling sugar cane, molasses, and rum, and wondered if he would attract attention from pirates.
Edward chided him, saying that no pirate alive would turn his back on a keg of rum.

ボネットは、自分が農園を所有し、サトウキビ、糖蜜、ラム酒を売って生計を立てているが、やはり海賊から注意を引くのかとエドワードに疑問をぶつけた。
それに対しエドワードは、真に生きる海賊がラム酒に背を向ける訳がないとたしなめた。

As they made for the open sea, Stede marveled at Edward's natural ability for sailing and combat.

大海原に出ると、ボネットは、航海と海上戦術において天賦の才を発揮するエドワードに驚嘆した。


9 - DO NOT GO GENTLY…(見捨てないでくれ…)

Ocracoke // USA // 1718-11-22
オクラコーク // USA // 1718-11-22


Edward awoke on Great Inagua, and was chastised by James Kidd for stubbornly chasing riches instead of nobler goals.

グレート・イナグアで目を覚ましたエドワードは、崇高な大義ではなく、頑に富のみを追い求め続ける様に見かねたジェームズ・キッドから制裁を受けた。

Edward took the Jackdaw and sailed to Ocracoke.
He found Charles Vane berating Ed Thatch for deserting the pirate life.

その後エドワードは、ジャック・ドー号でオクラコークに向け出向。
オクラコークで彼は、海賊としての誇りを捨てようとするエドワード・サッチを罵倒するチャールズ・ヴェインを発見する。

Thatch was pleased to see Edward, but told him that his decision to stay on the island was final.
He told Kenway that Bartholomew Roberts was working on a slave ship called the Princess, before inviting him to celebrate his retirement.

サッチは、エドワードとの再会を喜んだが、島で生活するという決定は最終的な判断だったと語りかけた。
また、サッチは、バーソロミュー・ロバーツがこの引退式を祝う前、プリンセス号と呼ばれる奴隷船で働いていたらしいことをエドワードに話した。

Edward noticed a man acting strangely and followed him back to a group of Royal Navy guards.
Too late, he realized the Royal Navy was there to eradicate Thatch. A signal went out, and several ships began to shell the harbor.

話を聞く最中、エドワードは王立海軍の警備兵のもとへ戻ろうとする不振な男に気づく。
エドワードはイギリス海軍がサッチを根絶やしにするため、近くに潜んでいることに気づくが、それはあまりにも遅すぎた。

Edward and his men boarded a Man-of-War. Despite an intense battle, Thatch was killed, and Edward thrown overboard.
Edward made it to the Jackdaw and escaped to the open sea, mourning the death of his old friend.

信号弾が発射され、何隻かの船が砲撃を始めたため、エドワードと海賊たちは戦いへと繰り出した。
激しい抵抗にも関わらず、サッチは殺害され、エドワードは船外へと投出されてしまった。




|