Altaïr Ibn-La'Ahad(アルタイル・イヴン・ラハド)



Altaïr Ibn-La'Ahad (1165-1257), a distant ancestor of Desmond Miles, brought crucial reforms to the Assassin Brotherhood and expanded its influence beyond its Middle Eastern origins.

アルタイル・イヴン・ラハド(1165-1257)、デズモンド・マイルズの遠い祖先である彼は、中東を起源にその影響力を拡大させ、アサシンとその同胞に重要な改革をもたらした。

Altaïr was skilled but arrogant, the youngest man ever to gain the rank of Master. On a mission to retrieve an artifact called the Apple of Eden, he broke the three tenets of the Assassin's Creed, costing him his status. His task for redemption was to stop the Templars, who were playing the Crusaders and Saracens against one another for control of the Holy Land. Altaïr eventually earned the respect of King Richard, hastening the end of the Thired Crusade.

アルタイルは、史上最年少でマスターのランクに習熟したが、傲慢が男であった。エデンのリンゴと呼ばれるアーティファクトを手に入れる任務の最中、彼は自身の地位を理由にアサシンの信条三原則を破る。罪の償いのため科せられた条件は、聖地支配のために十字軍とイスラム軍双方を操っていたテンプル騎士の陰謀を阻止することであった。最終的に、アルタイルは第三次十字軍の終了を早め、リチャード王の尊敬を獲得した。

The wisdom Altaïr gained let him uncover that his mentor, Al Mualim, was a traitor using the Apple's unfathomable powers for his own selfish desires. After restoring order, he become the Mentor, started a family, and reformed Assassin practices.

そして、覚者アルタイルは、彼の指導者アル・ムアリムが彼自身の利己的な欲望のために、計り知れないリンゴの力を使っていた裏切り者であることを突き止める。その後、彼は徐々に教団を復興させ、良き指導者となり、妻子をもうけ、アサシンの慣行を改革した。

Altaïr dedicated the rest of his life to creating a Codex containing his memories, together with the information extracted form the Apple, in the hopes that future generations would use it to establish Assassin guids throughout the world.

アルタイルは、将来アサシンとなるであろう世代に期待を抱き、リンゴから引き出した未来の情報と自身の経験からなる記憶を含め、手引き書の執筆に残りの生涯を捧げた。

◆ ◆ ◆




|