シャクシャイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐救国の指導者‐ 

シャクシャイン
シャクシャイン+
シャクシャイン++
[英雄]シャクシャイン

剛力
LEGEND
攻撃力:9367
防御力:7732
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃倍

剛力
LEGEND
攻撃力:10772
防御力:8892
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃倍

剛力
LEGEND
攻撃力:12177
防御力:10052
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃倍

剛力
U-LEGEND
攻撃力:14051
防御力:11598
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.4倍

スキル破神の剛弓:味方剛力の攻撃力・防御力特大アップ(発動確立2倍)
ベストポジション:
トレード:可能
入手方法:なし

関連家臣
[信頼]悪路王
[公私の付き合い]アテルイ(静謐を切り裂く幻惑の刃)

蝦夷の地ではアイヌと呼ばれる先住民族が自然と共に暮らしていた。彼らの中でも英雄的な扱いを受けるのがシャクシャインであり、数多の部族を束ねる長として君臨している。幼い身ながらも聡明で、弓の名手でもある彼女の力は外敵からの進行に対する切り札でもある「私がここを支える!負傷者は下がれ、義憤に燃えるウタリは武器を手に前に出よ!」

アイヌの民は本土の人間とも交流があり、蝦夷の地で手に入らない米や鉄を交易でまかなっていた。だが、交易の独占権を得た松前藩の横暴により次々と不利な条件を突きつけられ、温厚なアイヌの民も決起する事になる「遠い祖先の頃よりお互いを尊重し、台東な立場で助け合ってきたのに……欲に囚われし哀れな和人よ、大自然の仕置きを受けるがいい」 松前藩が提示した偽の和議の申し出も、背後に潜む罠の匂いを嗅ぎ取ったシャクシャインに看破される。逆に手痛い損害を与えることに成功し、アイヌの民にとっては大きな収穫となる。だが、この一件によりシャクシャインの和人嫌いはさらに加速する「妖魔ですらこんな姑息な手段は取らない。私は悲しい……そして悪しき和人どもが憎い。もう良き和人達と巡りあう事は叶わないのか?」 並みの男では弦を引くことも出来ない剛弓ウェンテ=イメルを愛用する。足を使った独特な射法により放たれる矢は滅びの稲妻の名を冠する通りに、分厚い甲冑は、勿論、幾重にも編まれた神々の結界すらも容易に貫通する「私のイメルはウタリの敵を等しく貫く……卑怯な和人どもめ、カムイの声が聞こえる限り私は絶対に負けたりはしない!」
備考
・MAXステータス
 攻撃力:14379
 防御力:11870
備考
・MAX2進時ステータス
 攻撃力:19411
 防御力:16024

備考
・MAX3進時ステータス
 攻撃力:22072
 防御力:18220

・MAX4進時ステータス
 攻撃力:22574(計算値)
 防御力:18634(計算値)

備考
・MAX4進時ステータス
 攻撃力:25214
 防御力:20814

・MAX6進時ステータス
 攻撃力:25981(計算値)
 防御力:21449(計算値)

・MAX8進時ステータス
 攻撃力:
26081(計算値)
 防御力:21531(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)