悪路王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐北方三傑‐ 

悪路王
悪路王+
悪路王++
[武侠]悪路王
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 

技巧
HS-RARE
攻撃力:6530
防御力:5767
戦力:26
ベスポジ効果:なし

技巧
HS-RARE
攻撃力:7509
防御力:6632
戦力:26
ベスポジ効果:なし

技巧
HS-RARE
攻撃力:8489
防御力:7498
戦力:26
ベスポジ効果:なし

技巧
LEGEND
攻撃力:9795
防御力:8651
戦力:26
ベスポジ効果:なし

スキル:破極の絶刀:相手魔術の防御力超特大ダウン
ベストポジション:なし
トレード:可能
入手方法:ガチャ

関連家臣
[気がかり]氷葬刀 雪月花
[戦友]アテルイ

北陸地方において村々を襲撃し、女子供をさらっては人間を苦しめた悪鬼とされる。だがこれは時の権力者が流布した物であり、実際の正体は辺境の地にて人間と妖魔の間を取り持ち、誰からも愛され、敬われる鬼であった「お前がここで倒れたとして残された女房と子供はどうなる?この場は任せておけ、その故郷を愛する気持ちは我が引き継ごう」 薄いながらも龍族の血を引く悪路王は高潔な魂の持主であり、鬼として見れば小柄なその体にも並々ならぬ実力を宿す。手にした刀による近接戦闘を得意とし、瞬く暇も許さない速度で的に肉薄しては一刀の元にその命を摘み取る。力、速度、技のどれもが人智を逸脱しており、戦場で彼女を敵に回す事は死を意味する「鬼の身なれど守るべき物がある以上、この膝を折る訳にはいかん。往くぞお前ら、我に続け!」 悪路王の統治する両地では古くから人間と一部妖魔の共存が成されていた。祖先から伝わる知恵を使い、自然と共に生きる民の生活は、都の華美な生活と比べれば質素で原始的である。それでも悪路王の庇護の元に慎ましいながらも幸せな生活を送っていた「お前の息子も立派に育ったものだな。我としては槍よりも鍬を握って欲しかった所だが……そうも言っていられない状況だ、すまぬな」

やがて悪路王の領地にも、時の権力者が討伐軍と称する侵略軍が差し向けられる。彼女は僅か数千の戦力で十万の大群と互角に渡り合うも、犠牲の大きさを顧み、人の営みより身を引く決意を固める。多数の反対を押しのけながらも以後は人の統治者ではなく、一人の妖魔として歩みを進める事となった「今生の別れでもあるまいに、そんな悲しそうな顔をするな。我も討たれてやるつもりなど更々無いのでな」

備考
・MAXステータス
攻撃力:10616
防御力:9377
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:14332
防御力:12658

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:16295
防御力:14393

・MAX4進時ステータス

攻撃力:16666(計算値)
防御力:14721(計算値)

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:18616
防御力:16442

・MAX6進時ステータス
攻撃力:19182計算値)
防御力:16944(計算値)

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
19256(計算値)
 防御力:17010(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)