データベース チベット資料


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

§1 文法・文論関係
§2 チベット大蔵経関連
§3 チベット学関係 

 


 

§1 文法・文論・WEB辞書
 
星研究室
日本のチベット学(言語学としての)の権威です。
現代語のチベット語の動詞辞書があります。動詞の含意する意味を理解するのに有益です。
 
NIARTHA
チベット語のオンライン辞書。ダウンロードも可能。諸々のOSやソフトに対応。
 
HimarayanLiberary
チベット語のオンライン辞書。瑜伽師地論を引いている。

 


§2 チベット大蔵経関連

 

大谷大学西蔵目録
http://web.otani.ac.jp/cri/twrp/tibdate/search.html
大谷大学のチベット大蔵経目録。諸版に対応。

 
大谷大学所造西藏大藏經
大谷大学において2010年に科学研究補助費(研究成果公開促進費)を受け、以後、北京版チベット大蔵経のデジタル画像化を推し進めている。現在はテンギュルのうち中観部および唯識部の画像データが公開されている。人員と予算の問題より重要な典籍より徐々に進行する見込みらしい。
予てより西藏大藏經影印北京版は読みづらい箇所や、影印出版際に若干の加筆修正が行われている事などが問題視されていたが、これによりより原典に近づいた研究が可能になった。また、本家永楽版は中国が所持しているが非公開である。
 
ACIP
チベット大蔵経データベース。登録が必要。蔵外文献は永遠の未実装。
 
 
TBRC
チベット語の何か。登録が必要。たまにローマナイズのデータベースに行きつけるが、行きつけないこともある。使い方がよくわからない。今度じっくり見てみます。
 
大谷大学西蔵研究所
大谷大学のチベット研究所、蔵蔵文献のいくつかの校訂テキストデータがダウンロード可能
 
 

 
§3 チベット学関係
 
テングリノール
佛教大学の東洋学に所属している大学院生のホームページ。
チベット史学に関する情報を多く記載。