論文検索システム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは論文検索システムの案内を行います。

論文検索システムは国内外に様々なシステムが存在しますが、日本・アジア・西洋の論文を網羅的に検索するシステムは今だに成立していません。そのために各地域ごとの論文検索が必要となります。
それでも、調査対象雑誌以外に掲載された論文は検索はされないので、下記のシステムを全て利用したとしても目的の論文が見つからないこともあります。
最新の研究を参照する場合は最新のその分野における博士論文を入手する事が最も便利です。

§1 日本のデータベース
§2 アジアのデータベース
§3 西洋のデータベース

 


§1 日本のデータベース

INBUDS
http://www.inbuds.net/index.html
言わずと知れた仏教学系論文検索システム。

 
CINII
日本の論文の検索システム。漏れが多く、不備が多い。本文PDFがダウンロードできる論文も確認される。
また、大学図書館所蔵の書籍の検索システムも備えている。こちらは漏れは無い。
 
 
東洋学文献目録Ver7.
東アジア情報センターが運営する東洋学の文献目録の検索システムです。
仏教学は網羅的ではありませんが、他先行からの仏教学へのアプローチを拾うことが可能です。
 
博士論文書誌データベース
国が運営する博士論文のデータベースです。
些か検索の設定が特殊らしく、色々な検索ワードを試してみる必要がある。
 

 
§2 アジアのデータベース
 
Digital Buddhist Library and Museum(台湾仏教学研究中心)
台湾の大学が設立した論文検索システム。中国語と英語での利用が可能とあるが、ある程度は日本語での検索も可能(日本のデータベースも踏襲している為)。
 
CAJ(中国学術雑誌全文データベース)
中国国営の総合的な学術論文検索サイト。論文の検索までであれば無償無登録で利用可能。
本文の公開も行っているが、そちらの利用に際しては有償登録が必要。中国の雑誌を完備している図書館は少ないので有償登録も有益である。
 

 
§3 西洋のデータベース
 
JSTOR
米国の非営利団体によってつくられているサイト。主に西洋の人文系の論文の検索が可能。
また、登録が行われている大学のインターネットから接続すると論文のPDFデータのダウンロードが可能です。
個人が利用する分にも登録をする事によって制限がかかった状態ではありますが、データの閲覧が可能と思われます(未確認)。
 
NII-REO
国営サイト。日本の学術機関に海外の電子論文の公開を行うことを目的としている。
主に海外の雑誌の論文を検索することが可能であり、またその雑誌がPDFの公開を許可していればPDFをダウンロードする事が可能。しかしながら論文提供の大手であるkluwer onlineは論文の販売を行っており、購入をせがまれることが多く不便。