コラム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

本箇所では仏教学に関するコラムを幾つか書かせて頂く予定です。
仏教学は他の学問と違い、あまり世間的な学問ではありません。
仏教学が用いる方法論は他の文献学が用いる方法論と何ら大差なく、あえて入門書を書こうというスキモノはいらっしゃいません。
しかしながら、研究に用いる資料は漢文やチベットやサンスクリットやパーリ等多種を極め、それらの言語は一般的ではないので概説書が乏しいのが現状です。
そこで本コラムでは、研究を増進する上で最低限知っておきたい資料の探し方、扱い方について述べようと思います。
仏教学や印度学を学部で所有している大学では基礎ゼミ等の学科基礎科目で講義履修があるようですが、他では先輩や指導教授やODの方々からの口伝にとどまっている事が多いみたいなので、
研学を志す人たちのために、自分が先輩や指導教授やODの方々から頂戴した方法論を公開しようと考えております。