仏教学関連学会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 日本における仏教学の歴史は深い。古くは南都六宗を始めとする伝統的仏教学が存在し、江戸時代に日本仏教各宗派の檀林の整備にともない仏教学の研鑽が活発化した。明治に至れば西洋の学問の流入に伴い神学の方法論を踏襲した文献学的な近代仏教学が流入した。
そして今に至り伝統的な仏教学と西洋的な文献学が合致した日本の仏教学として多くの大学や研究機関や宗教機関において研究が進められている。

ここではそのような多岐に渡る日本の仏教学関連の学会を紹介しようと思う。

 

§1 印度学・仏教学系の学会
§2 アジア学系の学会
§3 日本文化系の学会
§4 その他関連のある学会