マスター用特殊設定一覧表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊設定

付加する事で特定の人物と最初から知り合いだったり、アナタの人となりに作用するほかにもまぁ色々な効果があります。また、特定の設定を付けている事が使用条件のスキルも存在します


名称 フレーバー 条件 効果
学生 アナタは冬木の学生だ。普段は学校に通い、教育を受けている なし 朝から夕方の時間帯に学校への出入りが自由になる
拾われた命 アナタはある人物に救われた。あの人が拾ってくれたから今の自分が居る 家系判定1 付けた際にアナタを拾った人物を選択。その人物に対し初期感情《親愛:恩義》を習得
ゴーストファイター アナタは歴史の表舞台から存在を抹消された幻影……故に、貴方を知るものは余りにも少ない 家系判定7以上 付けた際に名のある一族を1つ指定。貴方はその一族の出身となる。その一族由来のスキルを得られるが、もしその一族の出身者と敵対した場合戦闘補正に-2(状況によっては解除される)
洗脳されし者 奴等は屑だ、奴等は猿だ、奴等は……」 家系判定4以下、素質判定6以上 付けると強制的に家系が1に、素質に+2される。付ける際に「魔術師」「性別」「家系」「英霊」の内いずれかを選択し、選択した相手との戦闘時コンマに+2、感情判定に-2(但し、判定によっては押し殺している扱いに成る事も)
人工の命 アナタは人の子に非ず。人の手により作り出された命の既製品 家系+素質が偶数 家系の値が9,0の場合はアインツベルン製となり素質に+2される。素質値が5以下なら補正なし、素質値が6以上8以下なら+1、9,0なら+2の戦闘補正が追加される。生存判定に失敗した後も2行動のみ許されるが2行動目終了時に死亡
時計塔講師(ロード) 魔術師として人を教える立場にあるアナタ。無論実力も折り紙付だ 家系7以上、素質7以上 装備時に他の講師や時計塔生徒の関係判定を行う。礼装を所持できる。サーヴァントが正規枠の場合、決定されたクラスを打ち消して好きなサーヴァントの触媒を用意できる
聖職者 我が祈りは神のために。そして人の幸福のために……ただし異教徒と化け物には暴力を振るっても良い 家系2以上 聖職者としての教義に反する行為は全て判定に成功せねば行えず、3回教義に反する事を行うと歪む。素質もしくは身体性能6以上でこれを取ると黒鍵が使用可能になり戦闘判定に+1。素質もしくは身体性能8以上でこれを取ると【代行者】となり更に聖遺物礼装などの+要素を得る事が出来る。家系6以上、素質と身体性能8以上でこれを取ると聖典ゲット
破綻者 アナタは人としては有り得ない有り方をしている。それは破綻と呼ぶ他ない 家系奇数、素質偶数 装備時に判定を行い善悪どちら側かを決定し、それにより効果は変動する
正義を憎むモノ ――未来が憎い、偽善が憎い、正義が憎い、温情が憎い、愛が憎い――!アナタは執拗なまでに光を憎む。それしか生き方を知らないかのように 家系が偶数且つ家系+素質が7以上 裏切り、襲撃などの悪属性の行動に対し+1、憎悪の度合いを判定にて決定する。高ければ高いほど善を見逃すという行動を取らず、極端な行動に出ることもあるだろう
悪への憎悪 憎い憎い憎いニクイーーー!!貴方はひたすら悪を憎む、過去に何かがあったのかもしれないし、あなた自身が悪と対極にいるのかも分からない。この胸を焼くのはただひたすら燃え盛る憎悪の炎…… 家系が奇数且つ家系+素質が7以上 悪を相手にしたとき攻撃に+2、防御に-2感情判定に-4され、憎悪の度合いを判定にて決定する。高ければ高いほど悪を見逃すという行動を取らず、極端な行動に出ることもあるだろう
死徒 夜の街を闊歩し人の生き血を啜る……死体から始まり屍人を経てここに至った。何も知らぬ人間はこう呼んだ――吸血鬼、と 素質6以上、身体性能6以上 装備時に更にアナタの死徒としての強さを判定する。生判判定、及び戦闘判定に+1、各日終了時に判定を行い、失敗すると吸血を行う。場合によっては討伐令を受けるため注意
空想の産物 気付けばそこに居た。アナタは人々の噂や強い願望によって成り立っている。アナタを構成しているものこそが力だ 家系1 装備時にアナタを構成する噂や願いを決定し、それによって対応した力や行動理念を得る。死亡した場合、ストーリーに一回だけ判定ができ成功すれば死亡は無効になり――復活する(死んでないわけではないが残機は減らない)
傭兵 アナタは金さえ払ってくれるならば誰の下にでもつく――冷酷で残虐な一兵卒として 家系が奇数かつ身体性能6以上 戦闘レンジが3以下のとき、近接戦闘に+1、戦闘レンジが7以上のとき、戦闘に「銃」を用いる事が可能。逃走、生存判定に+2。装備時に雇い主を一人選択する。雇い主の命令にアナタは絶対に従うが、アナタ自身に著しい損害を与える命令を受けるなどある一定の状況下で裏切りを選択できる
ブシドースタイル 果し合いを所望する! 強さを求めた、その先にある極みを! 斬り捨て御免! 素質判定が奇数 武士道に関係する行動全てに+1補正。但し、アナタが外国人の場合サムラーイと化すので注意
キシドースタイル 私は、選ばれし騎士なのだ! 素質判定が偶数 騎士道に関係する行動全てに+1、3騎士を優先的に召喚可能に
護るべき者 ――あぁ、絶対だ。何があっても君だけは護りきる 家系+素質が9以上の奇数 装備時にキャラクターを一人選択し、【信頼】を得た状態でスタートする。異性ならば【愛情】をつけても良い。そのキャラクターを護る(共闘も可)際に+2。そのキャラクターと同じ戦場に居るとき、そのキャラクターが攻撃などに対して生存判定に失敗した場合、判定を行い成功するとアナタは庇う。勿論アナタも生存判定に失敗すれば死亡する。そのキャラクターが死亡した場合、【君の為なら】へと変質する
君の為なら ゴメンよ、君を護れなくて。絶対に君を取り戻すから――ほかの全てを犠牲にしようとも :「【護るべき者】で選択したキャラクターが死亡 他の全ての関係を消滅させ感情判定以外のあらゆる判定に+3。コンティニュー不可
混血 純粋な人とは呼べやしない。アナタの血は、物の怪との混ぜモノだ 家系+素質+身体性能が12以上の偶数 装備時に何との混血化を設定する。その対象に応じた能力を得るが、モノによっては暴走する場合もある。また、能力の強力さは素質値=血の濃さにも影響する
忍者 忍ぶ者、それが忍者。闇に隠れ時には諜報、時には間者、そして時には暗殺者として動く 家系が奇数、身体性能が偶数 付ける際に判定を行い、失敗すると汚くなる。奇襲判定に+2、相手の奇襲判定に-2且つ相手の奇襲失敗時にカウンター可能、戦闘レンジが6以上なら【投擲:クナイ、手裏剣】を付加できる
汚い忍者 ハッハッハッ何処を見ている!?私はここだぁ!! 忍者の判定に失敗 戦闘判定に+1、防御大成功以上でカウンター成立。戦闘レンジ6以上なら【投擲:網、クナイ(炸裂)】を付加できる。戦闘レンジ0なら【ゲルマン忍術】
暗殺者 殺すためだけに生まれ、殺すためだけに育てられた。貴方の技は、殺すためのもの。戦うためには――非ず 素質が偶数かつ身体性能+家系が奇数 戦闘レンジによって武装を得られる。奇襲判定に+3且つこの補正によって0になる。戦闘判定に-2。アサシンを優先的に召喚可能
武力介入を行う者 アナタは全ての戦争を許さない。故に、武力を持って戦闘行為を叩き潰す 家系、素質、身体性能が共に奇数 接敵判定成功時、必ず戦闘中に遭遇する。その状態なら必ず奇襲を行え、別判定に成功すれば奇襲時の攻撃判定が必ず0(クリティカル)となる。他者からの感情判定は基本的に-2されるが、アナタに救出された等の条件や-2の状態でクリティカルが出た人間に対しては補正は無くなる
狂人 狂ってる……狂って狂ってくるくるくるくる…… 素質0 付ける際に狂気度を判定、それによって性能が変化する。バーサーカーを優先的に召喚可能
転生者 魂の因子を引継ぎし存在。それは往々にして唯人には育たない 素質か家系判定が0 習得時に枠を判定する。枠は3種類(鯖枠と同じ)だが、いわゆる名有り(武将など)は選べない。どのモブかは安価。F=fate世界のモブ英霊。出身が同じサーヴァントとは面識があるかもしれない、W=モブ英霊ではあるが、fate世界ではないのでアルトリアちゃんとかとは絶対に面識がない、C=他作世界のモブ。同じ作品出身のサーヴァントとは面識があるかもしれない。習得時にさらに戦闘力などをサーヴァントの素質判定として行う。5以下なら補正なし、素質値が6以上8以下なら+1、9,0なら+2の戦闘補正が追加される。その後判定を行い、成功した場合転生前の姿についてキーワードシステムを適用する
バグズ手術 ――かかって来いよ、英霊 素質か身体性能7以上、家系4以下 条件:習得時にベースとなる虫を選択、それに応じた特技を得る。尚、素質0の場合にのみ設定名が【MO手術】に変化、虫以外の生物も選択可能になる。「25億の生命が燃え盛る地球を、あんまりナメんなよ――!」
獣の子 山に捨てられ、獣の乳を吸い、弱肉を喰らい強者となった。人の世にはもはや混じれぬ 家系1、身体性能6以上 コミュニケーションが取りにくい。戦闘判定に+2、撤退判定に+2、探索判定に+3。極稀に感情「忠義」、「妄信」を獲得することがある
根源接続(弱) 魔術師ならば誰もが目指すという根源。貴方はそれとほんの少しばかり繋がりがあるようだ 素質判定9以上 装備時に何か大魔術を一つ習得できる(【固有結界】【魔眼】など)、知識判定に+2、戦闘判定に+1。根源との繋がりは強まる可能性がある
魔術師的思考 他者より上へ。他者より早く。優越であることこそが優秀さの証明なのだ 家系判定、素質判定が共に6以上 友好判定に-2、魔術を用いた戦闘判定に+2。判定に成功すれば魔術礼装を所持可能
異分子 あなたはあらゆる意味で異分子だ。存在しないはずの参加者であり、存在しないはずのクラスを操る 家系、素質、身体性能のうち1つ以上が0 貴方は「8人目」として登場する。使用サーヴァントクラスはイレギュラー固定で安価により決定する。敵マスターとの初回感情判定に-2
蟲蔵に住まうモノ アナタは苦痛と快楽の中で力を蓄える。それが間桐の意向ならば 家系8以上、素質奇数もしくは0 装備時に間桐家の住人との感情判定を行う。素質に+2、蟲を使用することで戦闘判定に+1。修正後の素質値が7を超えた場合、桜の境遇に変化が現れる。また素質0以外の場合、間桐の意向から逆らうことはできず逆らえば生存判定を行う
遠坂の関係者 常に優雅たれ。アナタはそんな遠坂の家と親しい関係にある 家系7以上、素質偶数または1 装備時に遠坂家の住人との感情判定を行う。素質4以上であればスキル【宝石魔術】の習得条件を無視して獲得しても良い。時臣と桜の感情判定に成功した場合、分家となり桜はその家の住人となる
アインツベルンの魔術師 天の杯の実現。アナタはそのためにここへ来た 家系8以上、素質5以上 装備時にアインツベルン所属キャラとの感情判定を行う。セラ、リズとの関係が【友好】以上ならば戦闘に参加してもらえる
墓場泥棒 祟り?そんなもんねぇよ。あるのは死体と、宝の山さ 家系5以下、身体能力4以上 大きさ年代問わず「墓」とされる場所から遺品などを盗むことにより、己の武装を増やしたりできる。スキル【ネクロマンサー】を所持している場合死体も価値あるものとして盗めるようになる。また知識判定に成功し、望むのであれば、本編を聖杯戦争2日前からスタートしサーヴァントの触媒を探しても良い
ルーザー 『僕は生まれながらの敗者だ』『だから、ほら』『また勝てなかった』 家系、素質、身体性能のうちどれか一項目でも1がある あらゆる判定に-3。一度だけ、0を1として扱う。連続で失敗したとき、2回目の失敗の値が1回目の失敗の値より低ければ、それを成功として扱っても良い。全ての行動がバッドエンドに繋がる。聖杯は泥固定
冷静な思考 勘じゃないよ、頭の回転が速いんだ 素質+身体性能が12以上 悪い結果につながりそうな選択を冷静に考え直し、「実行する/しない」という選択肢を発生させることができる。戦闘判定に失敗した時、その失敗が生存判定に繋がるものならば一度だけ安価の上下のレスのコンマから最も良いものを採用する
アンティーク収集家 貴方の趣味は集め飾ること。この品を見てくれ、歴史を感じないか――? 家系2以上、素質+身体性能が奇数 安価で決めた、古い時代のものを1つ所持した状態で開始。触媒として用いるも良し、礼装として使うも良し。また、物品の探索判定に+1
伝承保菌者 英雄の因子、種子。アナタが担うのは現在の世界では及びも付かぬ太古の神秘―― 家系8以上、素質7以上 サーヴァントを一体指定し、次のうちどちらかを得る。●そのサーヴァントの宝具を付与●かならずそのサーヴァントを召喚する
リアリスト ロマンなど知ったことか。誇りなどくだらない。アナタは手段など選ばぬリアリストだ 家系・素質・身体能力のうち2つが6以下 不意打ちや騙まし討ちなどの汚い行為を行えるが、同盟を組むことが出来ない。コンティニュー回数が1日に2回になる
精神的超人 例え世界が滅ぼうとも……俺は絶対に妥協はしない 家系3以下、素質3以下 自由安価で『確立した自らの意思』を一つ設定し、その意思に沿った行動に+3。ただし意思に反する行動および初対面時の相手→貴方の感情判定は必ず失敗する
軍人 あなたは何処かの国に所属する軍人だ。与えられた任務を遂行する事が全てだ 家系が偶数かつ身体能力6以上 装備時に所属を決定する。アナタの願いは最初「聖杯を持ち帰ること」に固定。戦争中はコンマ判定で何人かバックアップの人数が決まり探索や情報収集で+判定が付く。優先的にアーチャー・アサシン・バーサーカーを召喚できる。また、コンマ判定次第で重火器や戦闘車両を手に入れることも可能
機械の体 人の体に機械を組み込んだのか、それとも元から機械だったのか。貴方はヒトガタだ。人ではない 素質+身体能力が10以上 装備時に判定を行い失敗ならロボット、成功ならアンドロイド、大成功以上ならサイボーグとなる。ロボットは魔術を使えないが必ず戦闘レンジに応じた武装を手に入れることが出来、スキル【過剰兵装】を得る事が出来る。アンドロイドは素質次第で魔術も行使できるが、武装には判定が必要。サイボーグは素質が低くても多少強力な魔術を扱えるようになる。共通して戦闘判定+1。ロボット、アンドロイドの場合、貴方からの感情判定は-2。アンドロイド、サイボーグの場合は生存判定+1、ロボットの場合+2。サイボーグの場合は戦闘時の-補正を-1まで打ち消せる
医者 アナタは殺すものではない。あくまで癒すものだ。この戦争の中でもそれだけは変わらない 家系+素質+身体能力が11以上の奇数 装備時にどの程度優れた医者かを判定する。全ての人間(医者判定8以上で自分も含む)の生存判定失敗時にもう一度判定を行い、成功すると【瀕死】状態になる。【瀕死】状態の人間に2ターン以内に応急処置を宣言する事で判定を行い、成功するとその人間は助かる
改造人間 説明しよう!アナタは人でありながら人の手を加えられた改造人間である! 家系が3以下もしくは8以上、素質奇数 改造具合を装備時に判定し、改造内容数を決定する。その数だけ安価を使用してサーヴァントエディット方式で改造内容、その結果などに関係する設定を取り付ける。設定は統合され、改造された後のアナタを形作る
どんかん ……ん、ごめん。何か言ったか? 家系、素質、身体能力、戦闘レンジのうち2つ以上が同じ 精神干渉・精神系バッドステータスを完全にシャットアウトするが、恋愛感情に気付けない。初対面時の貴方→相手の感情判定は普通で固定され、最高でも友好どまり。他人に対する恋愛感情を通常は取得できず、相手の告白も必ず聴き取ることが出来ない。最早呪いの域
強欲 ――それいいな、俺によこせよ 素質5以上、身体能力5以上、戦闘レンジ3以下 戦闘中大成功時に強奪判定を行い、成功で武器を奪いその後の戦闘判定に+2。気に入ったならその武器はその後も持ち続ける事が出来、要らなければ破棄できる。また、素質7以上で大成功かクリティカルが2連続で起きた際、令呪を奪ってサーヴァントの略取が可能
起源覚醒者 貴方は自分の起源「ルーツ」を知っている。知ってしまったが故に生き方まで引っ張られる羽目になったが 素質8以上 装備時に安価で1つ起源を設定する。貴方の性格や戦闘方法、その他性能がその起源により変化する
絶対悪 正義は殺せ。日和見者も全て殺せ。この世に生きる資格があるのは我々『邪悪』だけだ 設定【正義を憎むモノ】の憎悪判定で0を出す 悪属性の行動に+3し、殺すか否かの選択肢が出現せず必ず苦しませて殺す。サーヴァントを召喚する際、【反英霊】もしくは【黒化したサーヴァント】を優先的に召還する事が出来る。感情判定に-3、しかし感情判定で0が出た者だけは殺す事が出来ずに揺らぐ
絶対的な正義 悪は敵だ、悪は殺せ、疑わしきは根絶やしにせよ――正義の為に、『正義』のために、『セイギ』ノタメニ―― 設定【悪への憎悪】の憎悪判定で0を出す 正義属性の行動に+3し、悪人を殺すか否かの選択肢が出現せず必ず殺す。サーヴァントを召喚する際、【反英霊】を絶対に召喚できない。感情判定に-2、感情判定で0が出ようともそれが悪だと断定された時アナタは絶対に躊躇わない
アルトリア顔 貴方はどこかの騎士王に良く似ている。正直、世界観的にこれ以上増えられても困る位に 家系、素質、身体性能、戦闘レンジのうち2つ以上が0 貴方の容姿は俗に言う「セイバー顔」になり、体系は小柄で固定される。その容姿を知っているキャラ、もしくは『本人』との遭遇時に勘違い判定を行い、失敗した場合はその誰かとして対応される。また、取得キャラが女性の場合は胸囲判定を行い、7以上が出た場合は勘違い判定に+2の補正を付け、3以下が出た場合は勘違い判定に-3の補正を付ける。勘違い判定に失敗している場合、属性『円卓の騎士』『衛宮』『ギルガメッシュ』の付くキャラクターとの戦闘判定に+2※ただし、『アルトリア』には+1しか付かず、『アーサー』には補正が付かない
マスクドライダーシステム HEN-SHIN! 素質7以上、身体性能7以上 装備時に【ゼクター】を1つ製作する(いくつかの安価で決定)それにちなんだ武装(戦闘レンジ参照)を得る事が出来る。スキル【キャストオフ】【クロックアップ】を習得可能。『マスクドフォーム』時の防除判定に+2、攻撃判定に+1し、【キャストオフ】を発動可能。『ライダーフォーム時』の攻撃判定に+2し、【クロックアップ】を発動可能
引きこもり 貴方は引きこもりだ。中々家から出たがらないが、そんな貴方と思想的にぴたりと一致する存在が居た 身体性能3以下 貴方は拠点から出る場合に外出判定を行い、失敗すると外出しない。拠点での戦闘判定に+2。キャスターを優先的に召喚可能
魔法少女 変身完了っ!魔法少女、マジカル貴女!ミ☆ 女性かつ素質4以上 変身することにより行動全てに+1補正。素質によって変身時間は変化し、素質判定8以上だと愉快痛快なステッキと共にスキル【限定展開(インクルード)】【夢幻召喚(インストール)】が取得可能となる
魔法少女(虚淵式) 契約によって奇跡を得、代価として希望を運び呪いを振り撒く魔女となる。魂を宝石に変質させられた貴女は、もはや人ではない 女性かつ家系、素質、身体能力、戦闘レンジの合計が奇数 設定を付加する際に貴方は既に一つ「奇跡」を願い、起こしたものとする。その願いによって得られる固有魔法は変動し、固有魔法とは別にある程度の暗示などを会得。貴女の魂はソウルジェムへと変換され、それを砕かれる以外の方法で死ぬ事は無い(ある状況以外の生存判定は自動的に無効化)。戦闘時、負傷関連の-補正を-2まで打ち消し、場合によっては「痛覚遮断:+1」を得る。絶望した時、死に瀕したとき、魔力が枯渇した時などに判定を行い、失敗すると【魔女化】し、成功しても濁る。それを払うには魔女を狩りグリーフシードを得る必要がある。素質判定6以上の場合は無表情な孵卵器がサポートについてくれる
男の娘 ぼ、ボクは男だよ……? 男性かつ素質+身体能力が16以下の偶数 あなたは女性より女性らしい容姿を持つ男性である。精神まで女性かどうかを判定し、それによって「恋愛対象」に変化。また、女性キャラクターに対しては「同性の友人」として、男性キャラクターに対しては「異性」として、「性別を説明」しなければ比較的すんなりと親密になれる。ただしバレた場合は……
妖怪飴くれ あなたは非常に怠け者だ。だが、飴玉を貰いやる気さえ出せば誰も追いつけぬ才能は開花する 素質判定8以上かつ家系判定+身体能力が10以下 行動安価に対し常に行動が必要。失敗すると動かない。1日に1回、飴玉を舐める事で朝、昼、夕方、夜の区分で行動判定を無視して行動可能になる。また、飴玉を舐めている間あらゆる判定(感情判定除く)に+2。とあるスキルを変質させているとブースト
マヨヒガの住人 深山町の一角に「あるとされる」妖怪の住む屋敷。貴方はそこの住人だ 家系判定1かつ素質判定+身体能力が12以上 深山町の一角の【妖怪屋敷】を住居とする。妖怪ほか、霊体化している存在を知覚・攻撃可能。また、呪いに対する耐性を取得(対魔力D相当)安価で交友のある妖怪を何体か設定するが、協力的とは限らない。妖怪屋敷の住人以外は妖怪の知覚に失敗する可能性が有り、理解を得られない場合感情判定に-2。また他人が案内無しで妖怪屋敷に辿り着くことは難しく、運次第である
発明家 これが魔術の戦争だろうと、今世界の覇権を握っているのは科学だ。だからこそアナタは利用する 素質奇数、身体能力奇数 装備時にどれほどの発明を作れるかを判定。1ターン消費して発明品を作る事で、索敵や追跡、戦闘を有利に運ぶことが出来る。魔術師及びサーヴァントとの感情判定に-2
火事場泥棒 悪く思うなよ、生きるためだからな 家系5以下、身体能力6以上 コマンドに「空き巣する」追加。一度発見した拠点ならば「留守」を察知できるようになり、敵拠点で盗みを働くことができるようになる。隠密判定に+2、逃走判定に+2。その他盗みに関わる行動に+1補正が掛かる
転生者・テンプレ 神の手違いによって事故死し、この世界に産み落とされたアナタ。詫びに一体どんな歪みを持って生まれたのやら……しかし、どうやらアナタの知る冬木とは少し違うようだ 素質0もしくは1 装備時に安価でなにか能力を得る、判定に成功で通常のfateについての基礎知識をメタ知識として得る
世捨て人 あなたは世間とは一線を画するもの……あらゆるグループに属さず1人気ままに生きている 身体判定+戦闘レンジの合計が奇数 いかなる場所・施設にも(勝手に)侵入でき、(勝手に住み着いて)拠点にできる。場所によっては判定に失敗すると住人や職員に追い出されるが、成功すると感情判定に成功した扱いとして居座れる。ただし戦闘能力がある相手の所に無理に居座ろうとすると戦闘になる。本編中は家系1として扱う(家系関連のスキルや特殊設定は一部を除いて元の値で装備する事ができる。また、家系1のスキルも一部装備可能)一部のキャラクター以外との感情判定に-2され、同盟を組みにくくなる
ワーム(サナギ体) 宇宙から飛来した脅威、ワーム。人間に擬態し、社会の中で孵化を待つ―― 家系+素質+身体能力が4の倍数、且つ人間であること 貴方はエディットを行ったキャラクターを殺し、「擬態した」存在として扱う。擬態は任意で解くことが出来るが、擬態を行う際に行うコンマ判定で失敗した場合は「自分がその人物本人である」と誤認してしまい、任意での擬態解除が不可能になる(その場合、戦闘で不利状態が二度続くと強制的にサナギ体に戻る)サナギ体での戦闘時にコンマ判定+1、サナギ体での戦闘中、3連続で成功すると「孵化」し成虫体になる。成虫体は戦闘時にコンマ判定+2 および【クロックアップ】を習得。ワームであることを知られた後は、感情判定に-付加
逆境 逆境においても立ち向かおうとする、意志の強さ、勇気の強靭さ。それは時としてあらゆる戦力差を打ち破る 家系が1もしくは7以上 戦闘中、判定が不利だった場合は次の判定で+補正がつく(不利による-補正を打ち消す)さらに不利の次のターンに有利となった場合は有利による+補正にボーナス。ただし精神的に不安定だったりすると補正は付かず、また発動している戦闘時は不利な状況下での撤退が出来ない
脳筋 脳まで筋肉。強靭すぎる肉体を持つ者にとっては最早お約束だ……このゴリラめ 身体能力9以上 あまり深く物事を考えることができなくなり、作戦を立てたり遠回しなことが出来なくなる(戦闘は常に正面突破の力押し)戦闘判定において+2、また負傷(小)による-補正を無視し、負傷(大)による-補正を軽減する。また、一部の人物からの感情判定に+や-の補正がつく