げんきなマドレーヌ - Madeline(1952)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


げんきなマドレーヌ - Madeline(1952)



原作第1作「げんきなマドレーヌ」を映像化したもので、原作の筋運び、絵のタッチに忠実な約7分弱の短編作品。古き良き時代のカートゥーンのレトロな趣と、原作の絵の持つ洗練されたオシャレな雰囲気が見事に溶け合っている。マドレーヌのアニメ化作品では最も古く、原作者が存命中の作品である。

制作はアメリカのUPAプロダクション。
1952年度のアカデミー映画賞短編アニメ部門で最優秀短編アニメ賞を獲得した。





作風は原作に忠実ではあるが、一部割愛されているシーンがある他、ミス・クラベルの服装が原作を踏襲していない、女の子たちの髪型が全く書き分けられていないなどの違いはある。
マドレーヌのおチビさを、風船を手に持ったとたんに宙に引っ張り上げられてしまうという、原作にはないオリジナルのシチュエーションで表現したのはおもしろい。