聖徳太子×次郎坊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐潰えて堕ちた救世の光‐ 

聖徳太子×次郎坊
聖徳太子×次郎坊+
聖徳太子×次郎坊++
[墮聖]聖徳太子×次郎坊

剛力
LEGEND
攻撃力:11046
防御力:6053
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.1倍

剛力
LEGEND
攻撃力:12703
防御力:6961
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.15倍

剛力
LEGEND
攻撃力:14360
防御力:7869
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.2倍

剛力
U-LEGEND
攻撃力:16569
防御力:9080
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.4倍

スキル:○○○○○:味方剛力の攻撃力・防御力極大アップ(発動確立2倍)
ベストポジション:
トレード:可能
入手方法:現状なし

関連家臣
[愛すべき傀儡]聖徳太子
[親切な天狗?]比良山 次郎坊

内なる心の声を聞き、聖徳太子として歩み始めた少女。だが、未熟な精神と規格外な力が同居する存在をいち早く嗅ぎつけた者が居た「ほほう……調べさせた通りじゃな、それは小娘一匹が好きに出来てよい力ではない。我が一族の悲願のため、お前の存在もろともこの儂が貰い受けるぞ」

比良山を支配する大天狗、次郎坊は言葉巧みに少女を誘導し、いとも容易く憑依の儀を果たした。聖徳太子としての魂は幾重にも封じ、少女自身にも全ては自分の意思で動いていると思ってしまう暗示をかける。力、心、体の全てを掌握されたにも関わらず、少女にその自覚は全く無い「私の力は比良山繁栄の為だけに使うねっ!それがみんなの……何より私自身の願いだから!」

聖徳太子は次郎坊に命じられるまま、何一つ疑う事無くその力を使う。例えそれが弱者を踏みにじる事になろうとも、血塗られた惨劇を引き起こそうとも、少女に一切のためらいは無い。暗示の効果により次郎坊の言葉は絶対、そしてその言葉を実行するのも自分の意思なんだと思い込まされているのだ「悲鳴……もっと聞きたい、あれ、そっちの小さいのはお子さん……?うん、その子もちゃんと片付けて、雑種は……根絶やしにしないと……」

老猾な次郎坊はついに、意識の誘導から完全な支配へと舵をきった。聖徳太子の体に刻まれた服従の術式は甘い毒となり、今日も彼女の心身を蝕み続けている「あっ、またっ…!次郎坊さんのお願いを聞くと頭がふわっとして……体がビリっとして……もっと、もっとお願いを聞いて気持ちよくならなきゃ……ねえ、もっとぉ、お願いしてくださいよぉ……次郎坊様ぁ…」

備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス
攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX6進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
00000(計算値)
 防御力:00000(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)