黄龍族


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐黄龍の一族‐ 

黄龍族
黄龍族+
黄龍族++
[暴嵐]黄龍族

剛力
LEGEND
攻撃力:9139
防御力:7960
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.1倍

剛力
LEGEND
攻撃力:10510
防御力:9154
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.15倍

剛力
LEGEND
攻撃力:11881
防御力:10348
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.2倍

剛力
U-LEGEND
攻撃力:13709
防御力:11940
戦力:30
ベスポジ効果:攻撃1.4倍

スキル:驕れし者を断つ:味方剛力の攻撃力・防御力特大アップ
ベストポジション:1
トレード:可能
入手方法:現状なし

関連家臣
[偉大なお方]黄龍

龍は自らの血を分け与えた一族を眷族とし、自らの世話や縄張りの守護を任せるのが常である。だが、龍の中でも特殊な存在となる黄龍はこういった一般的な龍から外れた特殊な生態で知られる「黄龍様が治める地に足を踏み入れるなんて自殺志願者か完成されたアホのどっちかでしょ、貴方はどっちなの?」

黄龍は厳密に言えば龍種ではなく、大地を流れる気の力を拠り所とする四神と呼ばれる存在である。自らの血を分け与えるのではなく、自らの分身とも言える存在を使役しているので、これらは眷族と言うよりも彼ら自身とも言える「森羅万象を司る四神、その中央に座するのが黄龍様なの、無礼な態度を取るなら即座にその首、跳ね飛ばすからね」

朱雀、青龍、白虎、玄武と言った他の四神は他の龍種と同じく自らの血を分け与えた守護者の一族と活動を共にするが、四神の頂点に立つ黄龍は唯一、そう言った守護者を持たない存在を持たずあくまで己の分身達と活動を共にする「だから、私も黄龍様だし黄龍様は黄龍様なの、え?ややこしい?貴方の頭の巡りが悪いだけでしょ」

黄龍族との呼び名もあくまで便宜上の物であり、正確には黄龍族と呼ばれる者はいずれも黄龍そのものである。その複雑な生態も妖魔界においては特に珍しい物ではなく、門を隔てた向こうには人間の及びもつかない世界が広がっている「何をどう間違えた人間如きがここに迷い込めたかは分からないけど、ちっぽけな命なんだからもっと大事にしときなさいよね?」

備考
・MAXステータス
攻撃力:
防御力:
備考
・MAX2進時ステータス
攻撃力:
防御力:

備考
・MAX3進時ステータス
攻撃力:
防御力:

・MAX4進時ステータス
攻撃力:
 防御力:

備考
・MAX4進時ステータス
攻撃力:24601
防御力:21426

・MAX6進時ステータス
攻撃力:00000
防御力:00000

・MAX8進時ステータス
攻撃力:
00000(計算値)
 防御力:00000(計算値)

家臣つぶやき
・○○○○………(1)
・○○○○○………(2)(3)