風雲魔城-朱雀の試練-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{プロローグ
+...
プレイヤー まだ内乱が収まっていないのにこんな所で試練を受けていていいんでしょうか?
ひまり 分かっておる、説明してる時間も惜しいのでさっさと受付を済ませるのじゃ!
プレイヤー ですが、やっぱりもう少し状況が落ち着いてからの方が……
ひまり 駄目じゃ、この朱雀の試練に関しては一刻も早くお主に突破してもらわねばならぬ
ひまり 国の事を想う気持ちはあっ晴れじゃが、残してきた仲間の事をもっと信頼せい
プレイヤー そうか……そうですね、きっと皆持ちこたえてくれるはずですね
ひまり うむ、奴らに余計な苦労をかけさせぬ為にも今回は飛ばして行くぞ!
第1話
+...
プレイヤー やっぱり僕が仙狐の王なんて無理な話だったんだ……もう、どうでもいいや……
ひまり 何をウジウジやっとるのか馬鹿者が!こうしとる内に状況は悪化しておるのだぞ!
プレイヤー じゃあひまり様が何とかしてくださいよ……王の座も譲ります、きっとそれが一番です……
プレイヤー 僕はこうして布団と同化して生涯を終えます、もう何も考えたくないんです……
ひまり こたえてると見えるな、ここまで落ち込まれると勢いで誤魔化す事も出来んの
プレイヤー 向き不向きがあるじゃないですか、元から僕はそんな器じゃないんです……
ひまり やれやれ、鬼道衆が少し大人しくなったと思えばこれか、一難去ってまた一難じゃ
プレイヤー 僕みたいなのが王なら愛想を尽かされて当然だったんだ、僕なんかが王じゃ……
ひまり ここは紫音の奴めにも協力させんといかんかの、まったく手間のかかる奴じゃ


第2話
+...
朱雀の守護者 張り切ってるじゃないか!やっぱ全力で挑んでこその試練だからね
プレイヤー 少々急ぎの事情がありましてね、もし失礼な事があれば申し訳ないです
守護者 気づかいは無用だっての、兄さん達が頑張れる様に補佐するのが私の仕事だからね
プレイヤー そういって頂けると助かります、とにかく時間にも気持ちにも余裕が無くて……
守護者 ん?どうやら訳アリみたいだね、詮索されると不愉快かい?
プレイヤー いえ、僕が招いた事なのでお話するのもお恥ずかしいですが……おっと
守護者 惜しい所で次の試練が始まったねぇ、まあ、話はまた落ち着いてからにしようか
第3話
+...
守護者 なるほどねぇ……自分の国の民に裏切られちまったって訳か
プレイヤー これも僕の目と手が届かなかったのが原因なんです、僕がもっとしっかりしてたら……
守護者 そんなに自分を悪く言うんじゃないよ、王様っつっても一人じゃ限界があるだろ?
守護者 何もかもを兄さん一人で背負う必要は無いのさ、もっと周りに頼った方がいいよ
プレイヤー ですが、いくら望んでないからって僕が王である以上は……完璧に出来ないと
守護者 じゃあさ、兄さんは兄さんにしかなれない王様を目指したらいいんじゃないの?
プレイヤー 僕にしかなれない王、ですか?
守護者 そうそう、本当に完璧な王なんてのが居たらこの世はこんなに荒れて無いでしょ?
守護者 そんなありもしない物を求めないで、自分の得意な部分を伸ばした方が現実的さ
プレイヤー 無理に完璧を目指す必要はないと……
守護者 背伸びしないでコツコツやってた方が結果として近道って話は多いからね
第4話
+...
ひまり 順調に試練を突破しつつ、守護者の好感度も獲得してるみたいじゃな
プレイヤー 一気に空気が緩くなる発言ですね……まあ、これが僕達らしいと言えばらしいですが
ひまり うむ、その調子だと肩の力も抜けたようで一安心じゃな
プレイヤー ひまり様が飛ばして行くぞ!とか言うから焦っちゃったのが原因の一端です
ひまり まあまあそう言うな、それほどまでに朱雀の加護の力が必要なのじゃよ
プレイヤー そういえば、反乱鎮圧真っ最中なのに敢えて試練を受けにきた理由を聞いてませんでしたね
ひまり うむ、朱雀の加護として最も有名なのが不屈の心を得られる事であってな
ひまり 厳しい状況となる度に布団に籠られては困るからの、必要じゃろ?不屈の心
プレイヤー く、悔しいけど何も言い返せない……仰る通りでございます
ひまり 更に理不尽な状況を突きつけられるやもしれぬからな、心の鍛錬も必要であろう
第5話
+...
■反乱軍本拠地
守護者 こちらより先は立ち入り禁止です、お引き取りください
プレイヤー あ、すいません……試練開始前にうろうろしてたら迷ってしまいまして
守護者 あっ、でしたら本会場にお連れします!僕も試練の監督側なので
プレイヤー 姉さん……?それってもしかして双剣を持った肉食系の人だったりします?
守護者 では貴方が姉さんが担当してる仙狐の方なんですね……僕の事何か言ってました?
プレイヤー 出来の悪い弟がどうって……もしかして、貴方が弟さんなんですか?
守護者 ええ、また姉さんは適当な事を言いふらして……困った人ですよ
プレイヤー 良く出来た方だと思いますけどね、僕も相談に乗ってもらいましたし
守護者 姉さんは何でも感覚で動いて考えて喋るので、相談役であれば適任ですね
(お姉さんの話が出たら急に疲れた顔に……色々と複雑そうだなぁ)|
第6話
+...
守護者 この辺りからまた試練がキツくなるのさ、まだまだ行けるかい?
プレイヤー ええ、もう勝手も分かってるつもりなので後は自分との勝負かなと
守護者 そいつは頼もしい!兄さんが試練を突破してくれると私の鼻も高いってもんさ
プレイヤー そういえばこの前、弟さんに会いましたよ
守護者 へえ、アイツと会ったんだね、どうさ?ナヨナヨしてる貧弱な奴だったろ?
プレイヤー いえいえ、体もしっかりしてて僕なんかよりずっとたくましい方でしたよ
守護者 まあ、見た目はそこそこだけど……細かい性格の神経質な奴さ
守護者 もっと竹を割った様な奴が弟だったら良かったんだけどね……
プレイヤー どちらが悪いとの話では無いですが、お二人は性格がかなり違ってるみたいですね
守護者 違うってより正反対?兄さんみたいに分かりやすい性格なら良かったよ
第7話
+...
守護者 うーむ……いやまさか、でも……
プレイヤー どうされました?そんなに見られてると照れくさいのですが
守護者 アンタさ、もしかして実は凄い奴だったりしない?
プレイヤー そんなおだてても何も出ませんよ、僕は見ての通りの奴ですから
守護者 いやね、出会った当初こそへし折ってやろうかこの軟弱野郎!と思ったけど
守護者 話をすりゃ案外分かる奴だったり、立ち直りも早いし、腕も立つし……
プレイヤー だから褒め過ぎですって、そこまで言われると肌が痒くなってくるんですが
守護者 ほんと、あの出来の悪い弟に見習わせたいくらいだよ
プレイヤー (何故だ、何故こんな展開になる……思い込みが激しい人なのかな)
第8話
+...
守護者 ついにここまで到達さ、凄いじゃん兄貴!
プレイヤー いやすいません、言葉の意味が良く分からないんですが……兄貴?
守護者 試練を共にして気がついたのさ、兄貴の内に秘めた燃えるような想いにね
守護者 だからアンタは今日から私の兄貴さ!この先も付いていく事にしたよ!
プレイヤー あの……僕含めて色々な方が置いてきぼりだと思うんですが、これも何かの試練ですか?
守護者 試練、そう……どんな試練も乗り越え最後に勝利を手にするそれが兄貴さ!
プレイヤー (確か、弟さんから姉は感覚で生きてるって聞いたけど……それで片付く問題なのか!?)
第9話
+...
情報待ちと言う名の失伝
第10話
+...
情報待ちと言う名の失伝

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る