エピソード 2013年前半


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

2013年1月〜6月

 



3月18日

 19歳の生誕祭が行われた。 
 秋元「19歳になったまりやぎの抱負とか、ありますか?」 
 永尾「すごい先輩たちも優しくして頂いて、アドバイスしてくださって、すごいいい環境に私は今いると思うんですよ。 
  それで…あの最近、思うことは、んー…なんですかね…"チャンスを逃したくないな"って思って…。 
  今こう、いい環境にいるので、私自身何か変わらなきゃというか、
  得るものが凄いあって、成長したいと思うようになって、 
  自分の中でも心境の変化といいますか…あってですね、なんだろう、今、焦ってる自分が結構いたりもして。 
  この1年間、もっと、やれることがあったんじゃないかな?って思ったり、
  ちょっとマイナスに思ったりもしてるんですけど 
  まだ19歳から20歳まで、1日1日を大切にしていきたいなって本当に思うようになって 
  こう、自分でもプランとかパフォーマンスを変えたいなって色々思うようになって… 
  なんですかね、まとめられなくなっちゃった…」 
 秋元「じゃあ、19歳のまりやぎの合い言葉は・・」 
  「いつやるの?」 
 永尾「今でしょ!」 
 

3月20日

 ぐぐたすの投稿にて。
 「最近自分がおかしい なにかおかしい…でもなにがおかしいのかわからない 19歳になったからかな?心境の変化←」 
 

3月

 UTB+のグラビアに登場。以下インタビュー。
 「去年UTBさんで初めてソロの水着グラビアをやらせて頂いてから、
 ちょくちょく声をかけて頂くようになったんです。
 けど、正直まだ恥ずかしさはありますね。毎回やせなきゃって思うし。」
 ー前回もそう言ってたけど、世間的には「まりやぎ超ナイスバディ!!」的論調でしたよ。
 「いやぁ、お腹周りは細いと言われるんですけど、自分的にはもう少し鍛えたいなと思っていて、
 走ったりガチでプロテイン飲んだりしてるんです(笑)」
 「ファッション誌でとかで洋服を着こなせるモデルさんになることが夢で。もう何でも着たい。
 カッコいいものを可愛いものも変なものも(笑)この間「関西コレクション」の出演させて頂いたんですよ。
 自分の夢に近づいた気がしてすごく嬉しかったです!!」
 ーこの春やってみたいことは?
 「お花見。去年、大場美奈ちゃん、阿部マリアちゃんと
 「チーム神奈川でどこか神奈川の桜を見たいね」って計画してたのに叶わなくて。
 今年こそ行きたいなぁ。昔は家族でもよくしてたんですよ
 昔の家のお家に桜の木があって、そこでご飯食べたり写真撮ったりしてました」
 ー最近の日常は?
 「ハムスターを飼い始めて。もうね、ほんとかわいい。今まで動物飼ったことなかったので癒されまくってます。
 あとはドラマ何週分か溜めてお休みの日に一気に見るのが好きですね」
 ードラマに出たい、とかは?
 「もちろん出たいですけど…私の演技力どうなんだろう?(笑)
 もしやらせてもらえるなら思いっきり悪い役をやってみたい!」
 永尾さんは「謎の女」的なイメージがありますもんね(笑)
 「自由で気分屋なだけだと思います。
 でも本当は色んなことを経験したいから色んなことに呼んで頂きたいなって。受け身ですけど(笑)」
 
 

 

4月

 週刊プレイボーイ&ヤングジャンプ主催の「グラビアプリンセス」企画に抜擢。
 アンケートハガキで「可愛い子」に投票、1位になった子は両誌の表紙&グラビアを飾ることができる。
 (該当者は永尾まりや、大場美奈、小嶋菜月、
 鬼頭桃菜、佐藤聖羅、岩永亞美、上西恵、近藤里奈、森保まどか、松岡菜摘)
 

4月6日

 AKB48 32ndシングル選抜総選挙に立候補。 立候補することに少しも迷いはなかった。以下インタビュー。
 「入れたら、ミュージックビデオや雑誌にも出られるし。
 その可能性を自分で断ち切るのは良くないと思いました。」
 アピールコメント収録直後の取材だったが、落ち着いた雰囲気の私服姿だった。
 「選挙なので、清らかな感じを意識しました。好感を持ってもらえるかと思って」
 選抜メンバー入りするためのPRポイントは、ちょっとユニークだ。
 「私はよく人から物事を冷静に、多角的に深く見ることができる方だと言われます。
 メンバーを見て、この子はこういうタイプの人間だろうと考えたりします。
 メンバーそれぞれの長所を引き出してあげられるかなと思います」
 歌やダンスではなく、自分をチームの和のために生かしたいのだと言う。

 

4月12日

 「横山剣大座長公演」(5月6日〜9日、浅草公会堂)舞台に出演決定したことを告知。
 「舞台とかはじめてだし不安だけど一生懸命頑張ります」
 

4月28日

 31stシングル「さよならクロール」を武道館で初披露。永尾にとって初めての選抜曲である。
 「選抜として初披露でした。私にとっても初選抜です。とても嬉しいです♪」
 

 

5月8日

 念願の「BOMB」表紙&グラビアを飾る。以下インタビュー一部。
 選抜に選ばれ、チームKでも推されている。長かった雌状の時期を経て、ようやくチャンスの順番が。
 「ここで頑張らなきゃどうするのって感じですよね。
 自分ももっと成長しなきゃなって。ぼーっとしてるように見えて、
 内心では結構焦ってるし、危機感を感じているんですよ。だからこのチャンスは絶対逃したくないんです」
 その危機感はチームKになったことで生まれた?
 「そうですね。チーム4では一番上の期だったから感じられなかったことが分かって、
 自分でも変わりたいなって。ただ、分かっているのにできないんですよね。
 MCでももっと積極的にアピールしなきゃいけないのは分かってる。
 ホント…4年近くもAKB48にいるのにまだ全然後輩に背中を見せられてない。頑張らなきゃですよね…うん、頑張ります。」
 
 

5月22日

 第5回選抜総選挙速報結果発表。ファンも本人も予想外の圏外。
 ツイッターでは「速報圏外…」とつぶやき、
 ぐぐたすでは「速報圏外…これからだよねっ」と投稿。
 
 

5月27日

 PB&YJ主催の「グラビアプリンセス」企画にて、3位の1441票を獲得。
 (※1位はSKE鬼頭、2位はNMB上西)
 プレイボーイにてグラビアを飾る。
「モデルになるのが夢で、写真も好きだから、グラビアの仕事はすごくうれしい。
 いつ撮影があってもいいように家でテレビを見ている間は
 ずっとサイクリングマシーンに乗っています。今回のグラビアプリンセスでも、
 1位になるつもりだったのに!なんて(笑)」
 ー今時の外見から、「ギャルっぽい」「やる気なさそう」と見られることもあった。
 でも、中身は真面目で、しっかり者。
「いつも慌てるのが嫌で、公演のときも、衣装を着替える順番にたたんで置いています。
 待ち合わせにも、遅れたことはありません。 待たされて怒ったりはしないけど…。
 『ありがとう』って言える、常識のある人が好きです」
 ー昨年の総選挙では39位。今回はアンダーガールズ入りを目指す。
「ただ、私は順位や立ち位置より『AKBに必要だと思われる存在』になりたいです。
 いろんな分野の仕事をしてみたい。以前は演技が苦手で、
 舞台なんてできないと思ってたんですけど、先日出演させて頂いたらすごく楽しくて。
 だから、今のテーマは『逃げずに何事もやる』ですね」
 また、同日発売のヤングマガジンにて「ガチ推しメンバー」に木崎と共に選ばれる。
 
 

 

6月8日

 32ndシングル選抜総選挙にて、35位(18978票)を獲得。
 圏外からの上昇率は佐藤亜美菜に次いで2番目。
 コメント「投票して下さった皆さん、応援してくださってる方、
 本当にありがとうございます。AKB48大島チームKのまりやぎこと永尾まりやです。
 はい、速報では…圏外で…(嗚咽)すごい…不安だったんですけど…
 不安すぎて…自分でモバイル票登録して4票自分で自分にいれて…(会場笑)
 そのぐらい入りたくて…!あの…でも今回入れて…
 本当に皆さんに支えられるなって思いました…私は幸せ者だと思います…
 これからもよろしくお願いします!本当にありがとうございました!」
 ぐぐたすにて「みんなぁ!やったよ!!!35位でした。
 みなさん本当に、ほんとうにありがとうございます((´ω` *)」と喜びの投稿。
 目標のアンダーガールズ入りは達成せず、ファンも本人も悔しい想いをする中で、
 永尾はネクストガールズのフロントメンバーとなれる喜びをかみしめ前を向いている。
 
 

6月11日

 本人にとって1つの目標でもある女性誌の撮影。
 「LARMEの撮影してるよヽ(・∀・)ノ7月17日発売(ハート)わーい嬉しい(ハート)」