探偵の需要と供給


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最近探偵の需要・供給量共に、どの地方でもかなり多くなっているようです。

社会の離婚者への風当たりが昔ほどではなくなり、出会い系などの出会いの場やケータイの普及により、
浮気も難しいものではなくなったことや、年金分割による熟年離婚ブームなどで浮気症の夫の所業に
耐えてきた奥様世代が、しっかり慰謝料を取ることを考えて、浮気調査を依頼する人が多くなったようです。

さらに、探偵業法の施行により、公安委員会に届け出を行うだけで、特別なライセンスも要らず、
考えていた以上に簡単に探偵業は開業できると、新規参入してくるところもあるようです。

実際、去年までは聞いたことのなかったような探偵事務所の名前があちらこちらに見受けられます。
依頼者にとって、探偵の供給量が増えることは、それだけ依頼先を選ぶ際に慎重になる必要性が出てきた。
ということなのですが、そのことはあまり認知されていないようです。

のれん分けや探偵事務所で経験を積んで開業しているところはいいのですが、
探偵について浅い知識で探偵業を始めた所に依頼するのは、経験を積んだ探偵業者に比べて、
調査発覚のリスクがどうしても高くなり、抱え込まなくてもよいトラブルを抱え込むことになったり、
パートナーの浮気で離婚を考えていた場合、離婚すら考えなおさなくてはいけない状況に
追い込まれることも考えられます。

探偵依頼を初めて考える時大切なのは、経験値の高い調査力の高い探偵を選ぶことが重要です。

調査力の高い探偵とは、コンスタントに調査依頼があり、さまざまな状況で調査を行うことで経験値を
積み重ねています。また、調査力をあげるために、調査機材にもオリジナルの調査機材を使っていたり、
特殊なモノや専門的な状況に使える機材など、どの様なシュチュエーションでもベストな調査結果を得られるように
力を入れています。

探偵の供給量が多く、なかなか調査力のある探偵を見つけ出すことは難しいでしょうが、
気になった探偵が、どんなことに力を入れているのかチェックすることで、調査力のある探偵を選べるはずです。