4スレ目>>605~>>612


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前: ◆OJ5hxfM1Hu2U[sage] 投稿日:2013/07/22(月) 21:23:07.62 ID:tCFDNKcDO [3/12]
‐これまでのあらすじ‐

連続強姦魔にして色欲のカースドヒューマン、バイフォースは、ランニング中の斉藤洋子を新たな標的に選んだ。
追跡の末に行き着いた公園で、ついに足を止めた洋子。バイフォースはチャンスを見逃さない。
健康的な美肌に今、不健全な漆黒の魔手が迫る!

 

‐1‐

バイフォースの体から、握り拳大の黒い泥が2つ、3つと落ちた。泥は黒いサソリに形を変え、洋子の足元へと這っていく。
色欲サソリは極小型のカースだが、その精神毒は強力である。

(モウスグダ コムスメ、オマエハ カイラクヲ ムサボル テゴメニンギョウニ ナルノダ!)

今やサソリ達は洋子の足に辿り着き、目的を果たそうとしていた。…だが!

(バカナッ!?)

バイフォースは出かかった言葉を辛うじて飲み込んだ。
色欲サソリ達は、洋子の足に触れぬまま炎に包まれ、白い灰になったのだ!

(どうも怪しいと思ったら…カースなら手加減しないよっ)

洋子は追跡に気づいていた。
ヒノタマにより強化された身体能力でも撒けない追跡者が、少なくとも普通の人間ではないことも。
そして今や確信している。追跡者はカースだ。
洋子は軽やかに振り向き、言う。

「走っただけじゃ物足りないって感じですねっ、もっと熱くなりませんか?」

無邪気な誘い。その裏にあるのは、洋子自身も意識していないヒノタマの意思だ。

『お前を、焼き尽くしてやる』

強烈な熱気が放たれると同時に、洋子の輪郭が揺らめき、ぼやける。
熱気は瞬く間に広がり、静かな早朝の公園は真夏の昼下がりめいて形を失っていく。

 

‐2‐

今やバイフォースは公園ではなく、石畳めいた神秘的円形空間にいる。
巨大な空間の中心には、やはり石から彫られたらしい祭壇と、燃え盛る朱色の炎。
そして、つい先程まで目の前にいた洋子の姿は…どこにも見えない。

しかし彼に動揺はなかった。
バイフォースの体から、黒い泥が流れ出る。どこに収まっていたのか、その体積は元の体の数十倍!
黒い泥は悍ましく蠢いてバイフォースをも飲み込み、飴細工めいて形を変え、巨大な人面サソリとなった!

「デテコイ コムスメ! イマナラ ヤサシク ファックシテヤル!」

人面サソリが叫んだ次の瞬間、その周囲を朱色の炎が取り囲み、徐々に勢いを増していく。
さらに炎は無数の手となり、人面サソリの爪を、脚を、卑猥な形の尾を掴む!

「グオオー! オアー!」

炎の手が、人面サソリの爪を、脚を、卑猥な形の尾を、乱暴に引きちぎる!
人面サソリのパーツは見る間に燃え尽き、白い灰と化して熱風に散る!

「ウワー! アアー!」

支えを失い、無様に地べたを転がり苦しむ人面サソリを、炎が容赦なく焼く!
脚を再生して脱出するか、尾を再生して反撃するか…無理だ! 再生したそばから灰になっていく!
あまりに一方的! 戦いの行方は、もはや決したかに思われた! …だが!

「よーっし! このまま一気に…っ!?」

それはヒノタマの声なき警告か。洋子は下腹部に嫌な感覚を覚え、意識を現実世界に引き戻した。
眼前に迫る黒い巨人…バイフォースだ! 炎に焼かれ、力尽きたのではなかったか!?


 

‐3‐

洋子が使用したカエン・イリュージョンは、炎のイメージで精神を焼く、一種の攻撃性テレパスである。
カースの場合、根源たる感情を焼くことで、体そのものにダメージが及ぶ。有効な攻撃だ。
だが、バイフォースはただのカースではない。人間的な思考能力を残すカースドヒューマンなのだ。

(ミヌイタゾ、オマエノ ワザヲ!)

この恐るべき精神攻撃の原理は、剥き出しの精神を直接ぶつけるという極めて原始的なものだ。
彼を焼く炎は洋子の精神そのものであり、看破できれば反撃さえ容易。致命的な弱点!

現実世界に戻るのが一瞬でも遅ければ、彼女はテゴメ人形になっていただろう。
そして、カエン・イリュージョンは目の前の敵にもう通用しない。非常にピンチだ!
この状況にあってなお、洋子は動じない。怯えも嘆きもせず、楽しげに微笑んでさえいる!

(キガ フレタカ。ナンダッテイイ、ファックスル カラダサエ ノコッテ イレバ!)

バイフォースが丸太のごとき両腕で、洋子を掴みにかかる! その名の通り「力ずく」だ!

「…はァッ!!」

鋭いシャウト、一拍遅れて彼の両腕が燃え落ちた。
思わず一歩後ずさるバイフォース。その目の前で洋子は朱色の炎に包まれる。
炎が、ファンタジー踊り子めいた装束を形作る。煽情的ながらも神秘的、肌色の部分が多い!

「《プリミティヴ》、バーニングダンサーです。情熱のダンス、心にしっかり焼き付けてくださいねっ」

 

‐エピローグ‐

洋子は時計を見上げた。午前5時30分。戦闘開始から5分と経っていない。
足元には白い灰の山。もはや原形を留めていない、バイフォースだったものだ。
洋子は無傷、しかし油断ならない相手だった。まさかアシュラ馬形態なる奥の手を隠していたとは。

「ともかく、これでしばらくは落ち着くかな…ふぅっ、早く帰ってお風呂お風呂っ」

装束を形作る朱色の炎が弱まり、徐々に肌色の部分が広がっていく。
ランニングウェアは炎に燃え、既に失われている。
のんびりしてはいられない。洋子は老朽安アパートに帰るべく走り出した。

斉藤洋子、またの名をバーニングダンサー。
かつて人類が火を神と崇めた時代、神に身を捧げた聖火纏う踊り子。
彼女はその魂“ヒノタマ”を宿す古の戦士《プリミティヴ》である。