櫻井財閥


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 概要

その昔は世界の支配者に最も近いとまで言われていた超大財閥。
代表者は椅子に座りながら世界を動かせる男ことサクライP。

あの日以来、能力者を広く募集し、
表向きは世界の秩序を守る大組織の一つとして活動している。

とにかく気持ち悪いくらい金持ちの団体であり、湯水のように金が沸いてくるが、
それだけの金を何処から調達しているのかはいまいち不明瞭。

財閥傘下の組織の活動は
能力者の教育・派遣、地下や宇宙との交易、異世界の開拓、兵器開発、カースの研究
悪魔の研究、魔術や魔法の研究、さらには家電の販売や病院の運営、などなど多岐に渡る。

得意技は裏金による情報操作。
つまるところ、めんどくさいアレコレはだいたい金の力で解決している。
そのため、金でどうにもならない非常事態には少々もろい模様。

最近はある事件の影響によって、ブラックな噂がたえない。


『櫻井財閥のもう一つの顔』

時に財閥に所属する能力者達は、
代表者サクライPの娘にとり憑いた『強欲』の悪魔マンモンの手足となる。
悪魔たる彼女があまり自由には動けない地上で、その欲望を満たすために使うコマが財閥の能力者達なのだ。

彼女がある能力者が欲しいと言えば、サクライPは財閥を使い果敢に捜索し、
彼女がある兵器が欲しいと言えば、サクライPは財閥を使って懸命に製作し、
彼女が世界が欲しいと言えば、サクライPは財閥に命じて世界を手に入れるために頑張る。

末端で動く者達は、それが世界の為になると信じて、
今日もお嬢様のワガママに振り回されている模様。

 

関連設定