※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー・世界観

 

 

ストーリー

魔物と人間が生きとし生ける世界。
この世界の中の小さな村ベルニアに訪れた少年(少女)が16になり旅に出た。
旅する中で多くの人と出会い、神の存在を知る。
そして、その先にみる世界の真実とは・・・。
 
 

世界観

この世界にはとある神話がある。
それは「世界創世神話」。地域によってはルーツェ神話とも呼ばれる。
”この世界は光と闇とのバランスで成り立っている。”
これはこの「世界創世神話」の一文である。
 
この世界には豊かな町もあれば、貧しい村もある。
暗い闇の森があれば、光り輝く光の湖だってある。
薄暗い遺跡もあれば、明るい遺跡もある。
 
この世界には複数の冒険がある。
謎もある。
夢がある。
そして、真実は一つ。