リプレイ:ヴァンパイア・ガール・ウィズ・カタナ

りーどみー 私を読んで

 *注意*デバッグモードにより特性を追加した変則的なリプレイとなっています。ご了承下さい。
 またガイド要素的な攻略の役に立つ情報はありません。そういうのは猫ちゃんたちにお任せで。
 以上を踏まえてご閲覧下さい。悪ふざけが過ぎる?申し訳ありませんこのようなリプレイで

Ver情報
 97b0fe5(開発版1773)
 とりあえず目立った不具合も無いのでリプレイ製作に着手。やってやらぁ!

使用MOD
 Experimental Z-Level Buildings
 Medieval weapons (obsolete)
 上層階のある建物と中世の武具の追加?正直よく分かってません。

ワールド名
 Point Marion(←ランダム)

ゲーム設定
 ワールド設定は初期のまま、開始時刻のみ18時(午後6時)から
 キャラ作成初期ポイント6、ただし前述の通りデバッグモードを使用します
 スキル劣化なし

――――――――

第一話 ヴァンパイア・ガール・イン・ワンダーランド

――――――――

私の名前はEmilia Severy。今年で15歳になった。
家族は父と母、6歳になる妹のFrancesca。よく外で遊ぶ元気な子だわ。
かく言う私は生れ付きの病気で体の色素が薄く、あまり長い時間日光に当たることができない体質…
外で遊べなかった私は屋内の運動に興味を持つようになり、それがフェンシングを始めるきっかけになった。
今では学校のフェンシング部に所属している。いや、今までは、か――

もう何日たったのだろう。
フェンシングの大会に出場するためPoint Marion市にやってきた私たちは、この大惨事に巻き込まれた。
けたたましいサイレンの音…キノコ雲、怒号と悲鳴。混乱、蘇った死者、巨大化した昆虫、暴走した警備ロボット、得体の知れない怪物…
ああもういちいち書いてなんかいられない!外を見れば分かるでしょう?
顧問のKenneth先生は私たちを逃がそうとして奴らの群れに飲み込まれた。
向こう見ずで勝気なRachealは奴らに立ち向かったけど、食い付かれて引きずり倒され、バラバラに引き裂かれた。私の目の前で!
Shanonは奴らに噛まれた傷跡が膿んでずっと泣いていた。治療の為と軍人が連れて行ったが、きっともう会えない気がする。
手癖の悪いMariaはあろう事か軍隊の銃を盗んで逃げ出した。警察のロボットが彼女を止めようとして、彼女が銃を撃って…
テーザー銃の強力な電気ショックを受けた彼女の心臓は二度と動かなかった。

生存者は集められて郊外のシェルターに避難させられた。「直に救助が来ます。それまでここを動かないで下さい」と。
でも軍人たちが去った後、シェルターの倉庫を見て皆ひどく落胆する事になったわ。備蓄品が何も無かったのよ!
コンピューターの画面には「非常時の行動マニュアルに従い救援を待って下さい」としか表示されないし、外部と連絡もできない。
皆見捨てられたと思ったわ。そして一人、また一人とシェルターを出て行ったの。
でも私は外に出る訳にはいかなかった。紫外線をカットするように作られた特注の折り畳み傘を無くしてしまったからだ。
あれが無ければ私は晴れた日など30分も外に居る事はできない。肌が火傷を起こしたようになり、酷い痛みに苛まれる。
最悪の場合ショック死する可能性もあると医師に言われていた。
もちろんここで救援を待つなんて絶望的だけど、だからと言って無理に飛び出してもどうにかなるとは思えない。
日が落ちてから外に向かうなんて考えられなかった。外にはもう文明の明かりなど微塵も無く、奴らがどこに潜んでいてもおかしくなかったからだ。


そうして数日が過ぎ、シェルターに残ってるのも私だけになった時。
目眩と動悸、それに強い吐き気が襲ってきて、私は耐え切れず床に突っ伏した。
腹痛、だけじゃない体中を襲う痛み。時間が無限に引き延ばされ、全身の細胞が掻き混ぜられるような不快感。
朦朧とし途切れそうな意識の中で「とうとう死ぬんだろうか」と思ってたけど、現実は…現実は、もっと残酷で、馬鹿馬鹿しかった。

気がついたのは夕方だった。なんとか立ち上がり、ドアをそっと開けて西日を覗き込む…
痛い!!
慌ててドアを閉じる。まるで火を浴びせられたように熱かった。今までは沈みかけの夕日ぐらいなら平気だったのに。
そして窓ガラスを見て気づく。以前とは比べ物にならないほど白く、青ざめた肌をした自分の姿に。
言葉が出ない。思わず後ずさりする。何なの、この真っ白い顔は?こんなの私じゃない。
そこに背中の違和感が追い討ちをかける。肩の下辺りに何かが張り付いているような感覚、恐る恐る手を回す…

ばさぁっ。

傘を勢い良く開いたような音。コウモリの羽――背中にコウモリがとまっている…? でもそんなわけが…
違う!これは…これは私の背中から生えている!
信じられない。一対の黒い、小さなコウモリの羽が私の肩の下辺りから生えているのだ。
病的なまでに白い肌…日光に焼かれ…コウモリの羽を持つ…
これじゃ…これじゃまるで吸血鬼だわ!!

――――――――

 ここでデバッグモードを使用、最初に取っておいた「アルビノ」と「夜目」を「色素性乾皮」「よく見える夜目」に変更。
 色素性乾皮の前提である「光線過敏症(Lv2)」も自動的に取得されます。おまけとして「蝙蝠の翼」も取得。
 どんな能力かと言うと、ぶっちゃけ晴れた日に外に出ると干からびて死にます。
 詳細はデバッグモードかwikiで確認を。
 まあ「よく見える夜目」があるため、大した縛り要素にはならないでしょう。コッソリバキューン!
 いちおうの目標として
 傘・折り畳み傘を使わない
 悪天候でも日中は外出せず、夜中のみ行動する
 というつもりでやっていきたいと思っています。

 最終的な目標は…家に帰るとかその辺で
 スタート地点から遠く離れた地点で大邸宅を見つけたらそこを自宅とする!
 これもう家族全滅してるフラグじゃないですかやだー!

――――――――

もう限界だった。理解しがたい現象の数々、友人たちの死、そして自身のおぞましい変容。
私は堰を切ったように泣き出した。日が沈むまでそうしていた。
ひとしきり泣いた後、ポケットからナイフを取り出し自分の首筋に当てた。せめて心まで怪物になる前に、そう思ってた。
一旦ためらい手元を見やる。ナイフの柄にはMariaの名が彫ってあった――
「これやるよ。いざとなったら人間なんて頼れるのは自分だけさ、変な男が言い寄ってきたらこいつでナニを削ぎ落としてやんな!」
そう言ってMariaがくれた物だ。彼女は悪い癖もあったが、それ以上に仲間思いで、大切な友人だった。
Rachealが奴らを食い止めてる間、私たちを逃がそうと必死に逃げ道を探してくれたのも彼女だ。

「頼れるのは自分だけ…」
急に自分が恥ずかしくなった。今まで自分は一体どれだけの人に助けられて生きてきたのだろう?
先生、友人たち、父さんと母さん…
それなのに一人になった途端、全てを諦めようとしていた。こんなんじゃMariaに合わせる顔が無い!
それに父さんと母さん、小さなFrancescaはどうしてるの?きっと私を心配してる…

まだだ。まだ死ねない。死にたくない!
死ぬのはいつでもできる。今は生き延びねば。生きて、家族の下まで帰ろう。
私を助けてくれた人のために。そして、いつか私の手で助けられる人のためにも。

妙な事に気付いた。どうしてこの暗闇の中、ナイフに彫られてた字が読めるのだろう…
涙をぬぐい、周囲を見回してみる。シェルターの中の様子がしっかりと見える。
外に飛び出した。鼻をつままれても分からない闇夜なのに、道路…地面の草花…森の木々…目が見えるのだ!
これなら何かが居ても一方的に襲われることはない。奴らに勝てるかもしれない…!


 

まずはシェルターに備え付けられていた周辺地図を見る。北には汚水処理場しかない。
近くに病院とショッピング・モールがあるが、多分奴らですし詰めになっているだろう。どちらも危険だ。
まっすぐ南に行けば食料品店と銃火器店があったはず。そこで食料と武器を手に入れよう。
銃の使い方なんて分からないけどそうも言ってられない。

だが手ぶらで出るのは心もとない。ナイフよりももっとリーチが長く、振り回しやすい武器が欲しい。
外で適当な大きさの石を拾ってきて、それでベンチを叩き壊す。木材を持ちやすい様に削って簡単な棍棒を作った。
そうなると荷物を持つための袋も欲しい。カーテンを取り外し背中に巻いてみる…駄目ね、これじゃ動きにくい!
針と糸があれば少しはマシなポーチにでも加工できそうだが、ここにはそんな物は無い。
いや待って。釘をそれっぽく加工できないかしら?そう思い石を持ってしばし釘と格闘するも、出来上がるのはひん曲がった釣り針の出来損ないのようなものばかり。
諦めてベンチの端材を弄ってみる。あ、これならいけそうだわ。
そうやって更に格闘し、木材から木の針を、カーテンの紐から糸を、カーテンを切ったり縫ったりしてポーチを作った。
これだけあれば十分だろう。あまり時間をかけてもいられない。そろそろ出発しなければ――


途中、奴らに投げつけるつもりの石を拾いながら道路沿いを南下する。
山猫、コヨーテ、アライグマ… 普段なら人間にあまり近づかない動物たちがぽつぽつと姿を見せる。
ここは山に近いのだろうか。だとすれば、町までの距離はどれほどだろう…
今は考えても分からない。そうこうするうちに民家に辿り着いた。日が昇る前にどこかの家で休めるようにしておきたい。
家の周囲をぐるっと回る…いた、奴らだ。黒い目をして、苦しそうな声を上げながらあてども無くさまよう死者。起き上がった死体。…ゾンビ。
こちらに気づいてないようなので石を投げつける。当たった!だがまだ見えていないのか見当違いの方向へ歩き出す。これなら何とかなりそうだ…!
周囲に他のゾンビがいないとも限らない。石をぶつけ、家より少し離れた所におびき出す。
あとは石を投げつけ、近寄ってきたら距離を取る。こちらを見失ったらまた石を投げつける。
何度もそうしてるうちに足がおかしな方向に曲がり、転んだ。
起き上がって来れないよう何度も棍棒で叩く。不快な感触だが仕方が無い、全力で棍棒を振り下ろす。
こうしてやっと止めを刺す事ができた。


ゾンビが一人とは限らない。息を整え、もう一度民家の周りを調べる。…まずい、二人いる。
一方がもう一人のゾンビにぶつかる。そうするとぶつかられた方もそちらに反応し、ぶつかる。そうするとぶつけられたほうがまた――
こうして二人のゾンビは堂々巡りをやっていた。まるで不恰好なダンスでもしているようだ。
石を投げつけ一人だけを誘き寄せようとするが上手くいかない。そんな二人を見ているうちに一つのアイデアが思いついた。
 

道路に停めてある車のドアを開け放ち、そこで二人を誘き寄せる。二人はぶつかり合いながら向かってきて、一人が車の外に、もう一人がトランクから車の中に潜り込んで来た。
よし!急いで車のドアを閉める。車内に閉じ込められたゾンビはドアをバンバン叩くだけ。やはり彼らにはドアを開ける知能も、回り込む知恵もないようだ。
あとはもう一人を遠くに誘導すれば…そう考えていたが、ここで私は自分の知恵の足りなさを後悔する事になった。
ドアを叩く音につられたのか、さらにもう一人別のゾンビがやって来てしまったのだ!
もう次のアイデアは弾切れだ。二人を引き連れ、私も不恰好なダンスに加わる羽目になった。
囲まれないよう、足場の悪い藪に誘導して棍棒の一撃をお見舞いする。もちろんすぐに藪を掻き分け迫ってくるので急いで距離をとる。
ぐるぐると回りつつ、彼らの爪をかいくぐり、隙を見ては棍棒で叩く。命がけの鬼ごっこ。
最初の戦いよりかなりの時間を掛けて、ようやく二人を倒せた。休憩がてら彼らの持ち物を調べてみる。ジアゼパム…?何の薬だろう。
あまり汚れてないポケットの多い衣服も貰う事にする。針と糸はあるから、後で接ぎを当てれば使えるはずだ。
こうして他に数人のゾンビを倒して、家に忍び込むことが出来た。


ひとまず今日はこの家に泊まることにしよう。家の中を調べ、窓にカーテンを閉め、必要があれば椅子や机を壊し木材で窓をふさぐ。
しかし、この家にはフライパンも鍋もない。トイレにあるタンクの水を沸かして飲もうと思ったのだけど当てが外れた。ちょっと使いにくいけど空き缶を使おう…
まだ日が昇るまで時間がある。食料と銃を探しに行かなければ。


食料品店にはまだいくらかの食べ物と飲み物、果物などが残っていた。バナナや桃、梨などは腐らないうちに食べてしまおう。
久しぶりのまともな食事だ…店の奥でこっそりと口に運んだ。
私は小食な方なので切り詰めればかなり持つだろう。心配なのは水だ。雨水を集めて沸かすことも考えないと。
何度か家と店を往復して食料を運び込む。やはり荷物を持つためのきちんとした鞄が欲しい。
ショッピングカートでもあれば良かったのかも知れないが、あいにくこの店には無かった。


次に銃砲店に入る。もっと色々あるものかと思ってたが、サブマシンガン?というのが二つだけだった。
弾はいくつか種類があったが、困ったことにこの二つの銃はどちらも同じ9㎜の弾しか使えないらしい。他の弾は宝の持ち腐れだわ!
銃は一つだけ、弾は一応全て持っていく。


 

物資を運び込み、最後に余った弾薬を拾いに行った時だった。
(何なの…あんなゾンビもいるの?)
交差点の中央近く、衝突した車の残骸の上にそいつは立っていた。真っ赤な目、真っ黒い肌、不気味なオーラを放ちながら佇む姿…
異様な雰囲気に呑まれ、一瞬足を止めてしまう。そいつが振り向く。目が合った。
しまった!次の瞬間、そいつは口角を上げたかと思うと、残骸から飛び降り迫ってきたのだ!
今までのゾンビとは雰囲気が違う。離れ、陰に隠れて一旦様子を伺うが、あいつはひっきりなしに周囲を見回し私の姿を探している。
なんだろう、今までのゾンビは本能に任せて襲ってくるだけに見えたけど…あいつははっきりとした意思を持っているように感じる。
車のボンネットを叩き音を立て、そちらに気が向いてる隙に家に飛び込む。さっき手に入れたばかりの銃を持ち、慌てて弾を込める。間違ってないわよね…?
呼吸を整え、意を決し飛び出す。向こうもこちらに気付いた!まっすぐに突っ込んでくる。
ドラマや映画の見よう見まねの姿勢で狙いをつけ、引き金を引いた!
BA-BA-BA-BA-BANG!!
反動を抑えきれず仰け反ってしまう。だがあいつの上半身に何発かが命中した!あいつも衝撃で仰け反っている。
今度は反動を抑えるようしっかりと踏ん張り、腰を落とす。もう一度よ!
BA-BA-BA-BA-BANG!!
今度は体のど真ん中に幾つもの穴が開いた。表情も変えないまま崩れ落ちる…そうして二度と動くことは無かった。
このゾンビは一体…。ただ死者が蘇るだけでなく、さらに変化しているのだろうか?
だとすれば私の身に起こった変異とも関係があるのかしら…
せっかく生き延びたのに、気持ちは暗くなる。
そんな私の心情とはお構い無しに、日が昇り始めた。今や私の身を焼く、忌むべき太陽が――

――――――――

 いちにちめ ここまで
 ゾンビを解体する描写がありませんが、ゾンビ復活防止MODは導入していません。実際には全て解体しています。
 演出を優先した描写となっている事をご容赦下さい。
 こんなのリプレイじゃないわ!ただのSSよ!

 普段のプレイと違ってリプレイにまとめる事を考えながら遊ぶのって何気に難しいですね。
 スクショを撮っといても使わなかったり、逆に使いたいところでスクショを撮ってなかったり、等々
 それとタイトル詐欺かもしれませんが、この段階ではプレイは終了しておらず、今後カタナが拾えない可能性があります。
 勢いだけでタイトルを決めてもいいじゃない! ごめんなさい

 

ヴァンパイア・ガール・ウィズ・カタナ その2