セットファイル(.set)の使い方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.setの使い方について解説を行っていきます。


EAをチャートウィンドウへドラッグアンドドロップしたとき、
以下のようにウインドウが表示されます(パラメータ設定などのウインドウですね)

ウインドウの右側にある、「読み込み」を選択します。



blue bird EAでは以下のセットファイルを用意しています。

●bluebird_sys_signal_EA_eurusd1h.set
●bluebird_sys_signal_EA_usdjpy1h.set

テンプレートファイルと同じ要領で、
ご自身でパラメータを設定したものを保存することもできます。

パラメータの修正したものを保存することが可能ですので、一度お試しください。


対象のセットファイルを選択し、「開く」を選択します。




これだけで、パラメータの設定が変更されます。

↑bluebirdEAでは、パラメータ項目が多岐に渡るため、一括で表示できませんが、
.setファイルにて設定されたパラメータが読み込まれています。