イナルセ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



           「今日もいい洗濯日和ですね!」

           「えっと、け、怪我したら、すぐ私のところに来てください!」


プロフィール

名前:イナルセ
性別:女
年齢:16歳
身長:155cm
体重:40kg
好物:甘いもの
嫌物:苦いもの
趣味:家事
固有カード:「DNAの暴走」
種族:アンノウン


ミモラの宿の衛生担当。
よく宿中の掃除や料理、洗濯等をして駆け回っている
明るく普段からニコニコとしている少女。敬語で礼儀正しいがやや天然。
物事を頼まれたら断れない性格で、騙されやすくお人よし。
争いごとも得意ではなく、後ろから皆を支えている。
けれども泣き虫。誰かが怪我したりするとすぐ涙ぐんでしまう。

慌てたりするとよく転ぶ、スカートが短いのでパンツがよく見える。白。
また巨乳。最近すこしずづ大きくなっているのが悩み。
走ったりすると揺れたりするので本人としては嫌らしい。


種族が不明であり、どんなに怪我をしても時間さえたてば修復が可能。
体が破損・欠損していても時間があれば元に戻る。けれど普通に痛い。
たとえ死んだとしても、死体や土などを近くに置けば早めに蘇ることが可能。
ただし、死ぬ激痛は普通の人間と同じであり、蘇った瞬間も再び同じ激痛が襲う。
蘇る際は、人間には読み取れない言語が彼女を覆っている。

また人の心や情報をある程度読み取る能力がある。
感受性が強すぎて、誰よりも人の気持ちに敏感であり、他者の気持ちを受信するたびに力になりたいと行動する。

死なないという体質ゆえ、自分をないがしろにする言動が目立つ。
昔も、他人の役に立てるならば、と実験や解体も怯えながらも許容していた時期があった。
自分の命で、一度の死で誰かの役に立てるのならば―――

そんな彼女に対し、色鈴の戸の少年、ヒヨクが手を差し伸べることにより彼女の人生は変わっていく。
ひたむきに彼女を愛し、必要とする姿。
また、ヒヨクの繊細でありながらも優しく、また家族に対する愛の渇望を受信したイナルセもまたヒヨクに付きっ切りとなる。

今では、彼女にとって欠かせない、大事な人となっている。

能力は主に生命力・知性・精神が高く典型的な回復タイプ
そのため所持カードは単体回復、全体回復、状態以上回復、身体強化魔法などが主である。
また大地属性の攻撃魔法もある程度は身につけている。

そして物理攻撃は殆ど期待ができない。素早さはそれなりだが、
渾身の一撃はほぼ回避され、さらには当たっても期待はできない

固有スキル「DNAの暴走」は敵の概念に干渉する技。
どんな相手でも、小ダメージ+複数状態異常の効果がある







対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

父と姉のもとを離れ、かつては国際的な医療団体に所属していた。
国境を問わず、戦争や事件・事故で傷ついた人を無償で助ける団体で活動を続けていたが、
とある戦争で敵視され拷問のあと全滅、死なない彼女のみ生き残った。
更に死なない・再生するといった体質に目をつけられ、生物兵器の研究・もとい再生医療の研究の名目の下
多くの人目に晒されながら日々実験や死亡・再生を繰り返していた。
(彼女も将来の医療のため、とある程度許容はしていた)
そこを親友のスファレの依頼のもと、ミモラの宿のメンバーに救出・買取される。
ミモラの宿のツケは、その際町中の人に頭を下げて借りたものである。おおよそ5億SP

そのツケを返すため、感謝の気持ちをかえすため、彼女は日々駆け回っている