シン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



           「はいはい。ドライヤーかけますよ。逃げない!」

           「僕だってそれくらいの自覚はありますよ」


プロフィール

名前:シン
性別:男
年齢:外見年齢30歳(実際は四桁以上)
身長:210cm
体重:110kg
好物:ラーメン
嫌物:なし
趣味:日向ぼっこ
固有カード:「断頭」
種族:人工生命体


ミモラの宿の会計担当。色鈴の戸のリーダ・銀月の兄に当たる。
非常に生真面目で温厚。少し頭が固いところがある。
基本的に無表情、感情の起伏が浅いがけして機嫌が悪いわけではない。
人当たりも悪くない、むしろ面倒見がいいほうである。
ただ、真面目すぎてからかい甲斐があるとよくいじられている。
ぼーっとしていることもあり、たまに置物かと思うくらいじっとしている。

下ネタや性的な話題には厳しい。
そのため仮面の某騎士には周りから見て引くレベルに厳しい。
ただ、両親や妹に似て好きな相手に対しては非常に貪欲。

やや卑屈で自虐的、たまにひとりで自己嫌悪で鬱々としていることがある。
そんなときはレイキがほっぺひっぱったりしてくる

元々大柄であるうえ、明らかに「人間ではないなにか」を感じさせるものを持っている。
異質・この世ではないものを明らかに感じさせる体質で、慣れない人間には居心地の悪さを与えてしまう。
どんな人間でも、否、生き物でも「異質」であることを悟らせてしまう。
更に、この世のものではないもの・ありえないものが近くにいたら視覚化・具現化する体質。
そのため、レイキも彼のそばにいれば普通の人間のように接することが可能である。
とどうじに、手にする刃でさまざまなことを「切り離す」ことが可能。

世界と呼ばれる存在に作られた存在。
その世界が一番初めに作ったプロトタイプの生命体であり、人形。
そのため造られて世界の元にいた時期は感情も心すらも無い操り人形であった。
ひたすら、世界の興味を引くもの、邪魔なものを殺し集落などを滅ぼす災厄を振りまく処刑人形であった。
だが、星姫の殺害を命じられ、ピンクを殺しにきたときに、星の力で「心」を与えられる。
そして、世界と自分の関係を「切り離す」ことで自由の身になる。
代わりに永久に異質な存在となる。

名前すらも切り離され、また心が与えられたことで今までの自分の行動を悔やみ罪悪感に駆られる日々を送る。
徐々に卑屈に、内向的に、自虐的になる青年の前に、自分の妹の息子である少年と出会う。
彼以上に自虐的で、逃避を続ける少年が放っておけなく、また世間知らずで危なっかしい少年。
そんな少年を、時には論し、時には叱り、時には抱き締め、向き合い続けた。
レイキはそんなシンに依存し、そしてシンもレイキに依存していくことになる。

レイキとおそろいの指輪をしていて、その指輪の力を使い少年の姿になることが可能。
そのときは「リリ」と名乗り、身長は125、体重も20キロとかなり小柄な姿となる。
服が大きくて、その時はよく転ぶ。

能力値は生命力と攻撃に長けているが、その他の能力は低め。
特に敏捷は無しに等しく、常に最後に行動する。
ただし破壊力は尋常ではなく、一撃で敵を葬ることも。
魔法剣をひとつ備えてはいるが、斧や大剣技で力任せに殴る技が多い。
なぎ払いなどの全体攻撃や石化技も持つ。

固有カードは「断頭」
青年が断頭台の処刑人形であったことを物語るスキル。
その名の通り、断頭台に上げるかのように敵を打ち上げ首を跳ねる。
麻痺・ほぼ即死に近いダメージを与える。
機械的に、感情なく、ただ実行するのみ。







対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

モミコに誘われて宿に入ることに。
当時はそれほど他者との交流もなく、関係性も薄かったため
宿で冒険者となり、対人関係を改めることにした。
宿に来た当初は、感情を与えられたばかりだったため今以上に表情が無しに等しかった。