解説ページ作成練習場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは編集練習用です。

K.T.W. 三八式歩兵銃


メーカー K.T.W.
発射システム エアコッキング
装弾数 22発
全長 1,276mm
重量 3,200g
発売日 2002年10月
価格 113,400円

解説

1905年(明治38年)に日本軍が採用したボルトアクションライフル。
CAWよりスーパー9用のなんちゃって三八式ストックはあったが、K.T.W.が初めてエアガンで三八式歩兵銃をモデルアップした。
これまで代用銃や鹵獲銃で我慢するしかなかった当時の日本兵装備の人達にとって、これはまさに革新的なものであった。
九九式短小銃と違い、三八式歩兵銃はタナカが発売しても絶版にしていないことから、K.T.W.にとっても思い入れの強いものと思われる。

コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
添付ファイル