第二章 名詞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第貮章

名詞は次例に示す如く、四格に区別す。即ち主格語の語尾にaの后置字と結び付けて持主格となし、eと結び付けて被與格となり、iを結び付けて目的格となすを法とす。


主格 Dom(ドーム) 家は
持主格 Doma(ド・マー) 家の
被與格 Dome(ド・メー) 家に、で
目的格 Domi(ド・ミー) 家を

(五頁)

複数語は次例に示す如く単数語の語尾にsの后置字を結び付けて複数語となす。


複数語

主格 Doms(ドームス) 家々は
持主格 Domas(ドマース) 家々の
被與格 Domes(ドメース) 家々に、で
目的格 Domis(ドミース) 家々を

人名地名
名詞の語尾母字なるとき母字の后置字を結び付くれば、音節精妙ならざるに因て、世界語の名詞は総て子字を以て語尾となし、母字を以て后置字となす。
然るに各国の人名地名は母字を以て結尾と為すもの少なからず。是の故に、各国の人名地名は次例に示す如く持主格の后置字即ちaの代りにdeの前置詞を置き、被與格の后置字即ちeの代りにalの前置詞を置くを法とす。


Dom de Yashiro
ドーム(三) デ(二) ヤシロ(一)
家     の   八城

Selob DOmi al Yetaro
セローブ(五、一) ドミー(四) アール(三) エータロ(二)

賣る 私しが 家を に 英太郎

(六頁)


男性女性

欧語文法は両性区別の語多しと雖も世界語に於ては只、人名にのみ両性と区別す。即ち、次例に示す如く男性語の語頭に of の前置字を結び付けて女性となす。


男性         女性
flen(フレーン)友人   of-flen(オフ フレーン)女友人
tidel(チデール)教師  of-tidel(オフチデール)女教師
blod(ブロード)兄弟   of-blod(オフブロード)女兄弟

稽古問題

labob(ラボーブ)私は持つ   mon(モーン)金子(きんす)
labobs(ラボーブス)私等は持つ poned(手紙)
labol(ラボール)汝は持つ   stof(ストーフ)反物
labols(ラボールス)汝等は持つ can(ジアーン)商物
laboni(ラボールス)彼は持つ  janel(ジァ子ール)商人
laboms(ラボームス)彼等持つ  nilel(ニレール)隣人
binob(ビノーブ)私は有る、居る  flen(フレーン)友人
lemob(レモーブ)私は買ふ   in(イーン)中に、於て
selob(セローブ)私は賣る   plo(プロー)為に

(七頁)

givob(ギヴォーブ)私は遣る   no(ノー)ぬ

1. Labob penedi plo flen canela.
(ラボーブ ペネージー プロー フレーン ジァネ・ラー)
2. Lemob stfis; labol canis.
(レモーブ ストフィース ラボール ジァニース)
3. No binob in dom of-canela.
(ノー ビノーブ イーン ドーム オフ ジァネラー)
4. Labols moni, no labols flenis.
(ラボールス モニー ノー ラボールス フレニース)
5. Binob milel flena de Yasumats.
(ビノーブ ニレール フレーナ デ ヤスマツ)
6. Nilel cpneli labom fleni in Tokio.
(ニレール ジブネラー ラボーム フレニー イーン トウキョウ)
7. Givob penedis de Guto al Hiodo.
(ギヴォーブ ペネジース デー ゴトー アール ヒオードー)
8. Selob stofis de Tokugawa caneles de Yokohama.
(セローブ ストフヰース デー トクガハ ジアネレース デ ヨコハマ)
9. Nilels laboms stofis plo canels.
(ニレースル ラボームス ストフヰース プロー ジアネールス)
10. Flens nilela laboms domis.
(フレーンス ニレラー ラボームス ドミース)
11. Givob moni flenes of-nilela.
(ギヴォーブ モニー フレネース オフ ニレラー)
12. Labobs canis in bom flena.
(ラボーブス ジアニーズ イーン ドーム フレナー)

 譯文
一 私は商人の友人の為に手紙を持つ
[註 日本語法にては為の字を省き見るべし]
(八頁)