前置詞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前置詞

a ~につき(毎に)
al ~に
äl ~の方に(方向)
bevü ~の間に
bifü ~の前に(場所)
büfü 以前(時間)
da ~を貫いて、~を通して
de ~の、~より
demü ~というわけで、~のために
des ~より
dis ~の中に、~の下に
disü ~の下に
dö ~について(事)
du ~の間に(時間)
dub ~にて
fa ~に
in ~に、~の中に、~において
jü ~まで
klü ~よって
ko ~に向かって、~と、~ともに、~に宛て
kol ~へ、~の方へ
lä ~の側に(近接)
len ~の側に(特定の場所)
ma ゆえに
me ~にて
nebü ~の側に(並び)
nen ~なしに
ovü その上に
pla ~の代わりに
plä また
plo ~のために
plö ~の外に、~の他に
po ~の後ろに(場所)
pos 以後(時間)
se ~より(場所)
segun ~の通りに
sis ~より(以来)
su ~の上に(物の上)
sus ~の上に(上の方)
ta ~に向かって
to いえども
ünü ~の真ん中に(時間)
ve ~に沿って
za ~ほど、~ぐらい、~頃
zi ~のまわりに



格語尾で表しきれない所は前置詞を用いる。
このあたりの無節操な多さは、アルカに近い

in 場格 ~で
ini ~の中へ
ün 時格 ~の時に
bü 時格 ~の時に
me 具格 ~を用いて
ko 随伴格、共格 ~と共に
nen 不随伴格 ~を除いて、~を伴わずに
Demü 関係格 ~に関して
Gönü 賛成格 ~に賛成して、~を指示して
Nemü 名目格 ~の名目で、~の名において
Binü 原料格 ~で作られて
Labü 構成格 ~で構成されて

fa ~によって(by)。受動態で使う
ma ~によると

de ~の、~から
fa ~の前で
dis ~の下に
Nilü ~の近くで
Domü ~の家で